赤の血潮と、青の魂

『グランパス』 VS 千葉戦 基礎がまだ出来ていない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポゼッションを志向するチームが、ボールを支配され、前半終了間際にセットプレーで失点。 前掛かりになった試合終盤に、カウンターを決められる、典型的な敗戦パターンでした。

私はポゼッションサッカーの信奉者です。 風間監督の信奉者ではありませんが、困難に挑戦する姿勢を応援しています。

ボールを支配して主導権を握り、多くのチャンスを作り出すサッカーは、結果を出すのに難易度が高く、困難が伴います。 難しいことに挑戦するからこそ、成し遂げたチームは素晴らしく、称賛されるべきだと思っています。 簡単にポゼッションサッカーがチームに浸透して、結果を残せたら、巷には多くの攻撃的なチームが溢れている筈です。 リアリスティックでダイレクトなサッカーが、幅を利かせていることから見ても、グランパス及び風間監督が、茨の道を歩んでることが分ります。

それと、風間監督のスカウティングは、如何に攻撃するかに注力して、練習に反映されるので、守備の修正や相手の長所を消す作業を期待しない方がいいです。 志を貫くから革命者であり、風間八宏なのです。 システム変更や、選手選考も、自分たちが主導権を握るために選択する監督です。 そこを理解しておかないと、無用なストレスが溜まることになると思います。

まず、押谷の起用法。 私なら、起点となるアンカーのアランダを潰すためにシャドーに配置します。 玉田より守備面での貢献が期待できるからです。

風間監督は、千葉のハイラインの裏を狙うなら、玉田より押谷の方が向いていると考えたのでしょう。

相手のストロングポイントを潰すより、ウィークポイントを突いていくことを狙う。 ラリベイ対策に、大武を起用しただけ、柔軟だったと言えます。

守備の強度、球際の激しさは、宮原など、数人の選手は出来ていただけに、選手がボールを保持するには、守備でより強くアタックするべきだと、共通認識を深め、自覚して取り組んで行くべきでしょう。

風間サッカーは個人の成長が、チームの結果に繋がるサッカーです。 単純に球際に激しくファイトしろと言う監督ではないでしょう。 攻撃だけでなく、守備でも賢く守るやり方を、選手は考え習得していくことが求められます。

守備面で、岐阜や千葉の長所を消して、勝率を上げるやり方はいくつかあります。 しかし、指揮をしているのは風間八宏。 監督の考えを代弁するなら、選手の技術不足での敗戦だと言えます。

「止める」「蹴る」が風間サッカーの基礎。 千葉戦では、相手のハイプレスで、止める(トラップ)が不正確となり、詰められ、ボールをロストして主導権を失った。 止める(トラップ)に意図と狙いを持ち、正しい位置にボールを置ければ、時間的余裕が出来、パスは繋がる。 まだ、その領域まで選手が達していない故に、ポゼッションが高まっていかない。

蹴る(パス&シュート)も、求めているレベルはメートル単位ではなく、センチ単位。 縦に入れるパスや、ハイラインの裏を狙うパスに、もっと精度があれば、多くのチャンスを創出できた。

これからの練習でも、守備ではなく「止める」「蹴る」の技術を上げることに注力していくと思います。 それが風間八宏と言う監督なのですから、サポーターも覚悟が必要です。

永井龍はがんばっていましたが、寿人と押谷はボール回しで貢献度が低かった。 一本のロングフィードで裏を狙うにしても、精度のあるロングボールの蹴れる田口は不在(小林はメンバー外)。 八反田のパスレンジは狭く、ロングフィードを期待できない。 そんな状況下では、流石の寿人も、得意のDFラインとの駆け引きを発揮できなかった。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
グランパス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017Jリーグ第3節 浦和×甲府 スコアに踊らされないことが大切【浦和な生活】

中盤に青山選手と柴崎選手を並べるという選択【綾フレッチェblog】

風間グランパスに失望、全く良い所なく千葉に圧倒される【でぷスポ13号館】

風間グランパス、千葉戦を前に一言【でぷスポ13号館】

『グランパス』千葉戦はデュエルで負けるな!【赤の血潮と、青の魂】

ボールを保持するサッカーの「ガチンコ対決」は岐阜に軍配!?名古屋は課題がハッキリと。<2017・J2リーグ第2節/名古屋1-1岐阜>【『素人に毛が生えた!』(名古屋グランパスファンのサッカー観戦記)】

『グランパス』 VS岐阜戦 覚悟が必要!【赤の血潮と、青の魂】

同系対決、親子対決、”名岐ダービー”に複雑な思い【でぷスポ13号館】

ブロガープロフィール

profile-iconhototogisu

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2709616

(06月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 戦力外発表を見て怒り爆発!!!落合博満にGMの資格なし
  2. 呂比須の「なぜグランパスが勝てないのかがわかった。サッカーを知らない人がフロントにいる」発言から16年、変わらぬ体質。
  3. 落合博満がGM失格の理由。日ハム日本一で証明されたこと。
  4. 『グランパス』退団選手発表と、今後の展開予想
  5. グランパス、監督休養の茶番劇
  6. グランパスと言う名の病③
  7. 『グランパス』J1復帰への3か条。J2からやり直す正しい方法。
  8. 『グランパス』子会社化でトヨタの現場介入が悪化!?強化責任者不在での監督探し
  9. 吉川尚輝(中京学院大)を2位指名できるか?  シュミレーション。
  10. 森脇良太の侮辱発言の本質と、小笠原満男のキャプテンシー。原因は認識のズレ。

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss