大阪で働くスタッツ厨

Four Factorsで勝敗を予測できるか。――レギュラーシーズンのデータからプレイオフの結果を予測する――

このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもaoiです。 大阪は大分秋っぽくなってきた今日この頃です。 ついにNBAやBリーグの開幕が迫ってきましたね。非常に楽しみです。今年こそサンズのプレイオフ出場が叶うといいなあなんて思っています。

そんなこんなで,今日もバスケットボールと統計の話をしていきたいと思います。 今日はFour Factorsについてお話します。 Four FactorsとはDean Oliverが考案した4つの指標を指します。その目的は,いかにしてバスケットボールの試合に勝利するかという問題に対して,理解をうながす要素といったところです出典。 なおこのDean Oliverさん何者かと言いますと,一言でいえばバスケットボールデータアナリストの走りみたいな人です。サイバーメトリクスのバスケットボール版であるAPBRmetricsを発展させたり,サクラメントキングス等のNBAチームのフロント陣として働いたりと多方面で活躍された方です(Wiki参照)。 私はBasketball on paperという彼の書いた本を参考にバスケットボールのスタッツについて勉強しました(しています)。 さて,そんな彼の提唱したFour Factorsですが,その中身は何かといいますと以下の4要素(4指標)です。

1 Shooting the ball   (eFG%) 2 Taking care of the ball (TOV%) 3 Offensive rebounding (ORB%) 4 Getting to the foul line (FTA%)

指標の式は

順に見ていきましょう。 まず最初のシュートに関する指標は先日取り上げたeFG%が採用されています。何故TS%ではないのかの説明はありませんが,4つ目にフリースローに関する指標が採用されているので,フリースローを含むTS%は「かぶる」ために採用されなかったのかもしれません。 次のTOV%ですが,式を見るとポゼッション(オフェンス回数)に対するターンオーバーの比率になっていることが分かります。ボールを失わない=ターンオーバーをしないというデザインになっていますね。 ポゼッションの推定式も0.96を掛けたりするものやかなり複雑なものと色々あるのですが,彼は単純な推定式を採用しています。ポゼッション推定式についても後に記事にしたいと思います。 3番目はオフェンスリバウンドに関する指標で,自チームのオフェンスリバウンドが相手チームのディフェンスリバウンドと自チームのオフェンスリバウンドの合計に対する比率になっています。言い換えると,自チームのミスショットの内どれだけオフェンスリバウンドが取れるかを示す指標になっています。 最後の指標はフリースローに関するものですが,フリースロー試投数がフィールドゴール試投数に対する比率が採用されています。成功率や成功数ではなく,試投数の割合なのか彼によると長い目で見た場合数多くフリースローを打ったチームのほうが多く勝利するとのことです。

特に斬新なことを言っている訳ではなく,確率の高いシュート(できれば3p)を決めて,ターンオーバーを犯さず,オフェンスリバウンドを沢山取り,フリースローを沢山獲得すれば直感的にそりゃ勝てるでしょと。当たり前と言えば当たり前ですね。 Four Factorsの功績としてはしっかりとチーム戦力分析の切り口を整理したことが一つ挙げられると思います。コーチの立場に立てば,どうやってこれら指標を上向かせ(減らし)て行けるか,あるいは現状を客観的に評価するための目安といったところでしょう。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
指標
統計
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017-18年シーズン 仙台89ersのストーブリーグ状況【ゴールドとイエローの風が吹く街で】

【#Bリーグ 】B.LEAGUE 2017-18 OFFICIAL GUIDEBOOK (Sports Graphic Number PLUS) (e-book) Kindle版。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

Bリーグ発展に向けて【気ままなバスケブログ~基本シーホース、たまにNBA~】

ブロガープロフィール

profile-iconhoops_stats

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:9279

(11月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. バスケット指標の世界1―― TS% “真実の”シュートパーセンテージとは――
  2. ホームコートアドバンテージ神話の検証――ホームは果たして有利なのか――
  3. Four Factorsで勝敗を予測できるか。――レギュラーシーズンのデータからプレイオフの結果を予測する――
  4. バスケット指標の世界2 ―― eFG% もう一つのフィールドゴール% ――
  5. 昨日の結果から今日の結果を予測できるか  ――機械学習を用いた予測:ロジスティック回帰・ランダムフォレスト・SVM――
  6. 今更ながらのブログ開設

月別アーカイブ

2017
09
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss