北のお部屋

2017年東都大学野球1部秋季第5週(日本大×中央大 立正大×亜細亜大)

このエントリーをはてなブックマークに追加

●東都1部 ■神宮 17/10/4 日本大 000 002 040=6 H 7 E1 100 000 000=1 H10 E3 中央大 日:東-八田 中:畠中、安本、水谷、花城-保坂 二塁打 八田2、真田(日)牧(中)

【1回裏】2番大工原がセンターへのヒット、4番堀内が四球で出塁し、2死1・2塁とすると、5番牧のライトへのタイムリーヒットで1点。 【6回表】4番真田がライトへのヒットで出塁、5番太田(和)の打席間の盗塁とキャッチャーの送球エラーで進塁、太田(和)が四球で出塁し、1死1・3塁とすると、6番八田のライトへのタイムリー2ベースヒットで2点。 【8回表】4番真田がレフトへの2ベースヒット、6番八田がライトへの2ベースヒット、7番北阪が死球で出塁し、1死満塁とすると、8番石井(祐)のセンターへのタイムリーヒットとセンターの捕球エラーで4点。

スコア ■スタメン ■結果


2週ぶりの神宮へ。ようやく各チームの2戦目を見る事が出来ました。見たい投手は一人見れなかったものの、ある程度見れたので満足だったかな。 というわけで1試合目は日大の逆転勝ちでタイに(3戦目も日大が勝ち、初の勝点と)。先制は中央。1,2塁から5番牧秀悟(1年・松本第一)のライト前タイムリーで先制します。この牧と9番土谷恵介(4年・前橋育英)はそれぞれ4安打、3安打と大暴れでしたが、守備でも悪い面で大暴れでして・・。初回からセカンド土谷の送球がワンテンポ遅れて内野安打になったり、ショートの牧も余裕持ちすぎてセカンド送球するもセーフになったりと何か最後までちぐはぐで、それが後半に響いてしまいましたね・・。 ■牧 ■土谷 その後は中央・畠中優大(1年・樟南)、日大は復活した背番号40の東範幸(4年・履正社)の投手戦が続きますが、グラウンド整備後の6回に試合が動きます。途中出場の真田一斗(2年・明徳義塾)のヒットからチャンスを作り、6番八田夏(3年・履正社)の当たりは右中間を深々と破る逆転のタイムリーツーベースに。日大が逆転し、8回にも満塁から8番石井祐二郎(2年・東海大望洋)のセンター前をこの日五十幡亮汰(1年・佐野日大)が欠場した中、センターに入った飯嶌幹太(4年・宇治山田商)が後逸し、打った石井も還り4得点。日大が逃げ切りました。 まず勝った日大ですが、日大が誇る1,2,3番がノーヒットと絶不調の中での1勝と大きい勝ちとなりました。やはり大きかったのは得点の起点となった途中出場の真田もですし、被安打10と打たれながらも要所を締めた東と春先不調でなかなか試合に出られない日々が続きながらようやく調子が戻ってきた八田のバッテリーの活躍が大きかったですね。 ■東 ■八田 ■真田 東は135㌔前後(MAX139㌔)の速球と変化球のコンビネーションは相変わらずですが、何より今の日大投手陣に欠けていた制球力の安定ぶりが光っていました。簡単にストライク取れますし、ボールも際どい所いってるし、そりゃ國學院も打てないわけだなと。元々のらりくらりかわす投手ですが、制球が安定すると守備も安定してきますし、それによって流れも好循環になりやすいのは確か。東が戻ってきたのは日大にとって非常に大きいですし、今後のリーグ戦で最下位を抜け出せるかもしれません。できれば1戦目で投げて欲しい思いも首脳陣にはあるでしょうが・・、病気から復帰したばかりという事で無理はさせないでしょう。とはいえ簡単に負けない日大が戻ってきたかもしれません。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:
北村拓己
釘宮光希
福井凌一
高橋遥人
嘉陽宗一郎
坂田精二郎
小郷裕哉
鍬原拓也
真田一斗
八田夏
東範幸
畠中優大
土谷恵介
牧秀悟
亜細亜大
立正大
中央大
日本大

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2017年東都大学野球1部秋季第5週(日本大×中央大 立正大×亜細亜大)

フムフム様>

いらっしゃいませ。

またいじってくるだろうなと思っていました(笑)。

中央は別に打ててないわけではないのですが、ここぞの場面での詰めが甘いのは伝統というかなんというか・・。勢いがある内は良いのですがね。鍬原もこの秋というより春から3戦目の内容が絶望的に悪いので(特に日大や國學院にはやられっぱなし・・)、立正が勝点2を取り、相性の悪い國學院との試合を残してる現状を見るに一番厳しい位置にいるかもですね。畠中は仰る通りで。中央待望の先発できる左腕としてこれからの活躍に期待したい所です。

高橋と嘉陽は下級生時の期待値を考えると、いまいち伸びなかったですね。嘉陽はどっちかというと実戦派で技巧派タイプになった事も意外で・・。高橋に関しては正直昨春見てて何となく予感はしていました(爆)。球種もそんな多くないですし、とにかく勢いでごり押しなので上で投げるにはどのみち苦労するのだろうなぁと。上原健太というのもまた言い得て妙ですね。正直、その上原よりも不器用そうな感じすらあるのがまた・・。

2017年東都大学野球1部秋季第5週(日本大×中央大 立正大×亜細亜大)

多分、鍬原はnobさんが神宮入りするのを待っていたんですよ。nobさんの姿を確認してグラウンドに姿を現しボール回しもしたんだと(笑)。

それにしても中大ってたいていの大学と相性悪いですよね(暴)。
勝ち点落とす方が何か普通のような気がしますし、それでいながら結構勝ってもいてしぶとく1部に残り続けている不思議なチームだなとつくづく思います。
後、中大の外野っていつの時代でも後逸するんですよね(爆)。これは伝統であってとくに飯嶌が悪いと言うわけでもないかと錯覚さえします。

それはさておき畠中いいですね~
浜屋も時間をかけてゆっくりと…と思ったら今年意外と早くMHPSで登板機会を与えられていたのと合わせて、昨夏の樟南高校投手陣ってスケール大きかったんだな、と今更ながら気付かされました。
左腕なら(NPBへ行くことを考えなければ)135kmぐらいでスピードは充分ですし、あとは経験を積んでいかに長いイニングを投げ抜く組み立てを覚えるかですよね。亜大の高橋遥なんかに対する当てつけじゃないんですけれど(汗)。

その高橋遥はこの時期になったらどんなに凄いエースになっているかと楽しみにしていたのですが…なかなかうまくいかないものです。嘉陽なんかは最後まで素材型のままだろうなと個人的に予想していたんですけれど、高橋遥についてはここまで苦戦するとは思ってもいませんでした。
仰る通り、今永や濱口ほどの格ではないですよね。…上背を低くした上原健太(日ハム)ってとこかなぁ(苦笑)

こんな記事も読みたい

硬式野球部・東都大学野球秋季リーグ戦 対日大2回戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

遠投110mがプロへの近道【倉俣監督BLOG】

第29回出雲駅伝~各チームエントリー②~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

米4大スポーツ施設見学&観戦付き! MLB春季キャンプ就業体験ツアー2018の募集開始!【ベースボールコミュニケーション スポーツマネジメント留学ブログ】

硬式庭球部・関東大学テニスリーグ【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

硬式野球部・東都大学野球秋季リーグ戦 対日大1回戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

全バスケファン注目の動画!マイケル ポーター&一族!4姉弟Missouri大バスケ部在籍 MPJ来年NBA全体1位へ!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

第29回出雲駅伝~各チームエントリー①~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

ブロガープロフィール

profile-iconhonmakaina914

主にサッカー・野球・長距離等を書いています。普段は大学野球多め、たまに高校野球も取り扱う感じのアマ野球中心の備忘録。プロ野球もたま~に見るけどドラフト関連が少々多いかも。サッカーは気が向いたら書くスタンス。テニスは昔やっていたものの、今はもっぱら見る専。長距離はある時期が来たら投稿が増えます。

不定期ですが、とりあえず感じたことを書いていこうかと。よろしくお願いします。

■ファンサカ
★mini
2012年度 全国リーグ
札幌FC 
年間813位

2013年度 全国リーグ
札幌FC
年間168位

2014年度 プロリーグ
札幌FC
年間328位

2015年度 全国リーグ
札幌FC
年間300位

2016年度 プロリーグ
札幌FC
年間288位

2017年度 プロリーグ
札幌FC
年間351位

■観戦歴
△サッカー:94年W杯のイタリアを見て自身もサッカーをやり始める。各代表、ユース年代など。関東住みの今でもコンサドーレファン。

△野球:1995年の夏2回戦、旭川実業と鹿児島商業の乱打戦からのミラクル旭実に魅せられて以来、高校野球にどっぷりはまる。高校野球、大学野球、社会人野球など。

△フットサル:2012年は北海道、町田、府中、湘南など観戦。2013年は町田や府中の体育館で試合を撮ることも。好きな選手はGKイゴール。

△陸上:藤田敦史や神谷伸行の代からの駒澤ファン。最近は宇賀地強と村澤明伸のデットヒートが見られた第41回全日本大学駅伝が印象に残っている。

●好きな選手
■サッカー
△海外
ロベルト・バッジオ(元・イタリア代表)
ファン・ロマン・リケルメ(元・アルゼンチン代表)
カルロス・バルデラマ(元・コロンビア代表)
ビセンテ・ロドリゲス(元・スペイン代表)

△日本
乾貴士(エイバル)
清武弘嗣(セビージャ)
今野泰幸(ガンバ大阪)
奈良竜樹(川崎)

△コンサドーレ
宮澤裕樹
深井一希

■野球
△野手
高須洋介(金沢高-青山学院大-近鉄-元・楽天)
渡辺直人(牛久高-城西大-三菱ふそう川崎-楽天-横浜-西武)
西川遥輝(智弁和歌山高-日本ハム)
北道貢 (駒大岩見沢高-駒澤大-NTT東日本)

△投手
伊藤智仁(花園高-三菱自動車工業京都-元・ヤクルト)
西口文也(県和歌山商業高-立正大-元・西武)
武田勝 (関東第一高-立正大-シダックス-元・日本ハム)

■テニス
△海外
アンドレ・アガシ
ロジャー・フェデラー

△日本
鈴木貴男
錦織圭

ふつつか者ですがよろしくお願いします。

■インスタグラム
https://www.instagram.com/nk411456/
  • 昨日のページビュー:1593
  • 累計のページビュー:17930499

(10月22日現在)

関連サイト:Twitter/NK/marmarmorimori

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 少し早い2015年高校生のドラフト候補や注目選手。そして、2015年度の中心となる高校は・・・。
  2. 2016年度の高校生注目選手。そして、2016年度の中心となる高校は・・・。
  3. 2015ドラフト上位24人予想と2016年のドラフト候補達
  4. 2015年ドラフト雑感と2016年のドラフト候補達
  5. 2016年ドラフト雑感と2017年のドラフト候補達
  6. スポーツ報知が挙げた2014ドラフト候補一覧(高校生編)
  7. 第97回全国高校野球選手権小ネタ(出場校と注目選手・選手権出場選手の12球団ジュニアトーナメント経験者・18U世界選手権日本代表予想など)
  8. センバツ候補校と第44回明治神宮大会組み合わせなど
  9. 2016ドラフト上位24人予想と2017年のドラフト候補達
  10. 高校時代の世代最強の投手&野手は誰だ?(1993~1997年生まれ編)

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss