大阪で働くスタッツ厨

バスケット指標の世界1―― TS% “真実の”シュートパーセンテージとは――

このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもaoiです。 このブログではバスケットボールのスタッツについてぐんぐん掘り下げながら,とりあげていきたいと思います。 今日取り上げるのはシュートの巧さをどうやって評価するかという問題です。 シュートに関するスタッツで最も分かりやすいのはFG%でしょう。ところで皆さんはFG%の定義はご存知でしょうか。言うまでもなくフィールドゴールの確率です。それではフィールドゴールってなんじゃいといいますと,ルール上,ボールがライブの状態で放たれたシュートとされています。つまりフリースロー以外の全てシュートです。ここで問題になるのがダンクもレイアップもミドルも3Pも含まれるという点です。このことから,(一般的に)バスケットの近くでプレーする選手のほうが遠くでプレーすることの多い選手よりもFG%が高くなる傾向があります。ですから,FG%とは別に3FG%が示されることが多いです。

## 1 FG%はプレイヤー共通のものさしになるか

ただし,問題もあります。例えば以下のような選手Aと選手Bではどちらがシュート巧者と言えるでしょうか。

選手AはSG,BはCをイメージしています。FG%だけでみるとBのほうが,確率が高いものの,Aは3Pを50%で決めていますから簡単に比べることは難しそうです。 こうしたFG%に修正を加え,さらに3PとFTを考慮した指標としてTS%(True Shooting percentage)があります。TS%の算出式は以下の通りです。

なお,FGA:フィールドゴール試投数,FTA:フリースロー試投数 TS%はシュートの効率性を示す指標です。 少ないシュート回数&多くの得点 → 高いTS% 多くのシュート&少ない得点   → 低いTS% というようになります。 また,FG%と異なり,TS%は0から150までの値を取ります。最小値はPTS=0のときで,最大値は3Pしか打たず,その全てを決めた時になります。2Pしか打たないでその全てを決めた場合は100になります。 さて,先ほどの選手Aと選手BをTS%で比較してみましょう。TS%はそれぞれ以下の通りです。

TS%で見るとBのほうが,シュート効率がよいことが分かりました。

2 どれだけTS%があったら望ましいのか

数値を見ても解釈に困るのでどれだけTS%があれば凄いのかNBA選手のランキングを見てみましょう。(16-17シーズン)

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
stats
指標
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

アーリーカップ雑感(東海・北信越大会と関西大会のチーム評価)【Bリーグ通信】

【#Bリーグ ・アーリーカップ】2017/9/3 FINAL 千葉ジェッツ● 73-77 ○アルバルク東京🏆。#関東アーリーカップ【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

アーリーカップ雑感(関東大会チーム評価)【Bリーグ通信】

ブロガープロフィール

profile-iconhoops_stats

  • 昨日のページビュー:177
  • 累計のページビュー:7166

(09月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. バスケット指標の世界1―― TS% “真実の”シュートパーセンテージとは――
  2. ホームコートアドバンテージ神話の検証――ホームは果たして有利なのか――
  3. バスケット指標の世界2 ―― eFG% もう一つのフィールドゴール% ――
  4. 今更ながらのブログ開設
  5. Four Factorsで勝敗を予測できるか。――レギュラーシーズンのデータからプレイオフの結果を予測する――

月別アーカイブ

2017
09
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss