北のお部屋

2017年東都大学野球フレッシュトーナメント2回戦(拓殖大×東洋大 國學院大×日本大 中央大×立正大)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2年連続で東都の新人戦へ。人が少ないのなんのでしたね(苦笑)。でも、こういう東都の雰囲気は好きで、秋シーズン始まるんだなぁとしみじみ。フレッシュトーナメントと名称を変えましたが、某六大学への対抗心なのかどうかは聞かない方が良いでしょう、はい。まあ、フレッシュと言いながらリーグ戦で3割打ってる打者や、主力で投げてる投手が出てるのも個人的にはどうなんだ?と思いましたが、怪我とか各チーム事情も違いますし、勝ちにいって経験を積みたいんだという事で納得したいと思います。第4試合も見たかったですが、時間もアレでしたし・・。亜細亜大の平内龍太(1年・神戸国際大付)が先発するならちょっと考えましたが、しなかったので・・。ただ、その平内が最後投げて149㌔出していたという話なので、これはリーグ戦で見ないとあかんなぁと。駒澤の上野翔太郎(2年・中京大中京)も未だ縁がないのでねぇ・・。もうこれはOP戦行けという事かな。


■東都FT 17/8/30 神宮球場 ●第一試合 拓殖大 003 000 001=4 H11 E0 000 000 010=1 H 4 E1 東洋大 拓:諸本、田中、市川-横尾、松原 東:内池、野木-小峰、小野田 本塁打 山本(東) 二塁打 謝名堂、藤家、川竹、照屋(拓)

【3回表】1番照屋が四球、2番謝名堂、3番佐々木がライトへのヒットで出塁し、1死満塁とすると、4番野村(工)のレフトへのタイムリーヒットで2点。5番大北の打球をセカンドが捕球エラーし、1点。この回3点。 【8回裏】1番山本のライトへのソロホームランで1点。 【9回表】1番照屋がセンターへの2ベースヒットで出塁し、2死2塁とすると、2番代打内村のライトへのタイムリーヒットで1点。

スコア

■スタメン ■結果


第一試合は拓殖が序盤に取った3点を活かし逃げ切った形に。拓殖の先発・諸本峻明(1年・岡谷南)がMAX139㌔の速球と緩い変化球との緩急で東洋打線を5回無安打と上手くかわしました。これはこの試合の主将でもあった横尾宜甫(2年・作新学院)のリードの上手さが光っていましたけども、恥ずかしながら諸本の存在を初めて知りましたし、高校自体そこまで有名でない中でそれなりに人数のいる拓殖で1年から抜擢されるのは余程期待されてるんだなと。昨年の長野県でも好投手の一人として注目されていたとか。これからに期待ですね。 ■諸本 ■横尾 打線では1番照屋雄大(2年・松山聖陵)、2番謝名堂陸(2年・PL学園)、3番佐々木翼(2年・八王子)がそれぞれ2安打とスイング・打球の鋭さが目立ちました。佐々木はリーグ戦でも元々中軸打ってますから、このレベルだと違いますね。苗字が高校時代から気になっていた謝名堂も体格はそれほど目立つわけではないですが、反応・キレの良いスイングは印象に残りましたね。さすがにPL。1年で4番の野村工(1年・日本航空石川)は野村勇(3年・寒川)の弟ですけども、こちらもリーグ戦ではレギュラーで出ており腕っぷしの強いスイングは今後楽しみな存在だなぁと。 ■謝名堂 ■佐々木 ■野村 一方の東洋は高2の北関東選抜以来に見た内池翔(1年・桐生第一)がMAX134㌔ながらキレの良いスライダーで三振を取ってもいましたけども、やっぱり球威・球速不足は否めず、拓殖打線に掴まりました。因みにAチームはこの日慶應大と試合していたので、主力の1年はそっちに取られていたらしく、一応番号登録されていた納大地(1年・智辯学園)はそっちに行っていた模様ですね。2番手の野木海翔(2年・九州国際大付)はMAX139㌔ながら鋭く落ちる変化球を駆使して、5回1失点と役割は果たしていただけに4安打に終わった打線は・・、御大いなかったから良かったですが、怒られそうな内容でしたね(苦笑)。打者では昨夏作新学院を優勝に導いた山本拳輝(1年・作新学院)は守ってはファインプレー、打ってはホームランと力を見せていましたし、4番山田知輝(2年・桐生第一)、5番堀北彰人(2年・龍谷大平安)あたりは力を見せていましたが、山田はいつまで二刀流続けるんかなぁと・・。山田の場合、現状野手の方がチャンスありそうですけどね。 ■内池 ■野木 ■山本 ■山田

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:
國學院大
佐々木勝哉
竹井丈人
平澤文太
水谷康希
山本大貴
谷脇亮介
上出拓真
中山遥斗
鎌仲純平
山本拳輝
内池翔
佐々木翼
謝名堂陸
諸本峻明
立正大
中央大
日本大
東洋大
拓殖大

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2017年東都大学野球フレッシュトーナメント2回戦(拓殖大×東洋大 國学院大×日本大 中央大×立正大)

フムフム様>

いらっしゃいませ。

それは全部高校野球ですね(爆)。高校野球も序盤戦は全然観客はいないので、見やすいっちゃ見やすいのですが、客の質はやっぱり変わりますね・・。

横尾は元々強肩に加え、作新で磨かれたリード力もあるのでわかるのですが、諸本はさすがの私も良い意味で想定外というか。来年は金津と共にエース格になってるかもなぁというくらいには期待できる投球でしたね。岸はまあ・・。厳しいでしょうね。

國學院→大阪桐蔭ルートも最近確立されてきましたが、中山遥斗はプレーを見たら使いたくなるのもわかりますねぇ。諸見里兄がいなければ春からもっと出ていてもという感じを受けましたし、彼は今後追い続ける価値がある選手だと思います。鎌仲は順調だと思います。というかもう木製でもガンガン深い打球飛ばしまくっていたので、レギュラーもすぐそこかもですね。

投手陣に関してはまあ何とも・・^^; この秋も山岡におんぶにだっこかなという感じですし、清水、山口が復帰してくれないとしんどそうだなぁと。制球・変化球の完成度がそこそこ高く、大学で伸びた選手でいうと今回の上出みたいな形になるのでしょうね。新人はみんな技巧派多いなぁという印象でしたし、大学1年が大半だった事もあり、これから一冬越えての成長を待つ感じですね。どの投手も高校時代はエースで投げまくってるはずなので、じっくり体を作る期間はやはり必要だと思います。

2017年東都大学野球フレッシュトーナメント2回戦(拓殖大×東洋大 國学院大×日本大 中央大×立正大)

人が少ないのは良いことですよ(笑)。
結局、試合の前の日から泊まり込みで球場の入り口に並ぶなとか、撮影禁止とか、タオル回すなとか、全部人間が多くなるから発生したり問題になったりするわけで、人が少ない方が落ち着いていて私も好きです。

拓大の諸本‐横尾のバッテリーはいいですね。
納大地らがいないとはいえ東洋大のラインナップもなかなかのものですから、ここを抑えられるのは大したもの。最近の拓大は岸潤一郎が退部?など暗い話題があっただけに希望の星となってほしいです。

今年の東都全校の新入生の中でもトップクラスのスターが國學院の中山遥斗だと個人的に思っていましたが、実際に大物感が漂っているようで、これは國學院のレギュラー取りさえも通過点に過ぎず、彼には大学日本代表クラスの期待ができそう!
最近の國學院の野手はスカウティング&育成どちらも順調な感じですね~鎌仲もその流れにぜひとも乗っかって欲しいところです。

対して國學院の投手陣はいい選手を取ってきているはずなのに思ったほどうまくいかないというか、吉村なんて公式戦でもこのフレッシュトーナメントでも同じような失点をしているというのが、なんだかな~って思ってしまいます。まぁ2年生なんでまだ時間はありますけど。
それをふまえてか、素晴らしい真っ直ぐを誇る高校生投手をとってきて大学で制球や変化球を鍛えれば…という方針から、制球や変化球の完成度が比較的高い高校生を取ってきて大学でパワーやスピードを伸ばそうという方向性へシフトしているのかもしれませんね。

こんな記事も読みたい

現実の厳しさ【倉俣監督BLOG】

2017年度駅伝シーズンに向けて~駒澤大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

チーム紹介① ~青山学院大学(2010~2013)~【気ままなバスケブログ~基本シーホース、たまにNBA~】

第43回社会人野球日本選手権代表チーム予想〜関東・四国・中国・北海道〜関東代表は、トータル11チーム【ゆきちのすぽーつこらむ】

野球を通じて世界に触れると・・・ 【倉俣監督BLOG】

2017年度駅伝シーズンに向けて~法政大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

8/29 <ユニバーシアード 2017> 日本 vs. フランス【POOH - San の蹴球見聞録】

才能だけならNO1【気ままなバスケブログ~基本シーホース、たまにNBA~】

ブロガープロフィール

profile-iconhonmakaina914

主にサッカー・野球・長距離等を書いています。普段は大学野球多め、たまに高校野球も取り扱う感じのアマ野球中心の備忘録。プロ野球もたま~に見るけどドラフト関連が少々多いかも。サッカーは気が向いたら書くスタンス。テニスは昔やっていたものの、今はもっぱら見る専。長距離はある時期が来たら投稿が増えます。

不定期ですが、とりあえず感じたことを書いていこうかと。よろしくお願いします。

■ファンサカ
★mini
2012年度 全国リーグ
札幌FC 
年間813位

2013年度 全国リーグ
札幌FC
年間168位

2014年度 プロリーグ
札幌FC
年間328位

2015年度 全国リーグ
札幌FC
年間300位

2016年度 プロリーグ
札幌FC
年間288位

2017年度 プロリーグ
札幌FC
年間351位

■観戦歴
△サッカー:94年W杯のイタリアを見て自身もサッカーをやり始める。各代表、ユース年代など。関東住みの今でもコンサドーレファン。

△野球:1995年の夏2回戦、旭川実業と鹿児島商業の乱打戦からのミラクル旭実に魅せられて以来、高校野球にどっぷりはまる。高校野球、大学野球、社会人野球など。

△フットサル:2012年は北海道、町田、府中、湘南など観戦。2013年は町田や府中の体育館で試合を撮ることも。好きな選手はGKイゴール。

△陸上:藤田敦史や神谷伸行の代からの駒澤ファン。最近は宇賀地強と村澤明伸のデットヒートが見られた第41回全日本大学駅伝が印象に残っている。

●好きな選手
■サッカー
△海外
ロベルト・バッジオ(元・イタリア代表)
ファン・ロマン・リケルメ(元・アルゼンチン代表)
カルロス・バルデラマ(元・コロンビア代表)
ビセンテ・ロドリゲス(元・スペイン代表)

△日本
乾貴士(エイバル)
清武弘嗣(セビージャ)
今野泰幸(ガンバ大阪)
奈良竜樹(川崎)

△コンサドーレ
宮澤裕樹
深井一希

■野球
△野手
高須洋介(金沢高-青山学院大-近鉄-元・楽天)
渡辺直人(牛久高-城西大-三菱ふそう川崎-楽天-横浜-西武)
西川遥輝(智弁和歌山高-日本ハム)
北道貢 (駒大岩見沢高-駒澤大-NTT東日本)

△投手
伊藤智仁(花園高-三菱自動車工業京都-元・ヤクルト)
西口文也(県和歌山商業高-立正大-元・西武)
武田勝 (関東第一高-立正大-シダックス-元・日本ハム)

■テニス
△海外
アンドレ・アガシ
ロジャー・フェデラー

△日本
鈴木貴男
錦織圭

ふつつか者ですがよろしくお願いします。

■インスタグラム
https://www.instagram.com/nk411456/
  • 昨日のページビュー:822
  • 累計のページビュー:17989725

(11月23日現在)

関連サイト:Twitter/NK/marmarmorimori

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 少し早い2015年高校生のドラフト候補や注目選手。そして、2015年度の中心となる高校は・・・。
  2. 2016年度の高校生注目選手。そして、2016年度の中心となる高校は・・・。
  3. 2015ドラフト上位24人予想と2016年のドラフト候補達
  4. 2015年ドラフト雑感と2016年のドラフト候補達
  5. 2016年ドラフト雑感と2017年のドラフト候補達
  6. スポーツ報知が挙げた2014ドラフト候補一覧(高校生編)
  7. 第97回全国高校野球選手権小ネタ(出場校と注目選手・選手権出場選手の12球団ジュニアトーナメント経験者・18U世界選手権日本代表予想など)
  8. センバツ候補校と第44回明治神宮大会組み合わせなど
  9. 2016ドラフト上位24人予想と2017年のドラフト候補達
  10. 高校時代の世代最強の投手&野手は誰だ?(1993~1997年生まれ編)

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss