赤の血潮と、青の魂

グランパスと言う名の病③

このエントリーをはてなブックマークに追加

監督選びは、どのレベルのスポーツでも重要である。 低迷するチームはその段階でおかしなバイアスがかかり、 不可思議な人事をするチームは低迷する。

監督はGMを含め強化部が任命して決定されます。 グランパスは今期から小倉GMの就任が決定していたので、 小倉GMが一緒にチームを強化するに足る人材を監督に任命するのが普通。

小倉監督の任命は久米社長を含めたフロント上層部の了承されました。 こうなると成績不振になった場合、責任の所在が曖昧になり 監督交代などの決断が出来なくなります。

セレッソも社長が強化部の頭越しに監督を決定したり、 強化部が連れてきた監督候補に、スポンサーが難色を示して 破談になって、強化部長の大熊清が消去法で監督になりました。 こうした経緯もあり、セレッソは自動昇格圏から外れても カンフル剤の監督交代というカードを切る事がなかなか出来ません。

それとグランパスは監督決定に経歴とネームバリューが優先される傾向にあります。

平木隆三:グランパスの初代監督(1992~1993)      メキシコ五輪コーチ、日本ユース代表監督(1967年 - 1969年)      ユース監督の後、20年以上トップレベルから離れた人を監督に据える。

ゴードン:リヴァプールにおける第一次黄金期を支えた名ミッドフィルダー。 ミルン  トルコリーグ3連覇(1990年, 1991年, 1992年)でリネカーの推薦。      フィジカル重視で戦術は行方不明、選手との関係悪化もあり解任。

アーセン:グランパスに初タイトルをもたらした名将。 ベンゲル フース・ヒディンクとテレ・サンターナと条件面が合わずリストの3番目だった。

カルロス:ワールドユース優勝監督でベンゲルと同じ欧州路線継続は納得。 ケイロス 期待が高かった反動か、年間9位、ナビスコベスト4で解任

田中孝司:U-20監督でワールドユースベスト8。      ベンゲルの下でコーチを勤めただけなのに、ベンゲル時代の再来を託される。      清商トリオと対立、選手を掌握できず途中解任。

ジョアン:鹿島時代にリーグタイトル・ナビスコ・天皇杯を、グランパス時代も天皇杯を獲得。 カルロス 清商トリオと対立、望月・平野・大岩は退団。      もちろん戦力低下で翌年に成績不振で解任。

ベルデ :降格候補のジェフを2位に導いた手腕に目を付けて引き抜く。 ニック  ブラジル人選手との確執、残留の望んだイヴォの退団などフロントと対立。      堅実な仕事をしていたが、引き分けが多く、勝ちきれない監督と評価され解任。

ネルシー:現神戸監督で、ヴェルディ時代に優勝経験有りで日本代表監督候補にも挙がる。 ニョ   ウェズレイと確執があり、ウェズレイ解雇になり、自身も成績不振で解任。      本田圭佑を見出した事が功績と言えなくもない。

フェルフ:KRCヘンクで優勝。招聘に動いた上田滋夢TDが来日前に解雇される。 ォーセン 3ヶ年計画で若手を起用して、組織を整備したが2年目終了後、監督業引退。      でも、その後シーズン半ばにPSV監督に就任してリーグ優勝をした優秀な監督。

ピクシー:グランパスのレジェンドで、6年の就任期間はクラブ最長。      ピクシーを万全の形でバックアップする為に、      久米一正GMが三顧の礼で招聘される。      本社(事業部)に推される形の招聘だが、強化部も一枚岩で支えた。      でも、事業部が監督選ぶのも、監督を選んでから      GM呼ぶのも手続き論としてはおかしい。      優勝はしたがグランパスでのサイクルが終わった      ピクシーを6年目まで引っ張ったのは、      こうした責任のあいまいな人事の結果で、現在ある不振の元凶とも言える。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
グランパス 2016
タグ:
グランパス

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

J2リーグ 第30節 水戸x讃岐(3:2)【J2にしがみつく】

2016:J2:29節:H:vsカマタマーレ讃岐「苦杯を嘗めて来たダービーでついに勝ち越す」【蹴鞠談議2】

2nd 第9節 湘南戦 ムウ腐るなよ【アントラーズ晴れ時々曇り】

ボスコ流・守備戦術浸透で更に酷くなった小倉グランパス【でぷスポ13号館】

VS柏戦【赤の血潮と、青の魂】

グランパスと言う名の病②【赤の血潮と、青の魂】

グランパスと言う名の病【赤の血潮と、青の魂】

グランパス視点のSBS杯VSスロバキア戦【赤の血潮と、青の魂】

ブロガープロフィール

profile-iconhototogisu

  • 昨日のページビュー:6009
  • 累計のページビュー:3223510

(10月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 戦力外発表を見て怒り爆発!!!落合博満にGMの資格なし
  2. 呂比須の「なぜグランパスが勝てないのかがわかった。サッカーを知らない人がフロントにいる」発言から16年、変わらぬ体質。
  3. 落合博満がGM失格の理由。日ハム日本一で証明されたこと。
  4. グランパス、監督休養の茶番劇
  5. グランパスと言う名の病③
  6. 『グランパス』J1復帰への3か条。J2からやり直す正しい方法。
  7. 森脇良太の侮辱発言の本質と、小笠原満男のキャプテンシー。原因は認識のズレ。
  8. 『グランパス』子会社化でトヨタの現場介入が悪化!?強化責任者不在での監督探し
  9. 吉川尚輝(中京学院大)を2位指名できるか?  シュミレーション。
  10. グランパスと言う名の病

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss