赤の血潮と、青の魂

『グランパス』VS 東京V戦~スカウティングの成果?~

このエントリーをはてなブックマークに追加

迷いながらも前を向き、貫き通した故の勝利。 様々な要素が絡みながらも4つのゴールを奪い取り、久しぶりに勝利の余韻を噛みしめられる週末となりました。

セットプレーの2得点で試合を有利に運べましたね。 同じ形からなので、東京Vはセットプレーでニアが空きやすいとスカウティングしたのでしょう。 そこにシャビエルが正確無比にゾーンディフェンスの間に通し、ワシントン、田口の得点を生み出しました。 田口が外したもう一本を加えると、同じ形で3回フリーを作る東京VのDFもどうかと思いますが、同じところを正確に射抜いたシャビエルの技術に敬意を表したいですね。

この試合、東京Vの守備がリトリート前提で、球際に強くこなかったこともあり、グランパスが試合の主導権とポゼッションを握り、試合を優位に進めました。 今までの対戦相手と違ったのが、東京Vのシステムが4-3-3だったこと。

4-4-2でブロックを作る相手を崩しあぐねていたグランパス。 相手が4-3-3ということもあり、玉田、シャビエルが上手くアンカーの横にできたスペースで自由を謳歌でき、ゴール前で起点になりチャンスメークする回数が多くなりました。

グランパスのDFラインやボランチにプレッシャーをかけるべき前線はオール外国籍選手。 プレッシャーをかける場面もありましたが、サボる場面も見受けられ、CBやボランチもいつもより簡単にパスが回せました。 そグランパスはサボらずに走り続けられる日本人2トップを相手にする方が苦労しそうですね。

もう一つの変化は、グランパスのシステムが4-4-2になっていたこと。 システムの数字は固執するべきモノではありません。 風間監督の目指す流動的な攻撃サッカーでは、システムの数字はスタートのポジションでしかないからです。 しかし、守備の局面では戻りべきポジションや、いなくてはいけないポジションを分りやすく選手に意識させるられるのはシステムの数字です。

ピッチの横幅70mを3人でカバーするのは難しいですね。 守備時は必ずサイドが空くので、誰かが引いて4人、ないしは5人で守らなければならない。 やはり、バランス的に4人でちょうどギリギリ守れるイメージです。 逆に5バックだと攻めに人数をかけられなくなります。  西部謙二 著書「戦術のリストランテ」 17ページ

グランパスはサイドから簡単にクロスを上げられる場面が多い。 4-4-2にすれば、SHとSBの2枚で守る形が作りやすい。 グランパスが3バックで守る時は、誰が相手のSBに対応するかが明確でなかった。 この試合は、シャビエルと青木がそれなりに対応していた。

4-4-2は縦と横、選手の距離感が掴みやすいし、相手がサイド攻撃をする際に、誰が対応するか分りやすい。 選手の入れ替わりが多く、スタメン変更が多いグランパスでは、守備に関して言えばバランスが取りやすい4-4-2がベターではある。 対戦相手の戦術によっては変更しなくてはいけない場面も出て来ることは併記しなければいけない。

4-4-2の効果は攻撃面でもあった。 玉田とシャビエルのポジションの棲み分けだ。 前回2人がスタメンで共演したときは、玉田がシャビエルに遠慮して右サイドに進出できず、中央に入ってもシャビエルも中央にくるのでボールに触れなかった。 この試合は玉田とシャビエルが左サイドで縦関係になり、玉田が下がればシャビエルは前に、シャビエルが開けば玉田は中にとポジションが被ることなく、共存できるようになった。 連携が取れるようになったら、このコンビはおもしろいプレーを見せてくれる予感がする。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
グランパス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

広島戦フェーズ1:ミスの修正を怠ったことで、高い代償を払うことに【1Q92】

《セレッソ》快進撃バブルの崩壊【南大阪に吹くマリンの風】

【第27節】 vsベガルタ仙台~今季のワーストゲーム。【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

『グランパス』追求し続けるしかないのかな?【赤の血潮と、青の魂】

『グランパス』VS 金沢戦~気持ちで負けていた~【赤の血潮と、青の魂】

『グランパス』壁を壊せ!【赤の血潮と、青の魂】

『グランパス』VS 大分戦~画竜点睛を欠く~【赤の血潮と、青の魂】

『グランパス』大分戦に向けて 9月版【赤の血潮と、青の魂】

ブロガープロフィール

profile-iconhototogisu

  • 昨日のページビュー:12852
  • 累計のページビュー:3210144

(10月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 戦力外発表を見て怒り爆発!!!落合博満にGMの資格なし
  2. 呂比須の「なぜグランパスが勝てないのかがわかった。サッカーを知らない人がフロントにいる」発言から16年、変わらぬ体質。
  3. 落合博満がGM失格の理由。日ハム日本一で証明されたこと。
  4. 『グランパス』退団選手発表と、今後の展開予想
  5. グランパス、監督休養の茶番劇
  6. グランパスと言う名の病③
  7. 『グランパス』J1復帰への3か条。J2からやり直す正しい方法。
  8. 森脇良太の侮辱発言の本質と、小笠原満男のキャプテンシー。原因は認識のズレ。
  9. 『グランパス』子会社化でトヨタの現場介入が悪化!?強化責任者不在での監督探し
  10. 吉川尚輝(中京学院大)を2位指名できるか?  シュミレーション。

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss