大阪で働くスタッツ厨

ホームコートアドバンテージ神話の検証――ホームは果たして有利なのか――

このエントリーをはてなブックマークに追加

左縦軸:試合数 右縦軸:累積比率(折れ線グラフ)

データ取得元Land of basketball.com 結果としては,最終スコアが6点差以内であった試合は全体の32.6%(401試合)でした。このデータにはH/Aの影響が含まれているので割引く必要がありますが,それでも±3点という点数は,勝利に(そしてプレイオフ争いに)それなりの影響を及ぼすように考えられます。 ただ,必ずすべての組み合わせでH/A行われるので得点差は相殺されるように思われますね。そこで各チームで平均得点の差を出してみました。

かなりチームによってH/A得点差に相違があることが分かります。特にラプターズは昨シーズンはホームで強く,アウェーで弱かったことが分かります。逆にネッツやグリズリーズなどはホームよりもアウェーでのほうが,平均得点が高いことが分かります。 この差がどうして生じるのか新たな疑問ですね。ファンの秘密があるのか,プレイヤーの精神的なものなのか,また調べたいと思います(どうやって)。 個人的に思いつくのは地理的な要因です。H/Aの効果が強く効くのは点差が小さい→実力が近い相手だと考えられます。年間81試合の内所属カンファレンス,ディビジョンによって対戦回数はチームによって異なることから,試合回数が多い同ディビジョンまたは同カンファレンス他ディビジョンのチームの実力と自チームの実力差がH/Aのスタッツ差に現れるんではないかな…とここまで来て思い始めています。これについては追って確認してみたいと思います。

ここまで,H/Aの差について取り留めもなく書いてきましたが,個人的にはホームコートアドバンテージがプレイや勝敗に及ぼす影響については懐疑的な人間ですが,今回ホームは多少有利に働くことが再確認できたかなと思います。 それでは失礼いたします。

おまけ 作ったけど使いどころがなかった散布図



2ページ中2ページ目を表示中

記事カテゴリ:
stats
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【関東大学リーグ戦 1日目 明治大戦】【東海スポーツ】

【大学バスケ】2017' 男子第69回 北海道大学バスケットボール選手権大会 (インカレ予選) 2日目。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

2017' 男子第69回 北海道大学バスケットボール選手権大会 (インカレ予選) Game2 星槎道都大● 60-78 ○北翔大。【星槎道都大学 男子バスケットボール部 BraveFoxies】

ブロガープロフィール

profile-iconhoops_stats

  • 昨日のページビュー:104
  • 累計のページビュー:6844

(09月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. バスケット指標の世界1―― TS% “真実の”シュートパーセンテージとは――
  2. ホームコートアドバンテージ神話の検証――ホームは果たして有利なのか――
  3. バスケット指標の世界2 ―― eFG% もう一つのフィールドゴール% ――
  4. 今更ながらのブログ開設

月別アーカイブ

2017
09
カテゴリー

このブログを検索

https://twitter.com/hoops_stats

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss