北のお部屋

代表強化試合(社会人日本代表×千葉ロッテ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

■ロッテ浦和 17/9/27 ■強化試合  社会人日本代表 102 230 300=11 H14 E1 000 210 011= 5 H 9 E2 千葉ロッテ(2軍) 社:谷川、平尾、鈴木博、田嶋-山内、木南 ロ:安江、信樂、益田、大嶺祐、金森-寺嶋、宗接 本塁打 若林、大城2(社)猪本、三家、平沢(ロ) 二塁打 神里(社)

1回表 0アウト1,3塁 3番藤岡のレフトへの犠飛。 3回表 1アウト2,3塁 3番藤岡のレフトへの2点タイムリー。 4回表 2アウト1塁 9番若林のレフトへの2ラン。 4回裏 2アウト1塁 6番猪本のレフトへの2ラン。 5回表 2アウト3塁 5番菅野のセンター前タイムリー、6番大城のライトへの2ラン。  5回裏 1アウト 9番三家のレフトへのソロ。 7回表 0アウト2塁 6番大城のライトへの2ラン、1番福田の打球が野手のエラーを誘い1点。 8回裏 1アウト2,3塁 ワイルドピッチで1点。 9回裏 2アウト 1番平沢のレフトポール直撃のソロ。

■スタメン ●社会人日本代表 ④田中(日立製作所) ⑧佐藤(東芝) ⑥藤岡(トヨタ自動車) ⑦笹川(東京ガス) ⑨菅野(日立製作所) DH大城(NTT西日本) ③伊礼(王子) ②山内(東京ガス) ⑤若林(JX‐ENEOS) P谷川(九州三菱自動車)

●千葉ロッテ ⑥平沢 ⑧脇本 ⑦伊志嶺 DH細谷 ⑨柴田 ③猪本 ⑤香月 ②寺嶋 ④三家 P安江 ■結果


今年3度目のプロアマ交流戦を見に、ロッテ浦和の方へ・・。普段からアマ中心のブログですが、たまにプロを生で見ると体つきからスイングから動きから違うなぁと毎度学ばされますね。投手は正直そうでも・・、なのですが。結果に関しては上記通りで社会人日本代表の大勝。この面子の並びに今のロッテの投手陣を見たらこうなるよなぁとは事前から思わなくもなかったのですが・・、それにしてもロッテもう少し頑張れよとは思いましたがねぇ。スコアは自前なので公式記録とは若干違うかもですけども、多分こんな感じだったと思います。

初回からロッテの先発・安江嘉純(BC・石川)を捉え、1番田中俊太(日立製作所)、2番佐藤旭(東芝)の連打でチャンスを作り、3番藤岡裕大(トヨタ自動車)があっさり犠飛を放ち社会人日本代表が先制します。

その後も藤岡のタイムリーに9番若林晃弘(JX‐ENEOS)の逆方向への2ランで4回までに5点。安江は4回5失点で降板します。さらに5回には2番手・信樂晃史(宮崎梅田学園)を攻め、5番菅野剛士(日立製作所)のタイムリー、6番大城卓三(NTT西日本)の2ランで差を広げ、7回にも再び大城の2ランと。対するロッテも制球が立ち上がりから定まらない社会人日本代表の先発・谷川昌希(九州三菱自動車)から4回に6番猪本健太郎(鎮西―ソフトバンク)の2ラン、9番三家和真(BC・石川)のソロで追いすがりますがそこまで。8回に鈴木博志(ヤマハ)のワイルドピッチ、9回に1番平沢大河(仙台育英)が田嶋大樹(JR東日本)からレフトポール直撃のホームランを放つもそこまで。社会人日本代表が幸先の良いスタートを切りました。 まず社会人日本代表は1番田中と3番藤岡の二遊間ですね。 ■田中 ■藤岡 スカウト品評会みたいな並びですが(爆)、でも実際見たらこの二遊間良いですし、そんなに組んで時間も経ってないと思いますが、すんなりいってますね。それでいて初回に脇本直人(健大高崎)の打球を笹川晃平(東京ガス)が後ろに逸らし、一塁ランナーの平沢が一気にホームまで帰ろうとしたのですが、中継からの藤岡の物凄い送球がホームに帰ってきて平沢はホームタッチアウト。元々サードで外野もやってた事がここに生きているのかなと思いましたが、大学時代から見てるなら藤岡であればできるプレーですよね。動きにもそんな違和感も感じなくなりましたし、十分指名圏内・・、というより上位指名されても良いんじゃないかなとは思いました。打っても2安打3打点ですしね。田中俊太も2安打に2得点と1番打者の働きをしていましたし、こないだの関東選抜リーグの時とは大違い(爆)。注目される舞台の方が生き生きしている印象ですね。彼もまた能力の片鱗を見せました。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:
神里和毅
大城卓三
菅野剛士
藤岡裕大
佐藤旭
田中俊太
笹川晃平
若林晃弘
渡邉貴美男
谷川昌希
鈴木博志
田嶋大樹
平尾奎太
平沢大河
猪本健太郎
益田直也
社会人日本代表
千葉ロッテマリーンズ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

いろいろ話題もあり【春夏秋冬ドラ応援】

悪くはない結果だが・・・・色々と言いたくなる試合でした。【虎バナシ中心。時たま他球団・・多分】

斎藤佑樹のラストチャンスに「?」【猫と観るスポーツ】

元プロ野球選手の方の思い出 是非また見てみたい采配というか選手起用というか【チュート・ハンパーのレッツゴープロ野球!】

2017ドラフト指名予想~千葉ロッテマリーンズ編~【プロ野球ドラフト会議】【ドラフトさん】

* 花束。【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

9/26対ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)&ホークスもあたたかった。【千葉県旭市生まれのロッテ好き。】

二木の成長を感じたね。福岡最終戦を勝利で終えた【モヤモヤ、まり~んず。】

ブロガープロフィール

profile-iconhonmakaina914

主にサッカー・野球・長距離等を書いています。普段は大学野球多め、たまに高校野球も取り扱う感じのアマ野球中心の備忘録。プロ野球もたま~に見るけどドラフト関連が少々多いかも。サッカーは気が向いたら書くスタンス。テニスは昔やっていたものの、今はもっぱら見る専。長距離はある時期が来たら投稿が増えます。

不定期ですが、とりあえず感じたことを書いていこうかと。よろしくお願いします。

■ファンサカ
★mini
2012年度 全国リーグ
札幌FC 
年間813位

2013年度 全国リーグ
札幌FC
年間168位

2014年度 プロリーグ
札幌FC
年間328位

2015年度 全国リーグ
札幌FC
年間300位

2016年度 プロリーグ
札幌FC
年間288位

2017年度 プロリーグ
札幌FC
年間351位

■観戦歴
△サッカー:94年W杯のイタリアを見て自身もサッカーをやり始める。各代表、ユース年代など。関東住みの今でもコンサドーレファン。

△野球:1995年の夏2回戦、旭川実業と鹿児島商業の乱打戦からのミラクル旭実に魅せられて以来、高校野球にどっぷりはまる。高校野球、大学野球、社会人野球など。

△フットサル:2012年は北海道、町田、府中、湘南など観戦。2013年は町田や府中の体育館で試合を撮ることも。好きな選手はGKイゴール。

△陸上:藤田敦史や神谷伸行の代からの駒澤ファン。最近は宇賀地強と村澤明伸のデットヒートが見られた第41回全日本大学駅伝が印象に残っている。

●好きな選手
■サッカー
△海外
ロベルト・バッジオ(元・イタリア代表)
ファン・ロマン・リケルメ(元・アルゼンチン代表)
カルロス・バルデラマ(元・コロンビア代表)
ビセンテ・ロドリゲス(元・スペイン代表)

△日本
乾貴士(エイバル)
清武弘嗣(セビージャ)
今野泰幸(ガンバ大阪)
奈良竜樹(川崎)

△コンサドーレ
宮澤裕樹
深井一希

■野球
△野手
高須洋介(金沢高-青山学院大-近鉄-元・楽天)
渡辺直人(牛久高-城西大-三菱ふそう川崎-楽天-横浜-西武)
西川遥輝(智弁和歌山高-日本ハム)
北道貢 (駒大岩見沢高-駒澤大-NTT東日本)

△投手
伊藤智仁(花園高-三菱自動車工業京都-元・ヤクルト)
西口文也(県和歌山商業高-立正大-元・西武)
武田勝 (関東第一高-立正大-シダックス-元・日本ハム)

■テニス
△海外
アンドレ・アガシ
ロジャー・フェデラー

△日本
鈴木貴男
錦織圭

ふつつか者ですがよろしくお願いします。

■インスタグラム
https://www.instagram.com/nk411456/
  • 昨日のページビュー:743
  • 累計のページビュー:18002959

(12月09日現在)

関連サイト:Twitter/NK/marmarmorimori

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 少し早い2015年高校生のドラフト候補や注目選手。そして、2015年度の中心となる高校は・・・。
  2. 2016年度の高校生注目選手。そして、2016年度の中心となる高校は・・・。
  3. 2015ドラフト上位24人予想と2016年のドラフト候補達
  4. 2015年ドラフト雑感と2016年のドラフト候補達
  5. 2016年ドラフト雑感と2017年のドラフト候補達
  6. スポーツ報知が挙げた2014ドラフト候補一覧(高校生編)
  7. 第97回全国高校野球選手権小ネタ(出場校と注目選手・選手権出場選手の12球団ジュニアトーナメント経験者・18U世界選手権日本代表予想など)
  8. センバツ候補校と第44回明治神宮大会組み合わせなど
  9. 2016ドラフト上位24人予想と2017年のドラフト候補達
  10. 高校時代の世代最強の投手&野手は誰だ?(1993~1997年生まれ編)

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss