赤の血潮と、青の魂

『グランパス』J1復帰への3か条。J2からやり直す正しい方法。

このエントリーをはてなブックマークに追加

低迷するチームのサポーターが、「J2からやり直せ」と口にすることがあります。 やり直して、即優勝するクラブも有れば、沼にハマって抜け出せないクラブもいます。 その違いは何なのか?を考えてみました。 導き出した答えは投資・抜擢・適切なリーダーを選択の3つになります。
①投資 まず投資できずに、戦力や予算を維持できなくなるとチームは深みにハマります。 J2プレーオフで昇格したチームが翌年に降格。 次の年に戦力をキープしても、チームとしての欠陥にメスが入れられず成績が上向かない。 大分、山形、徳島をJ1昇格に導き、清水を復活させつつある有能な小林伸二監督ですら、 降格して徳島を再び立て直すことは叶わなかった。

FC東京が降格した際には、P・ジュニオールやルーカス。 柏は、レアンドロ・ドミンゲス。 神戸は、エステバン、ポポ、マジーニョ、山本海人。 ガンバは、宇佐美、レアンドロ、家長を補強した。 セレッソも前回昇格した際には、マルチネスとキム・ジンヒョンを補強している。

放出で目立つのは、広島の駒野&ウェズレイと、柏のポポ。 神戸は伊野波、高木、大久保が退団している。

神戸の様に戦力が流出したら、その穴を埋める戦力を確保する。 個で違いを生み出す助っ人を獲得する。 そうしたチームは早期でJ1に復帰できるが、戦力に投資できずに 戦力維持で終わったチームは苦戦するように思える。

しかし、主力の流失を食い止めて、足りない戦力を補強する。 これってチーム強化においては当たり前の話ですよね。 J2に降格して、戦力の維持と補強に、J1時代より労力と費用が掛かります。 それに耐えうる、クラブの経済的な体力と、フロントのより一層の献身が復活には必要です。
②抜擢 J2はJ1よりミスが許されるので、若手を積極的に起用して開花させるチャンスでもあります。 若手選手が出場機会を得て成長して、選手層が厚くなる。 これで昇格即優勝を成し遂げたチームが柏です。

大学卒ルーキーの田中順也(公式戦27試合7得点)、ユースから昇格したルーキ―の茨田陽生 (公式戦28試合4得点)、2年目の工藤壮人(公式戦29試合11得点)を抜擢。 J2で自信を得て、そのままの勢いでJ1でチームの戦力となり優勝に貢献。

広島も槙野(18試合→44試合)、高萩(3試合→38試合)と出場機会を増やして、柏木や青山も チームの主力としての地位を確固たるものにしました。

セレッソは、香川(44試合、27得点)乾(47試合」、20得点)とブレーク。 J2で飛躍の足掛かりを手にしました。

こうして若手を抜擢して、戦力へと成長させて選手層を厚くする。 育成に普段から尽力している柏、広島、セレッソが、J2を期待の若手を成長させる場に できたことで、翌年の飛躍につながったと言えるのではないでしょうか。

しかし、育成に常日頃から力を入れて、優秀な選手を輩出し続ける。 これもチームが強くなるために当たり前にやっておくべきこと。 育成が機能して、選手の循環ができているチームは長く低迷することはありません。
③適切なリーダーを選択 『一頭の羊に率いられた百頭の狼の群れは、一頭の狼に率いられた羊の群れに敗れる。』 フランス皇帝ナポレオンの言葉ですが、どんな選手を補強しても、どんなに育成を がんばっても、それを使いこなせない監督がいたら全ては台無しになります。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
グランパス 2016
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

『グランパス』J1復帰への3か条。J2からやり直す正しい方法。

TCE00075309さんコメントありがとうございます。

闘莉王を退団が有力視され、若手CBも育てたいですね。
大武………

GKも含めて降格すると補強も難しいですし、
守備の立て直しも困難が待ち受けています。
それを打破できる監督を招聘することを期待したいですね。

「『グランパス』J1復帰への3か条。J2からやり直す正しい方法。」へのコメント

名古屋は来年が正念場かもしれません。
①投資
降格しても早い段階で昇格するクラブはまず主力の流出が少ない。特に軸となる選手が抜けていないことが大きい。となるとその軸は誰かとなるが他サポにとって今の名古屋は軸がわかりにくい。永井の印象が強いが田口あたりかな。少なくとも軸となる選手の流出をおさえること。
②抜擢
あまり若手のイメージがない。田口と同じ世代か小屋松あたりの世代の奮起が必要な気がする。あとは個人的にはGKの世代交代も考慮しないといけない気がする。楢崎の去就はわからないが、それでも控えのGKも30歳前後。是非若手のGKをひとり育てたい。
③適切なリーダーの選択
監督の選び方は大事。例えば今シーズンの清水は最初は監督のやり方に戸惑っていて勝点を伸ばせなかったものの、J2の戦い方、割り切り方なのか後半に追い上げて現段階で自動昇格が手にかかる所まで来ている。割り切る、開き直ることの出来るサッカーが出来るか、それを預けられる監督を招聘出来るかが鍵になると思う。

特に今年は守備が酷すぎだった。あと一歩寄せれば、プレスが弱くて簡単にクロスやシュートを打たれていたと思う。そこをまずは修正しないと当分J2暮らしになるかもしれません。ある程度主力が残れば、前半は良い勝負できると思うけれど、今のままの守備ではプレーオフギリギリで厳しいと思う。

こんな記事も読みたい

グランパスも僕も処女航海【Fun to グランパス again】

気になる来季の闘莉王の去就について思うこと【でぷスポ13号館】

《放送予定》11月5日 J2ツエーゲン金沢vs徳島 森下監督・嶺岸・小柳・作田選手インタビュー、愛媛戦結果も 【情熱サッカー@kanazawa】

日本列島同様に早い冬の到来。【中京地区を応援】

名古屋グランパスvs湘南ベルマーレ J1第2S第17節【球マニアのBLOG】

サポーターの”ボスコ続投署名運動”に一言【でぷスポ13号館】

『グランパス』~降格するには理由がある。フロントが権力争いしていちゃね~【赤の血潮と、青の魂】

J2に降格しました ~名古屋グランパス'2016年秋【no title】

ブロガープロフィール

profile-iconhototogisu

  • 昨日のページビュー:1384
  • 累計のページビュー:3648631

(01月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 戦力外発表を見て怒り爆発!!!落合博満にGMの資格なし
  2. 呂比須の「なぜグランパスが勝てないのかがわかった。サッカーを知らない人がフロントにいる」発言から16年、変わらぬ体質。
  3. 落合博満がGM失格の理由。日ハム日本一で証明されたこと。
  4. グランパス、監督休養の茶番劇
  5. グランパスと言う名の病③
  6. 『グランパス』J1復帰への3か条。J2からやり直す正しい方法。
  7. 森脇良太の侮辱発言の本質と、小笠原満男のキャプテンシー。原因は認識のズレ。
  8. 『グランパス』子会社化でトヨタの現場介入が悪化!?強化責任者不在での監督探し
  9. ザスパ"草津"群馬のSOS 君に届け
  10. 吉川尚輝(中京学院大)を2位指名できるか?  シュミレーション。

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss