北のお部屋

月別アーカイブ :2013年07月

残すは後2校。

47校まで決まり、残すは宮城と愛知のみになりました。現時点で決まっている出場校はこちら(○は春夏連続出場校、■は夏連続出場校)。 北北海道 帯広大谷(初出場) 南北海道 北照(3年ぶり3度目)○ 青 森 弘前学院聖愛(初出場) 秋 田 秋田商(2年連続17度目) ■ 山 形 日大山形(6年ぶり16度目) 岩 手 花巻東(2年ぶり7度目) 宮 城 仙台育英-柴田の勝者 ......続きを読む»

日本-韓国雑感

□前半 最初はどちらも慎重な立ち上がり。全体的に韓国押し気味の展開。W杯本番を想定するとこういう展開が多くなると思うので、この面子で闘うわけでないだろうが、悪くないシチュエーションかな。日本がカウンターで決めきるパターンを作るのは、実は結構必要な要素だったりする。FWは点を撮ってなんぼ。柿谷は十分その点で評価していいと思う。両サイドはやられぎみだった。 ■後半 凡戦だった。それ......続きを読む»

日本-オーストラリア雑感

スタメンは日本はそっくり入れ替え。オーストラリアは初戦とそのまま。マッケイ、ミリガン、ノース、トンプソンは最終予選でも主力級でしたね。 ■前半 前半から日本ペース。前から追わないオーストラリア相手に、ある程度回せる展開。記事にもあったようにスローインからの攻めも意識されてたような。スローインはオフサイドにならないので使いようによっては武器になる。実際に強豪国でもスローインの使い方が上......続きを読む»

埼玉大会も佳境へ・・・。

甲子園への道も始まり、これから続々代表に決まるんだなと感じる強この頃・・・。この時期が1番楽しみなんですよね。 さて、埼玉大会も佳境をむかえベスト8が出そろいました。 A浦和学院 - 埼玉平成 D聖望学園 - 市立川越 所沢商業 - C川越東 C市立川口 - 本庄第一 ノーシード4校が残りましたが、このノーシード校がいずれも実力十分のチームだったと言うね・・・。A......続きを読む»

なかなか評価が難しい試合

題名通り、評価が難しい試合でした。 西川は3失点共に攻められないと思います。肝心のミスが代表常連組の駒野と栗原が犯してしまったというのが、頂けない。スタメン一新で初代表6人はスタメン。練習期間2日間、アウェー、連携面ほぼ0、Jでの連戦からの疲労、なれない環境、初代表がほとんどの中でのプレーで、相手が1軍である程度完成されてる中国相手ですから、まあこんなものかなと。むしろ、連携0の日本相手なのに......続きを読む»

柴崎⇒徳永へ。

柴崎が疲労性の体調不良で、今回は辞退と。代わりが徳永(F東京)ですが、ホント彼は便利屋だなぁ・・・。同世代の今野がいなければ、彼が代表にずっと定着してたのかもと思わなくもないですが。国見時代から見てる選手ですから頑張ってほしいですけどね。 GK 林卓人(仙台) 西川周作(広島) 権田修一(FC東京) DF 駒野友一(磐田) 栗原勇蔵(横浜FM) 千葉和彦(広島) 森脇良......続きを読む»

あの”じゃん”が甲子園へ。

地元を離れても、地元の事は気になるもんですね・・・。 帯広大谷が初めての甲子園。母校じゃないですけど、12年ぶりに帯広勢の甲子園はそこそこに沸いたんでしょうね。白樺は一応隣の芽室町ですから。”じゃん”というのは地元でよく帯広大谷の略称で使ってたんですが、今も使われてるのかな? 部員4名と監督1名から始まった野球愛好会から出発して、17年目で夢の甲子園。管理人が高校生の時の帯広大谷は地区の......続きを読む»

東アジア杯のメンバーとザックの好み

さて、代表発表されましたね。 GK 林卓人(仙台) 西川周作(広島) 権田修一(FC東京) DF 駒野友一(磐田) 栗原勇蔵(横浜FM) 千葉和彦(広島) 森脇良太(浦和) 槙野智章(浦和) 森重真人(FC東京) 鈴木大輔(柏) MF 青山敏弘(広島) 高萩洋次郎(広島) 高橋秀人(FC東京) 山口螢(C大阪) 扇原貴宏(C大阪) 柴崎岳(鹿島)......続きを読む»

日本はなぜ2列目とサイドバックに人材が集中してるのか?

タイトルが挑戦的ですが、管理人が単に感じた事を軽く書いてるだけなのであしからず。 南アフリカW杯から少し感じてた事ですけど、タイトルの通り、最近の代表は2列目とサイドバックに人材がかなり集中していると管理人的には感じております。ドイツW杯の頃はボランチの人材が割と多かったですが、逆にサイドバックの控えとなると加地・三都主以下はその時のアテネ組で経験値もそこそこの駒野くらいなもんで、そんなに多い......続きを読む»

大宮vs鳥栖雑感など

テレ玉は大宮か浦和戦をどっちかはやってくれるんでありがたいですね。札幌では稀でしたから・・・。スタメンは上記だったはず。鳥栖はうろ覚えですが。 雑感としては、前半は大宮、後半は鳥栖と両者の持ち味が45分ずつしか出せなかった感じですね。鳥栖の守る意識の高さはコーナーのゴール前の守りで恐ろしく高いのはよくわかりました。何人ゴール前で守ってるんだよと。序盤で点を獲られすぎたのが、意識の改善に......続きを読む»

左投手は大きい方がいいのか、それとも・・・。

今年のドラフトに関して桐光学園の松井裕樹がドラ1候補でにぎわせそうですが、今日のお題はタイトル通りですね。 この松井は体格でいうと174cm 74kgと高校生にしてはがっちりした体格の持ち主です。管理人が彼の投球を見たのは、2年前の神奈川県大会決勝をTVで見たのが初めてでした。当時1年生ながら3年生エースの柏原 史陽(現・同志社大学) の2番手を立派に務めあげ、決勝の横浜戦の先発マウンドに立ち......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconhonmakaina914

主にサッカー・野球・長距離等を書いています。普段は大学野球多め、たまに高校野球も取り扱う感じのアマ野球中心の備忘録。プロ野球もたま~に見るけどドラフト関連が少々多いかも。サッカーは気が向いたら書くスタンス。テニスは昔やっていたものの、今はもっぱら見る専。長距離はある時期が来たら投稿が増えます。

不定期ですが、とりあえず感じたことを書いていこうかと。よろしくお願いします。

■ファンサカ
★mini
2012年度 全国リーグ
札幌FC 
年間813位

2013年度 全国リーグ
札幌FC
年間168位

2014年度 プロリーグ
札幌FC
年間328位

2015年度 全国リーグ
札幌FC
年間300位

2016年度 プロリーグ
札幌FC
年間288位

2017年度 プロリーグ
札幌FC
年間351位

■観戦歴
△サッカー:94年W杯のイタリアを見て自身もサッカーをやり始める。各代表、ユース年代など。関東住みの今でもコンサドーレファン。

△野球:1995年の夏2回戦、旭川実業と鹿児島商業の乱打戦からのミラクル旭実に魅せられて以来、高校野球にどっぷりはまる。高校野球、大学野球、社会人野球など。

△フットサル:2012年は北海道、町田、府中、湘南など観戦。2013年は町田や府中の体育館で試合を撮ることも。好きな選手はGKイゴール。

△陸上:藤田敦史や神谷伸行の代からの駒澤ファン。最近は宇賀地強と村澤明伸のデットヒートが見られた第41回全日本大学駅伝が印象に残っている。

●好きな選手
■サッカー
△海外
ロベルト・バッジオ(元・イタリア代表)
ファン・ロマン・リケルメ(元・アルゼンチン代表)
カルロス・バルデラマ(元・コロンビア代表)
ビセンテ・ロドリゲス(元・スペイン代表)

△日本
乾貴士(エイバル)
清武弘嗣(セビージャ)
今野泰幸(ガンバ大阪)
奈良竜樹(川崎)

△コンサドーレ
宮澤裕樹
深井一希

■野球
△野手
高須洋介(金沢高-青山学院大-近鉄-元・楽天)
渡辺直人(牛久高-城西大-三菱ふそう川崎-楽天-横浜-西武)
西川遥輝(智弁和歌山高-日本ハム)
北道貢 (駒大岩見沢高-駒澤大-NTT東日本)

△投手
伊藤智仁(花園高-三菱自動車工業京都-元・ヤクルト)
西口文也(県和歌山商業高-立正大-元・西武)
武田勝 (関東第一高-立正大-シダックス-元・日本ハム)

■テニス
△海外
アンドレ・アガシ
ロジャー・フェデラー

△日本
鈴木貴男
錦織圭

ふつつか者ですがよろしくお願いします。

■インスタグラム
https://www.instagram.com/nk411456/
  • 昨日のページビュー:1178
  • 累計のページビュー:18034276

(01月15日現在)

関連サイト:Twitter/NK/marmarmorimori

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 少し早い2015年高校生のドラフト候補や注目選手。そして、2015年度の中心となる高校は・・・。
  2. 2016年度の高校生注目選手。そして、2016年度の中心となる高校は・・・。
  3. 2015ドラフト上位24人予想と2016年のドラフト候補達
  4. 2015年ドラフト雑感と2016年のドラフト候補達
  5. 2016年ドラフト雑感と2017年のドラフト候補達
  6. スポーツ報知が挙げた2014ドラフト候補一覧(高校生編)
  7. 第97回全国高校野球選手権小ネタ(出場校と注目選手・選手権出場選手の12球団ジュニアトーナメント経験者・18U世界選手権日本代表予想など)
  8. センバツ候補校と第44回明治神宮大会組み合わせなど
  9. 2016ドラフト上位24人予想と2017年のドラフト候補達
  10. 高校時代の世代最強の投手&野手は誰だ?(1993~1997年生まれ編)

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss