北のお部屋

2017年秋季埼玉県大会準決勝(花咲徳栄×山村学園 市立川越×上尾)

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年もこの季節が来たという事は終わりが近いんだなぁとしみじみしますが、埼玉大会準決勝ですね。浦学の敗戦は面子が面子だっただけに衝撃でしたが・・、川商は昨夏も浦学を食っていますし、えてしてこういう事は連鎖して起こるものですよね。とはいえ、川商も旧チームからメンバーほぼ総入れ替えで旧チーム程の期待度もそこまで高かったとも言えないですし・・、やはり試合に出たくて出たくてくすぶってたメンバーのいるチームの方が勢いをもたらす事は多いです。埼玉栄はまあ・・、何となく予想できたかな。というわけで波乱?な埼玉大会はというと。


■県営大宮 17/9/30 ●秋季埼玉大会準決勝 ■第一試合 山村学園 011 000 0=2 H 3 E0 005 301 x=9 H10 E1 花咲徳栄 山:和田、伊織、大木-大塚 大:中田、和田-田谷野 本塁打 野村(花) 三塁打 松本(花) 二塁打 橋本(花)

2回表 2アウト2、3塁 8番和田のセンター前タイムリー、二塁ランナーもホーム狙うもタッチアウトで1点止まり。 3回表 2アウト2塁 3番野邨のレフト前タイムリー。 3回裏 1アウト2塁 1番倉持のセンター前タイムリー、3番韮澤のレフト前タイムリー、4番野村の左中間への3ラン。 4回裏 1アウト1,2塁 2番松本の右中間を破るタイムリー3塁打、4番野村のセンター前タイムリー。  6回裏 2アウト2塁 3番韮澤のセンターとセカンドの間に落ちるタイムリー。 ■スタメン ■結果


序盤は山村学園の打線が徳栄の先発・中田優斗(2年)を捉え2点取りますが、徳栄も打者1巡から山村学園のエース・和田朋也(1年)を攻略。1~4番の連打で一気に5点を取り、4回にも変わった伊織丈一郎(1年)からも3点を取りほぼ勝負あり。徳栄も4回から登板の和田慶悟(1年)が4回を無安打に抑え相手の勢いを止める好投で3年連続の関東切符を手に入れました。 徳栄は先週の県大会の初戦を見た限り、勝ち上がるのも厳しいのでは?という感じも受けたのですが、籤が比較的良かった事もあり打線の勢いは試合を追う毎に増していった印象です。エースも固まってない状態ですし、守備も毎度エラーが出てしまうので、まだまだ戦う段階には至っていない現状ですが、ポテンシャルで押し切りました。その中でも夏のメンバーでもある3番韮澤雄也(遊・1年)、4番野村佑希(右・2年)が良い所で仕事をしていますし、やはりこの二人の打撃が抜けている感じです。特に野村のパワーはもう・・。大瀧愛斗(西武)は当時を遥かにすでに越えてるでしょう。プロに行くべき選手なのだなと。5番橋本吏功(中・1年)、6番羽佐田光希(二・1年)と中軸の1年生3人はポテンシャルが高いですし、さすがに徳栄の中軸を張るだけの事があるなと(因みに橋本は北海道の洞爺湖シニアから来たそうで・・)。投手陣では中田が185cmくらいの長身で右のオーバースローからMAX137㌔を計測していました。辛い県営ガンで出していたので、MAXはすでに140㌔を越えているのかもしれませんね。1年生の和田はずんぐりむっくりな左腕で125~130㌔くらいの速球と変化球で打ち取るタイプですが、試合重ねる毎に良くなっている感じです。多少、高橋昂也(広島)のフォームも意識していそうな感じですが、スリークォーターです。齋藤倖介(2年)も先発で投げたりしていますが、まだピリッとしない感じで・・。野村は140㌔前後出ていますが、こちらは打撃専念という感じで余程厳しい状況であれば登板機会もという所です。現状の守備力・投手力だと関東で1勝できるかどうか・・、という所ですけども選手権優勝チームとしてもどうにかセンバツ出場ラインまで勝ち上がってほしいなぁと思いますね。 ■和田 ■中田 ■野村 ■韮澤 山村学園は夏に続きこの秋も4強と地力がついてきた印象ですが、徳栄のようなビッグチーム相手となるとまだまだボロが出てしまいますね・・。この間紹介した1番木内輝(2年)、3番野邨祐樹(2年)、4番深田竜二(2年)と旧チームからのレギュラー組は良いスイングをしていましたし、捉えられるまでは和田も非常に緩急を上手く使った投球で抑えていただけに・・。和田は前日の埼玉栄戦完投で連投の影響も少なからずあったでしょう。とはいえMAX120㌔で110㌔台の直球と90㌔台のスライダー、70㌔台のカーブの球種を見て、夏にTVで見た時よりもかなり技巧派であれ?という印象が強かったです。しかし、制球力はこの時期の1年生としてはかなり良いものを持っていますし、もう少しボールを強くしたいでしょう。タイプ的には数年前の高橋佑樹(川越東-慶応大2年)に打たせるタイプって感じでしょうか。1年生の多いチームですし、来年以降に期待ですね。 ■木内 ■野邨 ■深田 ■和田

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:
日野吉彬
村上達哉
羽田飛翔
小川竜太朗
瀬良潤平
木村歩夢
太賀龍丈
深田竜二
野邨祐樹
木内輝
野村佑希
韮澤雄也
和田慶悟
和田朋也
中田優斗
上尾
市立川越
山村学園
花咲徳栄

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【試合日程】第72回国民体育大会(えひめ国体)【ソニーHC BRAVIA Ladies ブログ】

ラジオのナイター中継撤退に ついて【スポーツ えっせい】

全日本社会人ホッケー選手権大会を終えて【ソニーHC BRAVIA Ladies ブログ】

2017年秋季埼玉県大会2回戦(花咲徳栄×滑川総合 春日部共栄×狭山ヶ丘 浦和学院×大宮東)【北のお部屋】

【#高校バスケ】2017' #ウインターカップ 神奈川県予選 男子決勝:厚木東vsアレセイア湘南。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

【高校】2017' 平成29年度 全国高等学校バスケットボール選手権大会北海道予選名寄地区予選会、終了しました。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

甲子園での優勝に拘る限りU‐18W杯の優勝はない【スポーツ えっせい】

2017年秋季埼玉県大会南部地区予選(浦和学院×大宮西)【北のお部屋】

ブロガープロフィール

profile-iconhonmakaina914

主にサッカー・野球・長距離等を書いています。普段は大学野球多め、たまに高校野球も取り扱う感じのアマ野球中心の備忘録。プロ野球もたま~に見るけどドラフト関連が少々多いかも。サッカーは気が向いたら書くスタンス。テニスは昔やっていたものの、今はもっぱら見る専。長距離はある時期が来たら投稿が増えます。

不定期ですが、とりあえず感じたことを書いていこうかと。よろしくお願いします。

■ファンサカ
★mini
2012年度 全国リーグ
札幌FC 
年間813位

2013年度 全国リーグ
札幌FC
年間168位

2014年度 プロリーグ
札幌FC
年間328位

2015年度 全国リーグ
札幌FC
年間300位

2016年度 プロリーグ
札幌FC
年間288位

2017年度 プロリーグ
札幌FC
年間351位

■観戦歴
△サッカー:94年W杯のイタリアを見て自身もサッカーをやり始める。各代表、ユース年代など。関東住みの今でもコンサドーレファン。

△野球:1995年の夏2回戦、旭川実業と鹿児島商業の乱打戦からのミラクル旭実に魅せられて以来、高校野球にどっぷりはまる。高校野球、大学野球、社会人野球など。

△フットサル:2012年は北海道、町田、府中、湘南など観戦。2013年は町田や府中の体育館で試合を撮ることも。好きな選手はGKイゴール。

△陸上:藤田敦史や神谷伸行の代からの駒澤ファン。最近は宇賀地強と村澤明伸のデットヒートが見られた第41回全日本大学駅伝が印象に残っている。

●好きな選手
■サッカー
△海外
ロベルト・バッジオ(元・イタリア代表)
ファン・ロマン・リケルメ(元・アルゼンチン代表)
カルロス・バルデラマ(元・コロンビア代表)
ビセンテ・ロドリゲス(元・スペイン代表)

△日本
乾貴士(エイバル)
清武弘嗣(セビージャ)
今野泰幸(ガンバ大阪)
奈良竜樹(川崎)

△コンサドーレ
宮澤裕樹
深井一希

■野球
△野手
高須洋介(金沢高-青山学院大-近鉄-元・楽天)
渡辺直人(牛久高-城西大-三菱ふそう川崎-楽天-横浜-西武)
西川遥輝(智弁和歌山高-日本ハム)
北道貢 (駒大岩見沢高-駒澤大-NTT東日本)

△投手
伊藤智仁(花園高-三菱自動車工業京都-元・ヤクルト)
西口文也(県和歌山商業高-立正大-元・西武)
武田勝 (関東第一高-立正大-シダックス-元・日本ハム)

■テニス
△海外
アンドレ・アガシ
ロジャー・フェデラー

△日本
鈴木貴男
錦織圭

ふつつか者ですがよろしくお願いします。

■インスタグラム
https://www.instagram.com/nk411456/
  • 昨日のページビュー:663
  • 累計のページビュー:18005069

(12月12日現在)

関連サイト:Twitter/NK/marmarmorimori

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 少し早い2015年高校生のドラフト候補や注目選手。そして、2015年度の中心となる高校は・・・。
  2. 2016年度の高校生注目選手。そして、2016年度の中心となる高校は・・・。
  3. 2015ドラフト上位24人予想と2016年のドラフト候補達
  4. 2015年ドラフト雑感と2016年のドラフト候補達
  5. 2016年ドラフト雑感と2017年のドラフト候補達
  6. スポーツ報知が挙げた2014ドラフト候補一覧(高校生編)
  7. 第97回全国高校野球選手権小ネタ(出場校と注目選手・選手権出場選手の12球団ジュニアトーナメント経験者・18U世界選手権日本代表予想など)
  8. センバツ候補校と第44回明治神宮大会組み合わせなど
  9. 2016ドラフト上位24人予想と2017年のドラフト候補達
  10. 高校時代の世代最強の投手&野手は誰だ?(1993~1997年生まれ編)

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss