北のお部屋

2017年東都大学野球1部春季第7週(國學院大×亜細亜大 中央大×専修大)

このエントリーをはてなブックマークに追加

●東都1部 17/5/17 神宮 ●第一試合 亜細亜大 000 100 000=1 H8 E0 101 000 00x=2 H5 E0 國學院大 亜:中村稔、嘉陽、高橋遥-佐久本 國:山岡、宮内-横井 本塁打 横井(國)

【1回裏】1番山崎がセンターへのヒットで出塁、2番飯野のゴロで進塁し、2死2塁とすると、4番鹿屋のセンターへのタイムリーヒットで1点。 【3回裏】9番横井のレフトへのソロホームランで1点。 【4回表】6番高橋(優)がセンターへのヒットで出塁、7番山田が犠打で送り、1死2塁とすると、8番佐久本のセンターへのタイムリーヒットで1点。

■スタメン 結果


第一試合は優勝争いらしいヒリヒリした展開で良いゲームでした。國學院・山岡就也(3年・広島新庄)、亜細亜・中村稔弥(3年・清峰)の3年生同士のマッチアップ。 ■山岡 ■中村 初回から1番山崎剛(4年・日章学園)のセンター前がさく裂し、4番鹿屋陸(4年・星稜)のセンター前へのタイムリーで先制。さらに3回には9番横井佑弥(3年・大阪桐蔭)のレフトポール際に当たるソロで追加点。9番ですが、今季2本目で勝負強いですし長打力あるんですよねー。亜細亜も4回に8番佐久本一輝(2年・興南)のセンター前タイムリーで1点返すも、山岡が毎回ランナー出しながらも6回1失点と粘り、7回から3イニングをしのいだ宮内崇匡(4年・土浦日大)の好投もあり國學院が先勝しました。 國學院は試合を作れる山岡の「脱力」を学んだ投法が全てでしたね。4回も得点圏に進められ、四死球も4。どこかで大量点取られてもおかしくはない中での1失点の踏ん張りは内外野の守備の硬さもありますがお見事。MAXも141㌔でほとんどが130㌔中盤で変化球とのコンビネーションでここぞの場面でしか、強く投げない所は力任せに投げていた去年とは全く違う所ですね。実際に6試合43回2/3で防御率1.44が示す通りに安定した投球になってるのが何よりの証拠です。スカウトから見るとどう判断すればという所はあるかもですが、あれだけ高校時代速球とスライダーで押しまくっていた高校の先輩の田口麗斗(巨人)が投球スタイルを変えないと勝てないと悟ったくらいですから、実際にプロのローテを守ってる田口から助言を受けた山岡がここまで良い内容を示すのも当然なのかもしれません。本当に去年からは比べ物にならないくらい、國學院の「エース」になりましたね。 打線ではやっぱり山崎剛。 あんまり苦にしてる印象は今までもなかったですが、左腕は普通に打ちますね。構えは独特なのですが、自分の打てるポイントをたくさん持っていますし、今季四球はあまり選んでないですが元々選球眼も良いんですよね。後は諸見里匠(4年・沖縄尚学)との二遊間の安定感は投手陣を助けています。そして通算86安打と東都1部100安打までもう目の前ですね。 鹿屋も今季そこまで結果は出ていませんでしたが、彼のフルスイングが結構好きでねぇ。後、4番でありながら今季6盗塁を決めているように足で攻守に貢献している所は見逃せません。北村さんも鹿屋を見かけてニヤニヤしていましたね、はい。 亜細亜は中村が今季一番と言っても良いくらいの投球内容で2失点もホンの隙を見逃さなかった國學院を褒めるべきでしょう。捕手が頓宮から佐久本に代わったのもありますが、MAX144㌔の速球で押しまくり、要所ではスライダーが切れ、國學院も点を取ったイニング以外はほぼチャンスは作れませんでしたね。佐久本は昨秋も触れましたけども、やはり頓宮よりリード・肩は上なのかもですね。何より投手の投げやすいようなリズムを作るのも上手く、この日タイムリーを打ったようにバッティングも特に右打ちが上手いんですよね。こうなると秋は佐久本正捕手、頓宮ファーストで固まってきそうかなと思いますが、来年に向けてそれはどうなのかな?という所も個人的に複雑ではあります・・。 ■中村-佐久本バッテリー それでも勝てないのが今年の亜細亜というか、う~ん・・。チャンスもほぼ毎回ランナーを出せば犠打で送るパターンを繰り返し、二塁でプレッシャーをかけ続けましたが、山岡の成長度が勝りましたね。極めつけは9回に3番北村拓己(4年・星稜)がレフト前を放ち、ノーアウト1塁となり、打者は4番頓宮裕真(3年・岡山理大付)の場面で生田監督が選んだのは「送りバント」。 ■豪快に素振りをしてさあ、いくぞという所からの ↓ ■送りバント 正直、今季ここぞで打てている選手が北村か頓宮くらいなもので、この日2安打の頓宮にバントを命じた場面には「?」でしたね。山岡、宮内は明らかに勝負しにくそうに見えていたのでなおさら・・。信頼度といえばそれまでですが、今季の頓宮なら例えこの場面ゲッツーになったとしても、あいつなら仕方ないくらいの信頼は今季十分得てると思うのですが・・。 そして、試合前のノック補助をしていた高橋遥人(4年・常葉橘)が最後の一人を相手に登板し、141㌔、140㌔、142㌔の速球3つを投げアウトにした場面。投球練習でベンチから「自信もって腕振れー」の声がかけられた時、なんかくるものがありましたね・・。決して本来の出来とも言えないですが、秋に復活してもらいたい、その気持ちだけですね。昨秋の凄い投球を見ているだけに、こんなもんじゃないでしょ?と言いたくなるくらい凄い力を持っていますので。秋に期待です。 ■高橋

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:
秦匠太朗
上野南斗
堀田竜也
高橋礼
金沢龍介
五十嵐滉希
吉田叡生
内山京祐
鍬原拓也
高橋遥人
頓宮裕真
北村拓己
鹿屋陸
山崎剛
中村稔弥
山岡就也
専修大
中央大
亜細亜大
國學院大

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2017年東都大学野球1部春季第7週(國學院大×亜細亜大 中央大×専修大)

フムフム様>

その山岡も2戦目は打ち込まれてしまいましたけどね・・(残念)。國學院の投手陣は全体的に四死球出すので、基本は紙一重状態で鉄壁の内野陣のおかげで勝てているのもあるのが現状かなと。宮内も去年はそこまで四死球出してた印象もないのですが難しいもので・・。山岡は今の脱力投法で疲弊は軽減されるでしょうが、もう少し球威を出せればという所ですね。

今の鍬原を見たらきっとフムフム様びっくりするという事だけは言っておきます(爆)。それくらい進化しているのですが、2番手以降は國學院同様にアレですね・・。喜多川あたりは出てきそうですが、伊藤の怪我はなんだかんだ痛いでしょう。この日はある意味中央らしい野球だったのは内緒です(爆)。

亜細亜に関してはこれが伝統なのでしょうというしか・・。でも、頓宮に打たせないと勝てないだろうと思っていたので案の定でした。中村は持ち直した方だと思いますが、高橋がここまで崩れるとは正直思っていなかったです。元々投球センスに秀でたタイプではないので、崩れるともろい面もありましたけどもやはり4年生シーズンというのは意識してしまうのでしょうね。嘉陽はまあ・・、ある意味高橋より厳しい状態な気がします。

2017年東都大学野球1部春季第7週(國學院大×亜細亜大 中央大×専修大)

國學院の山岡はさすがですね~
私がGW中に観戦しに行ったときの國學院には、山岡以外の酷いの(爆)しか見させてもらえなかったので、うらやましいです。宮内もそのときは良くなかったしぃ…
山岡は後は、全ての試合で先発完投できるようになればもう完璧ですね。今年にやってしまうと消耗が心配ということもあって、そこは来年ドラフト直前に期待といったところでしょうか。

そういえば中大の鍬原も私、酷いのしか見せてもらえなくて…ドラフト上位候補の名にふさわしいエース鍬原が見られてうらやましいです。
あっ、いえnobさんは数多く足を運んでおられるので悪い鍬原の方も何度も見せられていましたよね、失礼しました(笑)。

マルチ安打の4番頓宮であってもバントが亜大のアイデンティティですから(汗)。
投手に東浜やら山崎やらがいた時代ならこれが相手に相当なプレッシャーとなっていたものですが、基本亜大戦術は2~3点差でもつけられようものなら苦しいところありますから…この試合の中村稔の投球でさえも生田監督に説教食らってくるかもです(苦笑)。
それは冗談としても、高橋遥にしても中村稔にしてももう少しやれると思っていたのですが、なかなかうまくいかないものですね。

こんな記事も読みたい

正論って恵まれている奴が振りかざす贅沢 札幌学生野球2017春季~星槎道都大×札幌大 第2戦【僕の中の大投手 諭】

女子卓球部・春季関東学生卓球リーグ戦前半戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

【BBCスカイホークス】玉子屋・菅原会長の講演会を実施しました☆【ベースボールコミュニケーション 野球ユースブログ】

JABA北海道東北大会 決勝トーナメントの試合結果・感想・写真【井戸掘り野球観戦記】

【湘南女子バレーボール部】相手に流れを引き寄せず、ストレート勝利!【東海スポーツ】

今年度のチーム力を左右するキーマンたち④【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【湘南男子サッカー部】関東大学リーグ2部(前期)第5節 早稲田大戦【東海スポーツ】

【硬式野球部】首都大学春季リーグ戦 第7週 桜美大 1回戦『ルーキー鮮烈デビュー&主砲の一撃』【東海スポーツ】

ブロガープロフィール

profile-iconhonmakaina914

主にサッカー・野球・長距離等を書いています。普段は大学野球多め、たまに高校野球も取り扱う感じのアマ野球中心の備忘録。プロ野球もたま~に見るけどドラフト関連が少々多いかも。サッカーは気が向いたら書くスタンス。テニスは昔やっていたものの、今はもっぱら見る専。長距離はある時期が来たら投稿が増えます。

不定期ですが、とりあえず感じたことを書いていこうかと。よろしくお願いします。

■ファンサカ
★mini
2012年度 全国リーグ
札幌FC 
年間813位

2013年度 全国リーグ
札幌FC
年間168位

2014年度 プロリーグ
札幌FC
年間328位

2015年度 全国リーグ
札幌FC
年間300位

2016年度 プロリーグ
札幌FC
年間288位

2017年度 プロリーグ
札幌FC
年間351位

■観戦歴
△サッカー:94年W杯のイタリアを見て自身もサッカーをやり始める。各代表、ユース年代など。関東住みの今でもコンサドーレファン。

△野球:1995年の夏2回戦、旭川実業と鹿児島商業の乱打戦からのミラクル旭実に魅せられて以来、高校野球にどっぷりはまる。高校野球、大学野球、社会人野球など。

△フットサル:2012年は北海道、町田、府中、湘南など観戦。2013年は町田や府中の体育館で試合を撮ることも。好きな選手はGKイゴール。

△陸上:藤田敦史や神谷伸行の代からの駒澤ファン。最近は宇賀地強と村澤明伸のデットヒートが見られた第41回全日本大学駅伝が印象に残っている。

●好きな選手
■サッカー
△海外
ロベルト・バッジオ(元・イタリア代表)
ファン・ロマン・リケルメ(元・アルゼンチン代表)
カルロス・バルデラマ(元・コロンビア代表)
ビセンテ・ロドリゲス(元・スペイン代表)

△日本
乾貴士(エイバル)
清武弘嗣(セビージャ)
今野泰幸(ガンバ大阪)
奈良竜樹(川崎)

△コンサドーレ
宮澤裕樹
深井一希

■野球
△野手
高須洋介(金沢高-青山学院大-近鉄-元・楽天)
渡辺直人(牛久高-城西大-三菱ふそう川崎-楽天-横浜-西武)
西川遥輝(智弁和歌山高-日本ハム)
北道貢 (駒大岩見沢高-駒澤大-NTT東日本)

△投手
伊藤智仁(花園高-三菱自動車工業京都-元・ヤクルト)
西口文也(県和歌山商業高-立正大-元・西武)
武田勝 (関東第一高-立正大-シダックス-元・日本ハム)

■テニス
△海外
アンドレ・アガシ
ロジャー・フェデラー

△日本
鈴木貴男
錦織圭

ふつつか者ですがよろしくお願いします。

■インスタグラム
https://www.instagram.com/nk411456/
  • 昨日のページビュー:1152
  • 累計のページビュー:17986698

(11月20日現在)

関連サイト:Twitter/NK/marmarmorimori

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 少し早い2015年高校生のドラフト候補や注目選手。そして、2015年度の中心となる高校は・・・。
  2. 2016年度の高校生注目選手。そして、2016年度の中心となる高校は・・・。
  3. 2015ドラフト上位24人予想と2016年のドラフト候補達
  4. 2015年ドラフト雑感と2016年のドラフト候補達
  5. 2016年ドラフト雑感と2017年のドラフト候補達
  6. スポーツ報知が挙げた2014ドラフト候補一覧(高校生編)
  7. 第97回全国高校野球選手権小ネタ(出場校と注目選手・選手権出場選手の12球団ジュニアトーナメント経験者・18U世界選手権日本代表予想など)
  8. センバツ候補校と第44回明治神宮大会組み合わせなど
  9. 2016ドラフト上位24人予想と2017年のドラフト候補達
  10. 高校時代の世代最強の投手&野手は誰だ?(1993~1997年生まれ編)

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss