だいたいフィギュアスケート、ときどきその他

アジアンオープントロフィー2017@香港

このエントリーをはてなブックマークに追加

アジアンオープントロフィー2017

真夏の香港へ、シングルとペアでは2017/2018シーズン最初のISU公認大会・アジアンオープントロフィー2017を観戦に行ってきました。 大会ロゴイラストは、ビールマンスピンをする選手の全身に香港を象徴するビルや船、香港の旗に描かれているバウヒニアの花が散りばめられています。 2008年にも前身のAsian Figure Skating Trophyが香港で開催されています。当時は参加国がアジア地域に限られていましたが、2013年以降はオープンになりました。今大会もアジア各国に加えてオーストラリア、ニュージーランド、アメリカ等からの参加がありました。 2008年大会ジュニア男子で優勝した田中刑事選手が、今大会はシニアに出場だったんですね。

会場は大型ショッピングモール・Mega Boxの中にある常設リンク、Mega Ice。26mx57mサイズなので、選手には少し狭そう。アイスホッケー用に全体がプラスチック板とネットで覆われています。 ビクトリアハーバーを背に整氷車が行き交う風景、ちょっとシュールですが・・・いつも利用する人たちには普通?! ジャッジが通常と違ってコーナーのあたりに陣取り、キス&クライは選手出入口の奥、観客からは見えない位置にありました。 観客席はロングサイド1辺ショートサイド1辺にかけて3列ずつあるんですが、、ロングサイド観客席の半分が音楽ブースに、ショートサイド観客席の一部がカメラ席になっていて、実際に座れる席数はとても少ないことに。おまけにロングサイドは真ん中に柱があるため、左側が見えづらい構造なんですね。 したがって、音楽ブースの後ろの手すりに多くの人が鈴なりに立って見ている状態になりました。一方、全体が見やすいショートサイドの席は、日本から駆け付けたと思われるファンががっちり席を取っていました。 周囲がフードコートで、観客席の後ろは食事用のテーブルと椅子があるんですが、結局そこに居座って観戦する人も多数。その合間をぬって食事する人もいるわけで、鉄板焼きのじゅうじゅういう音を聞きながら、、、みたいなことに^^; そうなると、演技を終えた選手やコーチたちがゆっくり座って見る席も十分にありません。最終日はショートサイドの一部を関係者席にしていましたが、空いていると観客が入って座ってしまい、結局各チームともフードコート用のテーブル席に陣取ったりしてました。 記者やプレスではないらしい、写真愛好家の人たちもフェンス際にずらりと座り込んで撮影に余念がなく、、、なんだか凄いことになってました。

観戦したのは後半2日間のジュニア女子、アドバンストノービス男子(フリー)、女子、男子、ペア(フリー)です。 ジュニア女子は紀平梨花のジャンプ、フリーでトリプルアクセルを鮮やかに決めるなど見事! リム・ユンス、キム・イェリムの韓国勢もすらりと伸びた手足で美しかったです。 アドバンストノービス男子は三浦佳生、中村俊介の日本勢ワンツー。このカテゴリだと複数種類の3回転が跳べれば強いですね。一方で2回転が中心の台湾や香港の選手たちが、ほぼノーミスで演技し終えて大喜びするのが微笑ましくてよかったです。 ペアは、キム・スヨン/キム・ヒョンテ(韓国)、スティーブンス/ドッズ(オーストラリア)に須崎海羽/木原龍一と高橋成美/柴田嶺の4組。ショート1位のキム兄妹がフリー3位で逃げ切り優勝。フリー1位の須崎/木原は3Lzをそろって着氷! 高橋/柴田は柔軟性を生かした2人そろっての美しいスパイラルなどで魅了してくれました。PCSの高さは断トツ! 男子は田中刑事、日野龍樹に台湾のスケート王子こと曹志禕、日本でもおなじみのアブザル・ラキムガリエフ(カザフスタン)、イケメンのアンドリュー・ドッズ(オーストラリア)にも大きな声援。SPは3Aと3Lz+3Tをきれいに決めた日野がトップに。白シャツの胸に赤い花、抒情的な曲がなかなかよく合っていました。田中刑事はコンビネーションが3-2になってしまったのが響いて2位スタート。 フリーは日野、田中ともに4回転で転倒があってノーミスとはいかなかったものの、田中刑事の「フェリーニメドレー」は生き生きしていました。日野の「キダム」は悪くないけどSPの曲ほど合ってない印象で、持ち越しにしないほうがよかったんじゃないか?と思っていたら、PCSで田中刑事に大きく差をつけられてしまい、、、とはいえ、イケメンぶりは大人気になってました。 女子は坂本花織のジャンプの高さとスピードが光りました。白岩優奈も安定していて総合力をつけています。カイラニ・クレイン(オーストラリア)のきびきびした動きもよかったです。フリーではそれぞれ回転不足もあって、課題も出ましたね。 15の国・地域から150人以上の参加だったそうで、インド、インドネシア、フィリピン、シンガポール、タイなど、冬のスポーツにあまり縁がなさそうなところからの選手たち、頑張っていました。地元香港の選手たちも男子で5位に入るなど健闘。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フィギュアスケート
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

本田真凜について、誰も言わないこと【猫と観るスポーツ】

【PIW】PIW東京感想ハイライト【面白き 事もなき世を 面白く】

梅雨の猛暑【アルペンスキー撮影記】

ブロガープロフィール

profile-iconhotai777

HO太(ほーたい)と申します。
ここ数年の間にジャッジスコアをじっくり見るようになってから、フィギュアスケートが面白くなりました。
コメントするために取得したアカウントですが、ぼちぼち書いてみます。
  • 昨日のページビュー:3098
  • 累計のページビュー:560986

(09月20日現在)

関連サイト:Thank you for the music

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジュニアグランプリファイナル2015、ネットでライブ配信
  2. 浅田真央のこれから
  3. 2014/2015シーズン、新ルール
  4. 浅田真央とISUジャッジングシステムの歩み
  5. JGP日本大会男女フリー&結果
  6. 2015四大陸選手権男子
  7. 平昌五輪出場枠
  8. アジアンオープントロフィー2017@香港
  9. 世界ジュニア選手権、男女ショートプログラムをネットで
  10. 2015四大陸選手権女子

月別アーカイブ

2017
09
08
05
04
01
2016
12
03
2015
12
10
02
2014
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss