北のお部屋

2017年JABA関東選抜リーグ戦後期(JR東日本×東芝 日立製作所×JX-ENEOS)

このエントリーをはてなブックマークに追加

本当は土日のどちらかでクラブ選手権も考えたのですが、疲れもたまっており決断できずでした・・。というわけで1週間ぶりでしたけども。

夜中から雨が降っていて中止かなと思ったら、雨もやみ8時40分に第一試合開始しているという情報が流れ、行くしかないよねと決断。東都とにらめっこしながら王子で降りるか、そのまま乗って浜松町まで行くか電車を乗りながら考えた結果、大田の方に参りました。1試合目8回途中に着きましたが、明安は都市対抗予選以降公式戦無敗でしょうか。そりゃ都市対抗でも補強組が大活躍でしたので当然なのかもですけど、これだけ好調なのはびっくりといえばびっくりですね。日本選手権予選であっさり負けるパターンもあり得そうですけど、組み合わせと今の調子を見たら有利とも思いますが・・。


■関東選抜リーグ 17/9/6 大田 ●第二試合 JR東日本 300 001 010=5 H8 E0 000 011 000=2 H7 E1 東芝 J:板東、國松、大澤-石川 東:近藤、加嶋、岡本-井川 二塁打 松本(東)

1回表 1アウト1,2塁 4番松本のセンターへのエンタイトルタイムリー2塁打、6番長谷川のレフト前タイムリー、7番影山のライトへの犠飛。 5回裏 2アウト2塁 9番小川のライトへのタイムリー。 6回表 2アウト1,3塁 1番小室のセンター前タイムリー。 6回裏 0アウト1,3塁 5番松本のライトへの犠飛。 8回表 1アウト3塁 8番嘉数のスクイズ。 ■スタメン


今シーズン観戦4回目のJR東日本と今季観戦初めての東芝との1戦となりました。今年の都市対抗の準々決勝でも当たっておりますが、その時は延長12回5-4で東芝に軍配が上がりましたが、今回はJR東が勝利と。立ち上がりに東芝のルーキー・近藤凌太(投・愛知工業大)を攻め、4番松本晃(DH・横浜商大)の長打などで3点を取り主導権を握ります。このままコールドも?と思いましたが、近藤もMAX143㌔の直球とスライダーなどを散りばめ立ち上がり以外は凌ぎ5回4安打3失点。MAX150㌔という触れ込みながらまだまだこれからな所もありますが、素材としてはなかなか面白かったです。 ■近藤 JR東の先発・板東湧梧(投・鳴門)に4回までノーヒットの東芝打線も5回に反撃し、9番小川裕生(左・上武大)のセカンドベースに当たるタイムリーで反撃しますが、結局6回以降も1点止まりで反撃もここまで。 ■小川 まずはJR東は先発の板東ですね。 ■板東 春先からなかなか投げてる情報を聞かず、都市対抗予選でも1回KOとなかなか・・という内容でしたが、この日の内容はキレていてMAX143㌔ながら変化球の制球・キレも抜群で3回に3者連続三振、4回にも4番金子聖史(DH・九州共立大)、5番松本幸一郎(二・立教大)を連続三振にきって取るなど5回3安打1失点。5回に連打を浴びなければもう少し投げていたかもですが、予定通りのイニング消化だったのでしょう。1個上の田嶋大樹(投・佐野日大)にばかり頼れないでしょうし、重要な場面で投げる回数が増えればなぁという所ですね。それ以上に2番手の國松歩(投・静岡商)。 ■國松 えっ?投手?なんて思わなくもないですが、春先の試合では長打も打っていたのになぁと思いましたが、投手事情やらなんやらで夏に入る前に復帰していたという情報は事前には知っていたものの、投球を見たのはこの日が初めてでした。思っていたよりも良かったですし、MAXは141㌔ながらボールの重さがあり外角の制球も良く、変化球も多彩。高校時代はバリバリのエースだった事もあり、投手としての本能が戻り始めているのかなと。もう少し球速も出るでしょうし、高卒社会人3年目。これからももっと伸びていければですね。打線は社会人日本代表にも選出された6番長谷川拓真(左・国際武道大)の2安打を筆頭に去年に比べれば振れてる方ではないかと思いますし、日本選手権予選も多分今年は突破してくるでしょう。 ■長谷川 対する東芝は初回がなければ、タイブレも?なんて内容でしたが、要所を締められましたね・・。都市対抗の投球でスカウトの評価も上がっているらしい加嶋宏毅(投・慶應大)も投げたものの、キレがいまいちで登板直後すぐ失点し、結局2回1失点。都市対抗インフレというのはよくあるものなので、あんまり参考にしてはいけませんが、月・火・水と関東選抜3連戦という事もありお疲れモードだったのかなと。 ■加嶋 打線も集中打を浴びせるも点を取り切れずでした・・。都市対抗では良い打撃を見せ、こちらも社会人日本代表に選出された1番佐藤旭(中・慶応大)は1安打も2三振とあまり振るわず。個人的に楽しみにしていた2番堀米潤平(遊・白鷗大)も打撃は振るわずも守備力は確かに素晴らしいなぁとは思いました。4番金子、6番大河原正人(右・亜細亜大)のバット投げも見れましたし、久々に代打ながら林裕也(代打・駒澤大)の打撃も見れたので試合内容は別にして充実はしていたかも。 ■佐藤 ■堀米 ■金子 ■大河原 ■林

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:
渡邉貴美男
若林晃弘
菅野剛士
田中俊太
齋藤俊介
樋口宇大
林裕也
堀米潤平
大河原正人
佐藤旭
加嶋宏毅
長谷川拓真
國松歩
板東湧梧
小川裕生
近藤凌太
JX-ENEOS
日立製作所
東芝
JR東日本

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2017年JABA関東選抜リーグ戦後期(JR東日本×東芝 日立製作所×JX-ENEOS)

フムフム様>

いらっしゃいませ。

板東はエースになれるくらいの投球術は身に着けてると思いますが、田嶋と比べるとさすがに・・という所ですね。現状大澤くらいしか安定しているのはいないですし、高卒投手が何より多いので不安定な部分もありますから、来年は彼の肩に期待がかかるでしょう。國松に関しては吉永が野手転向した煽りで投手に戻った感もありますが・・(苦笑)。投手として諦めないのであれば、頑張ってもらいたいですがね。

菅野はまあジャパンの4番だよなと思う打撃で、確かに社会人の中ではちょっと違うなぁと思わせるほどに抜けていました。彼の場合守備力含めた部分でしょうが、順位にこだわらなければ指名する球団があってもおかしくないでしょうね。華があまりない感じが気になりますが(爆)。

貴美男は貴美男でした(笑)。ただ終盤高橋優斗が長打を打ったりして、世代交代もそろそろと言われ始めてもですね。鈴木健矢は再来週見る予定ではありますが、投げてくれるかどうか・・。サイドハンドでアレだけの投球をできるのはそういませんし、もう少しパワーアップすれば来年のドラフトでも話題になるでしょう。

2017年JABA関東選抜リーグ戦後期(JR東日本×東芝 日立製作所×JX-ENEOS)

板東湧悟は個人的に田嶋よりも期待していた投手だったので、今季はなかなか結果が出ておらず不安だったのですが、この試合は良かったようで何よりです。
田嶋は9割がた今季限りでチームを抜けるでしょうから、彼にJR東日本のエースとなってほしい私です。佐竹とか守安クラスの投球術を身につければ線の細い彼だって…

それにしても國松は結局どっちなんでしょうねぇ。投も打もできる高いセンスはわかるんですけれど、試合ごとに役割がコロコロ変わっているような印象ですよね。

日立の菅野剛士は相変わらずの豪打ですね!
大学時代から無茶苦茶な安打製造機で、個人的に明大4年時では高山俊よりも上だと思っていました。大学時代から社会人にかけて彼をいつ見てもマルチ安打放っている印象しかないですね。
ただ同時にプロが好んだ高山とは対照的にプロとは縁のなさそうな万年ドラフト候補に陥るタイプにも思えてですね…(苦笑)。最近はNPBの社会人選手の好みが変わったというかひと昔前だったら社会人の名選手で終わるような選手が割と多く指名されているので、ドラフト候補には違いないでしょうが。

あ、あと貴美男も相変わらず元気そうでなによりです(笑)。最近は鷺宮の怪鳥が社会人ファンの話題になりやすいですから負けずに叫んで欲しいですねー

それにしても日立が最後、鈴木康平出すんだったらENEOSも鈴木出せばよかったのにとちょっと思いましたわ。
鈴木健矢に関してはほぼ間違いなくドラフト候補でしょうから、今年の残りと来年の彼がENEOSにどれだけ貢献するピッチングをするのか注目しているところです。

こんな記事も読みたい

9/2・3 岐阜学生野球リーグ 朝日大、中部学院大、岐阜大【井戸掘り野球観戦記】

【硬式野球部】首都大学秋季リーグ戦 第1週 対明星大【東海スポーツ】

今日の巨人戦、現場と裏方で群馬県人活躍!【倉俣監督BLOG】

ブロガープロフィール

profile-iconhonmakaina914

主にサッカー・野球・長距離等を書いています。普段は大学野球多め、たまに高校野球も取り扱う感じのアマ野球中心の備忘録。プロ野球もたま~に見るけどドラフト関連が少々多いかも。サッカーは気が向いたら書くスタンス。テニスは昔やっていたものの、今はもっぱら見る専。長距離はある時期が来たら投稿が増えます。

不定期ですが、とりあえず感じたことを書いていこうかと。よろしくお願いします。

■ファンサカ
★mini
2012年度 全国リーグ
札幌FC 
年間813位

2013年度 全国リーグ
札幌FC
年間168位

2014年度 プロリーグ
札幌FC
年間328位

2015年度 全国リーグ
札幌FC
年間300位

2016年度 プロリーグ
札幌FC
年間288位

2017年度 プロリーグ
札幌FC
年間351位

■観戦歴
△サッカー:94年W杯のイタリアを見て自身もサッカーをやり始める。各代表、ユース年代など。関東住みの今でもコンサドーレファン。

△野球:1995年の夏2回戦、旭川実業と鹿児島商業の乱打戦からのミラクル旭実に魅せられて以来、高校野球にどっぷりはまる。高校野球、大学野球、社会人野球など。

△フットサル:2012年は北海道、町田、府中、湘南など観戦。2013年は町田や府中の体育館で試合を撮ることも。好きな選手はGKイゴール。

△陸上:藤田敦史や神谷伸行の代からの駒澤ファン。最近は宇賀地強と村澤明伸のデットヒートが見られた第41回全日本大学駅伝が印象に残っている。

●好きな選手
■サッカー
△海外
ロベルト・バッジオ(元・イタリア代表)
ファン・ロマン・リケルメ(元・アルゼンチン代表)
カルロス・バルデラマ(元・コロンビア代表)
ビセンテ・ロドリゲス(元・スペイン代表)

△日本
乾貴士(エイバル)
清武弘嗣(セビージャ)
今野泰幸(ガンバ大阪)
奈良竜樹(川崎)

△コンサドーレ
宮澤裕樹
深井一希

■野球
△野手
高須洋介(金沢高-青山学院大-近鉄-元・楽天)
渡辺直人(牛久高-城西大-三菱ふそう川崎-楽天-横浜-西武)
西川遥輝(智弁和歌山高-日本ハム)
北道貢 (駒大岩見沢高-駒澤大-NTT東日本)

△投手
伊藤智仁(花園高-三菱自動車工業京都-元・ヤクルト)
西口文也(県和歌山商業高-立正大-元・西武)
武田勝 (関東第一高-立正大-シダックス-元・日本ハム)

■テニス
△海外
アンドレ・アガシ
ロジャー・フェデラー

△日本
鈴木貴男
錦織圭

ふつつか者ですがよろしくお願いします。

■インスタグラム
https://www.instagram.com/nk411456/
  • 昨日のページビュー:822
  • 累計のページビュー:17989725

(11月23日現在)

関連サイト:Twitter/NK/marmarmorimori

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 少し早い2015年高校生のドラフト候補や注目選手。そして、2015年度の中心となる高校は・・・。
  2. 2016年度の高校生注目選手。そして、2016年度の中心となる高校は・・・。
  3. 2015ドラフト上位24人予想と2016年のドラフト候補達
  4. 2015年ドラフト雑感と2016年のドラフト候補達
  5. 2016年ドラフト雑感と2017年のドラフト候補達
  6. スポーツ報知が挙げた2014ドラフト候補一覧(高校生編)
  7. 第97回全国高校野球選手権小ネタ(出場校と注目選手・選手権出場選手の12球団ジュニアトーナメント経験者・18U世界選手権日本代表予想など)
  8. センバツ候補校と第44回明治神宮大会組み合わせなど
  9. 2016ドラフト上位24人予想と2017年のドラフト候補達
  10. 高校時代の世代最強の投手&野手は誰だ?(1993~1997年生まれ編)

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss