北のお部屋

2017年東都大学野球2部春季第6週(青山学院大×国士舘大 立正大×駒澤大)

このエントリーをはてなブックマークに追加

●東都2部春季 17/5/8 大田 ●第一試合 国士舘大 001 000 000 001 00 =2 H 6 E2 010 000 000 001 01x=3 H11 E0 青山学院大 (延長14回) 国:椎野-山田知、弓削田 青:葛川-山田誠 本塁打 山田誠(青)丸山(国) 二塁打 浅井、前川(青)植村(国)

【2回裏】6番浅井がレフトへの2ベースヒットで出塁し、2死2塁とすると、7番遠藤のセンターへのタイムリーヒットで1点。 【3回表】1番高部が死球、2番植村の打席間に盗塁、植村がレフトへのヒットで出塁し、1死1・3塁とすると、3番丸山の犠飛で1点。 【12回表】3番丸山のレフトへのソロホームランで1点。 【12回裏】8番山田(誠)のレフトへのソロホームランで1点。 【14回裏】1番徳本が四球で出塁、2番吉澤(岳)の打席間に盗塁、キャッチャーの送球エラーで進塁し、無死3塁とすると、吉澤(岳)のセカンドへのヒットで1点。

■スタメン ■結果 スコア


第一試合はまさかの3時間46分という死闘に・・。青学・葛川知哉(4年・大阪桐蔭)、国士舘・椎野新(4年・村上桜ヶ丘)両エースの投げ合いとなりましたが、数字だけ見ると素晴らしい投手戦という見方もできるでしょうが、現地で見ていたら拙攻に次ぐ拙攻で・・。正直、9回までに青学4点くらい取って勝ってないといけない試合でしたが、そこは椎野の踏ん張りが大きかったです。 ■葛川 ■椎野 青学は葛川は今季3度目の延長を投げ、この日のストレートの球速自体もMAX140㌔とでほぼ130㌔台半ば。スライダー・シンカーなど左右の揺さぶりで4~11回までノーヒットに抑えるなど(というより国士舘が貧打すぎかも・・)、経験値の高さで抑えたものの調子自体は良くなかったですね。12回に国士舘大の主将・3番丸山雅史(4年・星稜)にレフトに叩きこまれた時には、そうなってもしゃーないよなぁなんて思いましたが、その裏に8番山田誠也(4年・敦賀気比)が椎野の甘い初球を一閃し打った瞬間のレフトへのソロで同点。 ■丸山 ■山田誠 その後9番前川直哉(3年・常葉菊川)の二塁打と敬遠でノーアウト1,2塁。これでサヨナラだろうと私以外の誰もが思う中、2番吉澤岳志(4年・常総学院)がバントするも3塁コースアウトで失敗。3番長野勇斗(3年・三重)、4番西村大樹(4年・聖光学院)もレフトフライ、ショートゴロに打ち取られ勝ち越せず・・。 ■吉澤のバント・・ これ以外に9回までに4度チャンスがあり、8回には満塁のチャンスも作りながら無得点と。結局、14回に12回にバント失敗した吉澤がセカンドがはじくサヨナラタイムリーを放つも、主将の顔も浮かばず。これじゃあ優勝も難しいよなぁという内容で、勝ちはしたものの葛川の苦労がふいになる所でした。去年から4,5回延長を投げているだけに、勤続疲労も見え隠れする中でよく投げていますね。 ■葛川にも疲労が・・ 国士舘は青学以上に攻撃力が・・。全員がバスターの構えしていれば、そりゃ長打も打てんよなぁという内容で。丸山のホームラン含む2打点以外では1番高部瑛斗(2年・東海大甲府)、2番植村真也(2年・神戸国際大附)の2安打くらい。去年のメンバーも多く残ってる中で、昨春同様2・3部入替戦に直行しそうな勢いですね・・。 ■高部 ■植村 エース椎野に関しては去年観戦してのも含めれば、今までで1番良い出来だったと思います。6四死球はあるもののうち2つが敬遠ですから、制球面での不安もなかったですし、何よりMAX144㌔と彼にしては球速も球威も出ており奪三振14も頷ける内容でした。1イニングにバット3本折った所を見たのは長い事観戦してきて初めてかもですねぇ、唯一勝てなかったのが残念でしょうが・・。 指名に関しては・・・、どうでしょうねぇ。195cmという角度から投げる投手は全国探しても多くないですし、これだけ「ピッチング」のできる長身投手は非常に稀少なので。見た事あるスカウトもこの日はかなり来ていましたし、ひょっとすると秋には・・あるかもですね。まあ、球威はつきましたが、スピードや変化球のキレはまだまだ物足りない部分はありますけども。 ■ホントにでかい

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:
若林楽人
米満一聖
酒井良樹
河津和也
青木健太
小畑尋規
東野龍二
鈴木友也
植村真也
高部瑛斗
吉澤岳志
山田誠也
丸山雅史
椎野新
葛川知哉
駒澤大
立正大
国士舘大
青山学院大

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

軟式野球部・東都学生軟式野球春季リーグ戦 対東洋大川越【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

【2017年1部リーグ第1節・松山大会①:織機v.s.誘電 ~ 誘電が危なげなく快勝。織機打線は藤田の前になすすべなし】【銀猫の女子ソフトボール観戦記】

野球、勉強、トレーニング【倉俣監督BLOG】

2017年度新体制~中央大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【湘南女子ハンドボール部】関東学生春季リーグ戦第4戦【東海スポーツ】

【湘南男子サッカー部】関東大学リーグ2部(前期)第4節 青山学院大戦【東海スポーツ】

バドミントン部・関東学生バドミントン春季リーグ戦対日体大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

2017年度新体制~国士舘大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

ブロガープロフィール

profile-iconhonmakaina914

主にサッカー・野球・長距離等を書いています。普段は大学野球多め、たまに高校野球も取り扱う感じのアマ野球中心の備忘録。プロ野球もたま~に見るけどドラフト関連が少々多いかも。サッカーは気が向いたら書くスタンス。テニスは昔やっていたものの、今はもっぱら見る専。長距離はある時期が来たら投稿が増えます。

不定期ですが、とりあえず感じたことを書いていこうかと。よろしくお願いします。

■ファンサカ
★mini
2012年度 全国リーグ
札幌FC 
年間813位

2013年度 全国リーグ
札幌FC
年間168位

2014年度 プロリーグ
札幌FC
年間328位

2015年度 全国リーグ
札幌FC
年間300位

2016年度 プロリーグ
札幌FC
年間288位

2017年度 プロリーグ
札幌FC
年間351位

■観戦歴
△サッカー:94年W杯のイタリアを見て自身もサッカーをやり始める。各代表、ユース年代など。関東住みの今でもコンサドーレファン。

△野球:1995年の夏2回戦、旭川実業と鹿児島商業の乱打戦からのミラクル旭実に魅せられて以来、高校野球にどっぷりはまる。高校野球、大学野球、社会人野球など。

△フットサル:2012年は北海道、町田、府中、湘南など観戦。2013年は町田や府中の体育館で試合を撮ることも。好きな選手はGKイゴール。

△陸上:藤田敦史や神谷伸行の代からの駒澤ファン。最近は宇賀地強と村澤明伸のデットヒートが見られた第41回全日本大学駅伝が印象に残っている。

●好きな選手
■サッカー
△海外
ロベルト・バッジオ(元・イタリア代表)
ファン・ロマン・リケルメ(元・アルゼンチン代表)
カルロス・バルデラマ(元・コロンビア代表)
ビセンテ・ロドリゲス(元・スペイン代表)

△日本
乾貴士(エイバル)
清武弘嗣(セビージャ)
今野泰幸(ガンバ大阪)
奈良竜樹(川崎)

△コンサドーレ
宮澤裕樹
深井一希

■野球
△野手
高須洋介(金沢高-青山学院大-近鉄-元・楽天)
渡辺直人(牛久高-城西大-三菱ふそう川崎-楽天-横浜-西武)
西川遥輝(智弁和歌山高-日本ハム)
北道貢 (駒大岩見沢高-駒澤大-NTT東日本)

△投手
伊藤智仁(花園高-三菱自動車工業京都-元・ヤクルト)
西口文也(県和歌山商業高-立正大-元・西武)
武田勝 (関東第一高-立正大-シダックス-元・日本ハム)

■テニス
△海外
アンドレ・アガシ
ロジャー・フェデラー

△日本
鈴木貴男
錦織圭

ふつつか者ですがよろしくお願いします。

■インスタグラム
https://www.instagram.com/nk411456/
  • 昨日のページビュー:1178
  • 累計のページビュー:18034276

(01月15日現在)

関連サイト:Twitter/NK/marmarmorimori

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 少し早い2015年高校生のドラフト候補や注目選手。そして、2015年度の中心となる高校は・・・。
  2. 2016年度の高校生注目選手。そして、2016年度の中心となる高校は・・・。
  3. 2015ドラフト上位24人予想と2016年のドラフト候補達
  4. 2015年ドラフト雑感と2016年のドラフト候補達
  5. 2016年ドラフト雑感と2017年のドラフト候補達
  6. スポーツ報知が挙げた2014ドラフト候補一覧(高校生編)
  7. 第97回全国高校野球選手権小ネタ(出場校と注目選手・選手権出場選手の12球団ジュニアトーナメント経験者・18U世界選手権日本代表予想など)
  8. センバツ候補校と第44回明治神宮大会組み合わせなど
  9. 2016ドラフト上位24人予想と2017年のドラフト候補達
  10. 高校時代の世代最強の投手&野手は誰だ?(1993~1997年生まれ編)

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss