北のお部屋

2017年埼玉県南部地区夏季新人戦(埼玉栄×浦和西)

このエントリーをはてなブックマークに追加

■埼玉県夏季新人戦 2017/8/15 市営浦和

●第一試合 埼玉栄 007=7 H3 E0 000=0 H0 E0 浦和西 雨天ノーゲーム 栄:米倉-渡部 西:中村、宮-福田 本塁打 鈴木(栄)

3回表 0アウト1,2塁 4番鈴木のレフトへの3ラン、9番鶴見のレフトへの2点タイムリー、3番海崎、4番鈴木の連続押し出しで計7点。 ■スタメン


本格的な秋観戦の開幕です。甲子園?知らないなぁ。というわけで、2週間ぶりの観戦となりましたが、まさか同じ市営浦和でまた雨天ノーゲームになるとは思わなんだ・・。 せっかくのお盆休みなのにこのまま野球観戦出来ずに終わるのもアレだなぁと思ったので、今日も雨の予報は知っておりましたがそれも覚悟の上で市営浦和に繰り出したわけですが・・。また雨とかね。デジャヴなのか祟られてるのかななんて考えてしまいますが、収穫がなかったわけではありません。もう個人的には甲子園モードから離れて来年の選手を探したりしてる段階で、大学生なら3年以下、社会人なら見てない選手という感じで来年モードに切り替わってますけども・・、埼玉栄を見るのは2年前の新人戦以来でしたし、ここで先に見とかないとまた見れないかもなぁなんて思ったものですから・・。

その選手というのが埼玉栄のエース・米倉貫太(2年)。 週べ選手権埼玉号にて若生正廣監督曰く「日本の高校生で一番、きれいなフォーム」とほれ込むほどの逸材で、若生監督からすると東北時代のダルビッシュ有(ドジャース)以来の投手ではとも。最近は県大会所か、地区予選で敗退する事ばかりで夏も初戦敗退(これは本庄東・桐敷が良すぎた)という状態なので、素直に「はい、そうですね」と言えないのが正直な所ですが・・。それでも米倉のフォームは美しさという点では確かにそうかもしれないと感じました。というより185・84と大柄なのにも関わらず、動きにもっさり感を一切感じさせない所は注目されるだけの事はあるなと。ボール的にも7月に見た松澤海渡(帝京2年)と比べても同等か、若干米倉の方が勝っていそうなくらいです。似てるとするなら先日甲子園で148㌔を投げサプライズをおこした阪口皓亮(北海)とかあの感じですね。当の阪口も昨年の国体ではMAX138㌔でしたし、無駄のないフォーム・長身・パワー含めても似てる感じはあります。歯止めが利かず打たれる所も(爆)。北海は伝統的に長身の本格派右腕を育てるのは上手いチームですし。

私もテレ玉で昨夏に米倉の投球はちょろっと見ていましたが、昨秋の段階で見に行きたいなぁと思っていたのですけども昨秋・今春と県大会に進めず夏も上記通り。埼玉に住んでいるのにこんなに観戦縁ないんだなと嘆き節でしたが、今日実際に見た感想は、雨の中でも変化球がすっぽ抜けても、140㌔前後は出ていそうなストレートに張られてファウルで粘られても全く動じない所に可能性を少々感じました。今日は雨の中だったので、直球とスライダーくらいしか投げていない印象でしたし、思ったより空振り取れずでしたが、3回を三振1、四球1に抑えてという内容は雨の中で下がぬかるんでる事も含めれば悪くない内容だったかと。因みに上でスカウトらしき方がいましたが、この段階からもう張っているんだなと思うとなかなか見れない投手だからというのもあったのでしょうね(高そうなスピードガンもあったのでおそらくは・・)。個人的には来年と言わず、秋には関東デビューして名を全国に知らしめてほしいくらいの素材です。後は公式戦でほぼ勝っていないので1つ1つの登板でより自信を積み重ねてほしい、それだけですね。上をいきなり見るよりまずはこのチーム1戦1戦かと。埼玉って意外と甘くないんですよね・・。 打者では四死球3つで打つ所を見れなかった3番海崎雄太(2年)ですけども、 打席内の雰囲気とても持っていて良い打者だなというのが伝わってきました。彼もまた1年夏から1番を打ち2学年上の川越東・星野裕帆(三菱自動車岡崎)からライトオーバーの長打を放つなどセンスを感じていましたが、今日も守備で足場の悪い中でも鋭いライナーをジャンプ一番でキャッチし流れを切った所には「ああ、これ良い選手だわ」感がプンプンでしたね。177・70という体格からしても長身細身ですしね。周りの体格が軒並み180cm前後ながら打った瞬間わかるレフトへの3ランを放った170cmの4番鈴木貴大(2年)や、旧チームまで4番を打つ事が多いながら2番・捕手という重要ポジションを任せられた渡部壮大(2年)などタレントは間違いなく来年の埼玉でも目玉のチームかなと。でも、来年の南埼玉激戦なんですよね・・。 ■鈴木 ■渡部

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:
若生正廣
中村太一
海崎雄太
鈴木貴大
渡部壮大
米倉貫太
浦和西
埼玉栄

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2017年埼玉県南部地区夏季新人戦(埼玉栄×浦和西)

フムフム様>

いらっしゃいませ。

本音は甲子園行きたいなんて言い出せません・・(爆)。近場しか行かない人間ですし、その甲子園に出た選手を関東で見られる環境で十分だよなとも。神宮大会もありますしね。雨はホントにしんどいですし、関東選抜も中止・・。9月以降どう観戦するかかなり悩ませられています・・。

何か風張・玉井の時と状況は似てるかもですねぇ。相手の浦和西の投手がボールボーイにボール渡す際も暴投してしまったのに対し、米倉は平然と多少すっぽ抜けながらも落ち着いて投げていたのには流石だなぁと感じました。1年春から英才教育施す程の素材なので、仮に甲子園出られなくてもその内、上のレベルで彼の名前を聞く日が来るだろうと思います。ドラフトライターの某O関先生や某A倍先生より先取りしちゃおうと考えていたのは内緒ですが(爆)。

若生さんにとっては苦しい時期が続いてますし、何よりシニアでも結果残した選手たちが集まってきてるので正直な所、雑音が鳴り響いてもおかしくない状況だと思いますので、ホントに勝負の年ですね。米倉以外にも良い左腕がいますので、投手力に関しては十分な所ですけど打線の力がまだ体格に見合わない感じではありますね・・。来夏は浦学、聖望と一緒ですからこれらを越えていかねばなりませんので、まずはこの秋に県大会切符を確実に掴んで彼らと戦える所までは勝ち上がってほしいものです。

2017年埼玉県南部地区夏季新人戦(埼玉栄×浦和西)

都道府県大会こそが本番であって甲子園って何?というのが真の高校野球ファン(笑)、さすがです。

しかしながら関東の方は8月に入ってからひたすら雨…辛いところですね。先週はずっと天気がぐずついていた北海道は今週になって晴れ間が出てきたのでまだ恵まれているのですが。

こういう悪条件の中でも落ち着いているという米倉は将来が凄く楽しみですね。
全く関係ない私事の話で申し訳ないのですが、私が数年前に大学選手権で東京農大オホーツクの試合を観戦していた時、その試合も雨の悪天候で将来を嘱望されていた風張蓮も不安定なピッチングだったのに対し、同じ試合でマウンドに上がっていた玉井大翔の方はあまり動じていなかったので、例えポテンシャルは風張の方が上でも玉井の方がむしろ見所あるのでは?と思ったことがありました。
米倉に至っては名将・若生監督がエースと見込んだ185cm84kgの投手とポテンシャル面でも文句が無いわけですからこれはもう完璧、将来の成功が約束されたようなものですわ。

しかしその名将・若生監督の各地を渡り歩いた高校野球監督人生において、もしかして最も苦しい地区かもしれませんね埼玉は。
米倉を擁していても勝ち上がれるイメージが全く見えてこないというか…
今日、花咲徳栄の甲子園の試合をちょうどテレビで見ていたんですけれど彼らはもう強さの次元が違いますし、それに加えて王者・浦学に春日部共栄や聖望学園等々ひしめいている地区ですからねぇ。

こんな記事も読みたい

2017 夏甲子園 / 勝敗予想 II / 二戦目以降 【ネットの時代 - 言いたいことをありがたく発信させて頂きます- 】

繰り返された過ち・・・・・ 高岡商業vs東海大菅生【素人のざれごと ~思いつくまま~】

2017 夏甲子園 / 答え合わせ【ネットの時代 - 言いたいことをありがたく発信させて頂きます- 】

2017夏の甲子園 第7日【スポーツ えっせい】

第99回選手権・第6日の4試合【高校野球観戦日記】

2017夏の甲子園 第6日【スポーツ えっせい】

2017夏の甲子園 第5日【スポーツ えっせい】

第99回選手権・第5日の3試合【高校野球観戦日記】

ブロガープロフィール

profile-iconhonmakaina914

世代は野球ではダルビッシュ有・涌井秀章・森福允彦、サッカーは本田圭佑・長友佑都・岡崎慎司、長距離は佐藤悠基・竹澤健介・川内優輝。主にサッカー・野球・長距離等を書いています。普段は大学野球多め、たまに高校野球も取り扱う感じのアマ野球中心の備忘録。プロ野球もたま~に見るけどドラフト関連が少々多いかも。サッカーは気が向いたら書くスタンス。テニスは昔やっていたものの、今はもっぱら見る専。長距離はある時期が来たら投稿が増えます。

不定期ですが、とりあえず感じたことを書いていこうかと。よろしくお願いします。

■ファンサカ
★mini
2012年度 全国リーグ
札幌FC 
年間813位

2013年度 全国リーグ
札幌FC
年間168位

2014年度 プロリーグ
札幌FC
年間328位

2015年度 全国リーグ
札幌FC
年間300位

2016年度 プロリーグ
札幌FC
年間288位

2017年度 プロリーグ
札幌FC
年間351位

■観戦歴
△サッカー:94年W杯のイタリアを見て自身もサッカーをやり始める。各代表、ユース年代など。関東住みの今でもコンサドーレファン。

△野球:1995年の夏2回戦、旭川実業と鹿児島商業の乱打戦からのミラクル旭実に魅せられて以来、高校野球にどっぷりはまる。高校野球、大学野球、社会人野球など。

△フットサル:2012年は北海道、町田、府中、湘南など観戦。2013年は町田や府中の体育館で試合を撮ることも。好きな選手はGKイゴール。

△陸上:藤田敦史や神谷伸行の代からの駒澤ファン。最近は宇賀地強と村澤明伸のデットヒートが見られた第41回全日本大学駅伝が印象に残っている。

●好きな選手
■サッカー
△海外
ロベルト・バッジオ(元・イタリア代表)
ファン・ロマン・リケルメ(元・アルゼンチン代表)
カルロス・バルデラマ(元・コロンビア代表)
ビセンテ・ロドリゲス(元・スペイン代表)

△日本
乾貴士(エイバル)
清武弘嗣(セビージャ)
今野泰幸(ガンバ大阪)
奈良竜樹(川崎)

△コンサドーレ
宮澤裕樹
深井一希

■野球
△野手
高須洋介(金沢高-青山学院大-近鉄-元・楽天)
渡辺直人(牛久高-城西大-三菱ふそう川崎-楽天-横浜-西武)
西川遥輝(智弁和歌山高-日本ハム)
北道貢 (駒大岩見沢高-駒澤大-NTT東日本)

△投手
伊藤智仁(花園高-三菱自動車工業京都-元・ヤクルト)
西口文也(県和歌山商業高-立正大-元・西武)
武田勝 (関東第一高-立正大-シダックス-元・日本ハム)

■テニス
△海外
アンドレ・アガシ
ロジャー・フェデラー

△日本
鈴木貴男
錦織圭

ふつつか者ですがよろしくお願いします。

■インスタグラム
https://www.instagram.com/nk411456/
  • 昨日のページビュー:4695
  • 累計のページビュー:17758440

(09月25日現在)

関連サイト:Twitter/NK/marmarmorimori

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 少し早い2015年高校生のドラフト候補や注目選手。そして、2015年度の中心となる高校は・・・。
  2. 2016年度の高校生注目選手。そして、2016年度の中心となる高校は・・・。
  3. 2015ドラフト上位24人予想と2016年のドラフト候補達
  4. 2015年ドラフト雑感と2016年のドラフト候補達
  5. スポーツ報知が挙げた2014ドラフト候補一覧(高校生編)
  6. 2016年ドラフト雑感と2017年のドラフト候補達
  7. 第97回全国高校野球選手権小ネタ(出場校と注目選手・選手権出場選手の12球団ジュニアトーナメント経験者・18U世界選手権日本代表予想など)
  8. センバツ候補校と第44回明治神宮大会組み合わせなど
  9. 2016ドラフト上位24人予想と2017年のドラフト候補達
  10. 高校時代の世代最強の投手&野手は誰だ?(1993~1997年生まれ編)

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss