だいたいフィギュアスケート、ときどきその他

浅田真央のこれから

このエントリーをはてなブックマークに追加

 お久しぶりです。  フィギュアスケートの全日本選手権が終わりました。  復活を期待された浅田真央選手が12位に終わったことで、いろいろ取りざたされていますが、、、  競技続行を「そうですね。はい」と即答した浅田選手の今季と来季がどうなっていくか、考えてみました。

 世界選手権・四大陸選手権・冬季アジア大会の代表からはずれたので、今季1月以降の大会出場があるか、現時点では不明です。  例年、選手権代表にならなかった強化選手は、ババリアンオープン、ガルデナスプリングスなどの国際大会に出場する場合があります。浅田選手が希望すれば、1大会くらい派遣されるかもしれません。4月には国別対抗戦もあるので、こちらに選出される可能性もありますね。  来季について、グランプリシリーズ出場はどうなるでしょうか。  世界選手権6位までがシード、12位までが2大会出場ですが、世界選手権に出場しないのでこれには該当しません。世界ランク24位までとシーズンベストスコア上位24名までは1大会の出場が保証されます。  現在、世界ランクは21位(2016ポイント)。すぐ下には選手権に出場が見込まれる選手が数人いるので、24位以内を保つのは難しいかもしれません。基準を満たす国際大会で5位以内に入ればポイントを加算できますから、春先にどこか大会に出ておくのは試合勘を保つ意味でも、意義がありそうです。  シーズンベストスコアは現在23番目の186.16。22番目までに来季ジュニアにしか出られない年齢の選手が3人いるので、実質20番目。4人に抜かれても上位24名に入れる状況です。浅田選手より下のスコアで、これから抜く力がありそうなのは、グレイシー・ゴールド(アメリカ)、来季シニアに上がれる本田真凜、李子君(中国)あたりでしょうか。  シード及び世界選手権12位まで、世界ランク24位以内とシーズンベストスコア上位24名で6大会の枠が埋まらなければ、シーズンベストスコア上位75名から各大会の開催国が選びます。また日本は開催国枠3を持っています。総合すると、「シーズンベストスコア上位24名で1大会が保証され、さらに日本の開催国枠またはいずれかの国の招待で2大会出場」となる可能性が高いと思います。

 世界選手権に出場しなかった選手が翌シーズンのグランプリシリーズ2大会アサインされた例は、2015年の今井遥選手です。2014年全日本11位、2015年スケートアメリカとエリックボンパール杯に出場しました。日程の関係で東北・北海道ブロックには出場、東日本選手権は免除となりました。  浅田選手もこれに近い形になるかもしれません。全日本選手権のシード権はないので、中部ブロックと西日本選手権出場が必要です。グランプリシリーズと日程が重なるか前後の週だと免除になりますが、2週ずれると免除ではなくなります。  2013年の町田樹選手は、近畿ブロックと西日本に出場する一方でGPスケートアメリカとロステレコム杯に出場、さらにグランプリファイナルに進出と、すごい数の試合をこなしていました。さすがに、ここまで試合数が多くならないようにすると思いますが^^; グランプリシリーズ2大会と中部または西日本くらいでしょうか?  予選に出場するとなったら中学のとき以来だそうですが、それもまた選手としていい経験になると思います。将来指導者になるとしたら、活きてくるはすです。

 先ごろイタリア選手権で、競技に復帰したカロリーナ・コストナー選手が優勝しました。ゴールデンスピンで国際大会にも復帰、こちらも優勝しています。現在29歳、2月には30歳になるんですよ!  浅田選手だって、年齢的な限界なんかまだまだ!と言えるでしょう。怪我や痛みを治して、体力をつけて、いい練習をして、また最高の演技を見せてくれることを期待しています。    

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フィギュアスケート
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

浅田真央のこれから

takeo yazakiさん、コメントありがとうございます。
おっしゃるように、グランプリシリーズ、そのほかの試合、全日本までにどのくらいの数をこなして、どのように調子を上げていくか、慎重にもっていく必要があるでしょう。
グランプリシリーズ2大会+ファイナル、その2週後に全日本はたしかにタフです。ファイナル進出しなければちょうどいい、と言えなくもないですが^^; 日程的にはよくても「ファイナル進出を逃した」という評価で全日本に入るのはあまりよくはないですね。
進出できた場合の辞退は怪我や病気等でないと公式には許されないはずなので、初めからファイナルに出ないことを前提にはできないと思います。
そこでご提案のグランプリシリーズを1大会に絞ってスケジュールを組むことですが、これは日本スケート連盟と相談すれば可能かもしれません。その場合、中部ブロックと西日本選手権の一方または両方に出場することになるでしょう。
国際大会出場が少ないと、世界ランクが相対的に下がっていきます。その点は不利になるので、チャレンジャーシリーズなどに1大会程度出場できればいいですが、これは試合数と間隔との兼ね合いですね。国際大会1つ、中部または西日本、グランプリ1つ。これくらいがベストでしょうか?
2016年もフィンランディア杯、グランプリシリーズのスケートアメリカ、フランス杯と全日本前は計3大会でしたが、3つとも移動距離が長い海外遠征でした。このあたりも軽減できればありがたいかな。
浅田真央が出場する場合、地方予選の会場は通常より大きいところに変更するかも。NHK杯や全日本を開催したことがある会場なら、準備や警備はノウハウがあるでしょうから、大丈夫でしょう。
テレビ局やマスコミの期待は常に大きいけれど、彼女の引退後を見据えて徐々にシフトしていると思います。男子もポスト羽生結弦として宇野昌磨にかなりフォーカスしていますが、女子は来季本田真凜がシニアに上がります。グランプリ2大会出場となれば重点的に放送するでしょう。その分、浅田真央にかかる比重は小さくなるはずです。

徐々に調子を上げて全日本にピークを持ってきて表彰台(できれば優勝)。その上で平昌五輪代表に選ばれ、五輪で集大成を見せる。そんなシナリオを願っています。

浅田真央のこれから

tama13さん、コメントありがとうございます。
>彼女の表現力は、今まさに円熟期を迎えている
そうなんです! 得点に占める割合が小さいので、それだけで上位に入るのは難しいですが、、、もっと注目してほしいですよね。
ルッツのエッジが正確と認められた上に加点がついたのは、今後の大きな武器になりますね。
セカンドのトウループは今のところ2A+3Tしか跳んでいませんが、3-3のセカンドで3T跳べるようになったら、SPが楽になると思います。鈴木明子も3-3を跳ぶようになったのは最後の2シーズンくらいでしたか? 浅田選手も十分これから習得可能じゃないでしょうか。
本当の集大成となる演技を楽しみにしています。

浅田真央のこれから

影無茶さん、お久しぶりです。
私も、浅田選手の実力はまだまだこんなものではないと思います。練習方法などは変えていく必要があるかもしれませんが、身体のメンテナンスをきちんとすれば、本来の力を出していけるはずだと。
影無茶さんの投稿、お待ちしています。

浅田真央のこれから

浅田選手の今後スケジュールが全く未定の中、大変参考になりました。
来期のグランプリシリーズの出場の可能性も分かりましたが、私は、無理して2試合出場する必要は無いと思います。彼女の年齢を考えると体力の過度な負担となる可能性があるからです。今年も体調が万全でなく練習が充分でない状況でグランプリ大会に出るべきでなかったと思います。ただ、彼女が出場することで、ゴールデンタイムのテレビ放送まで決定しているような状況では、責任感の強い彼女としては欠場出来なかったのでしょう。しかし、結果は最悪で、それが全日本にまで影響したことは明らかです。
ちなみに、1年の休養後に復帰した昨年も、中国杯、NHK杯、ファイナル、全日本という強行スケジュールで体力を消耗し、成績が次第に落ちてしまった記憶があります。特に海外遠征のファイナルの2週間後に、最も重要な全日本が控えているのは体力的に問題です。もちろん、シリーズを2試合出てもファイナルに行けるとは限りませんし、行けてもファイナルを辞退することも出来ますが周囲が絶対許さないでしょう。
むしろGSは1試合に絞って余裕のあるスケジュールを組むことを検討しても良いのではないかと思います。地方予選で調整をしたり、GS以外の海外の大会で試合勘を養う手もあります。浅田選手なら海外からも引く手あまたでしょう。ただ、地方予選は、浅田選手か出るとなると大騒ぎになって警備や会場の準備とかで難しいかもしれません。地方予選から懸命に頑張っている若い子にとっては神様のような浅田選手と一緒に競技できるという夢のような思い出になると思いますが。
いずれにせよ、不世出の国民的スターの最後のシーズンですからマスコミやテレビ局は、今から戦々恐々としているかもしれませんね。

こんな記事も読みたい

スケート連盟の判断は「見捨てない」、情けではないと思う。【観るの大好き♪】

湯浅直樹の近未来【アルペンスキー撮影記】

浅田真央の不振は残念ではあるが【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconhotai777

HO太(ほーたい)と申します。
ここ数年の間にジャッジスコアをじっくり見るようになってから、フィギュアスケートが面白くなりました。
コメントするために取得したアカウントですが、ぼちぼち書いてみます。
  • 昨日のページビュー:33
  • 累計のページビュー:487638

(03月18日現在)

関連サイト:Thank you for the music

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジュニアグランプリファイナル2015、ネットでライブ配信
  2. 浅田真央のこれから
  3. 2014/2015シーズン、新ルール
  4. JGP日本大会男女フリー&結果
  5. 2015四大陸選手権男子
  6. 世界ジュニア選手権、男女ショートプログラムをネットで
  7. 2015四大陸選手権女子
  8. U.S.インターナショナルクラシック/ロンバルディアトロフィー
  9. JGPチェコ大会男女フリー&結果
  10. JGPフランス大会男女フリー&結果

月別アーカイブ

2017
01
2016
12
03
2015
12
10
02
2014
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss