赤の血潮と、青の魂

『グランパス』VS プレーオフ準決勝 千葉戦 ~紙一重~

このエントリーをはてなブックマークに追加

まずは議論を呼んでいる61分の田口の同点ゴールについて。 ゴール前のパスに走り込んだ田口。 近藤のクリアが、至近距離まで詰めていた田口に当たり、ゴール方向へと転がり同点ゴールが生まれた。

映像を確認すると100%手に当たっていて、ハンドだと思った。 なぜ主審や副審がハンドを取らなかったのか。

まず審判のポジションからは死角で見えなかった場合。 審判は見ていない行為について笛は吹けない。 田口の手に当たったことを確認できなければファールを取れない。

もう一つは解釈の問題。

ボールを手または腕で扱う 競技者が手または腕を用いて意図的にボールに触れる行為はボールを手で扱う反則である。 次のことを考慮しなければならない: • ボールの方向への手や腕の動き(ボールが手や腕の方向に動いているのではなく) • 相手競技者とボールの距離(予期していないボール) • 手や腕の位置だけで、反則とはみなさない。 ◎サッカー競技規則 2016/2017 - JFA 12条82ページ https://www.jfa.jp/documents/pdf/soccer/lawsofthegame_201617.pdf

注目すべきは相手競技者とボールの距離(予期していないボール)である。 田口の手に当たったが、至近距離で意図せずに触ってしまった。 手や腕の位置だけで、反則とはみなさないのであれば、村上主審は解釈通り判定をしたことになります。

解釈する主審の判断でジャッジが変わるかもしれない部分だと思います。 村上主審の判定基準からすればハンドではない。 違う主審ならハンドだったかもしれない。 誤審と断定するのは難しく、判定基準と言われても納得はいかない。

審判の判定が応援するクラブに有利に働くこともあれば、不利に働くこともある。 だからこそ、審判の判定に集中力を乱してはいけない。 ピッチ上に12人目の敵を作っても徳はしない。 これはグランパスにも当てはまる教訓ではないでしょうか。

この勝利は偶然にしてはストーリーができていた。 2試合前に千葉と対戦して完敗を喫した。 プレーオフの前に讃岐戦があり、課題の修正を実戦でチャレンジする機会があった。 ホームスタジアムのピッチ状態をグランパス仕様にできた(千葉のロングボールが尽く流れた)。

直近で試合したこともあり、間合いや詰めるスピードを感覚で覚えいて、ハイプレスを想定して練習できたことが大きい。 攻撃面もいつもより裏とシモビッチをシンプルに使う回数が多かった。 巡り合わせがグランパスに有利に働いたのではないだろうか。
前半は互角の攻防に映った。 千葉はラリベイにボールが収まり、縦に早い攻撃から再三チャンスを作り、グランパスも千葉のDFラインの裏をつきチャンスを作った。

シモビッチ目がけてロングボールを蹴って後、寿人が主にサポートして孤立させなかった。 チームとしての戦い方に迷いがなかったし、意思が統一されていたのように感じた。

取られた先制点は反省が残る。 悪いボールの失い方からCKを与え、尚且つ低く早いクロスを入れさせてしまった。 前半で体を張って闘っていたラリベイにご褒美が与えられたとしても、グランパスが安易に流れを手放した部分は修正していかなくてはいけない。 ラリベイのポジショニングの良さと体の強さがあったからゴールに入ったといえる。 最善を尽くしたものに結果がついてくる。 学ぶべきことが多い失点だった。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
グランパス
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【第33節】 vsヴィッセル神戸~30分ボランチの修正が勝利を呼び込む。【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

ま た 二 見 か【m_maruのエスパルス観戦日記】

阿部勇樹、おめでとう!【東京ドームに計画停電を!】

『グランパス』~柔よく剛を制し、剛よく柔を断て!~【赤の血潮と、青の魂】

『グランパス』VS讃岐戦~僅かな変化~【赤の血潮と、青の魂】

『グランパス』~丁寧に積み重ねて行こう~【赤の血潮と、青の魂】

『グランパス』サポーターも試される時期【赤の血潮と、青の魂】

『グランパス』矢田旭について【赤の血潮と、青の魂】

ブロガープロフィール

profile-iconhototogisu

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3645137

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 戦力外発表を見て怒り爆発!!!落合博満にGMの資格なし
  2. 呂比須の「なぜグランパスが勝てないのかがわかった。サッカーを知らない人がフロントにいる」発言から16年、変わらぬ体質。
  3. 落合博満がGM失格の理由。日ハム日本一で証明されたこと。
  4. グランパス、監督休養の茶番劇
  5. グランパスと言う名の病③
  6. 『グランパス』J1復帰への3か条。J2からやり直す正しい方法。
  7. 森脇良太の侮辱発言の本質と、小笠原満男のキャプテンシー。原因は認識のズレ。
  8. 『グランパス』子会社化でトヨタの現場介入が悪化!?強化責任者不在での監督探し
  9. ザスパ"草津"群馬のSOS 君に届け
  10. 吉川尚輝(中京学院大)を2位指名できるか?  シュミレーション。

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss