北のお部屋

第72回JABA東京スポニチ大会(パナソニック×新日鐵住金鹿島 NTT東日本×JR九州 トヨタ自動車×日本新薬)

このエントリーをはてなブックマークに追加

■2017年スポニチ大会 2017/3/12 大田 ●第一試合 新日鐵住金鹿島 000 010 200 0 =3 H9 E1 110 010 000 1x=4 H6 E0 パナソニック 延長10回 10回から1アウト満塁のタイブレーク 新:玉置、佐藤僚、能間-片葺 パ:藤井聖、榎本、安部-三上 本塁打 法兼(パ) 三塁打 堀越(新) 二塁打 井上(パ)林、高畠(新)

1回裏 2アウト 3番法兼のセンター右へのソロ。 2回裏 0アウト1,3塁 7番佐藤のショートゴロの間に1点。 5回表 0アウト1,3塁 9番江藤のセンターへの犠飛。 5回裏 2アウト3塁 ワイルドピッチで1点。 7回表 2アウト1,3塁 4番高畠のセンターオーバーの2点タイムリー2塁打。 11回裏 3番法兼の右中間を破るサヨナラタイムリー。 ■スタメン ■結果


第一試合は藤井聖太(投・関西国際大)、玉置隆(投・阪神)の先発で始まった第一試合ですが、いきなり初回から動きます。 ■藤井 ■玉置 新人ながらパナソニックの3番・法兼駿(二・亜細亜大)のセンター右へのホームランで先制。実は法兼のホームラン、亜細亜時代含めても初めて見るものでして・・。大学時代のホームランは首位打者を取った3年秋の1本のみでしたから、そりゃ見ないわなと。しかも2試合連続ともなれば、憑き物が取れたかのような強打者っぷり。宮崎一斗(大阪ガス)や木浪聖也(Honda)、先輩の藤岡裕大、北村祥治(トヨタ自動車)を見ていても何か大学から解放されて能力が発揮されるというのが伝統になりそうな・・。昨日の松田宣浩(ソフトバンク)を見たら余計にね・・(苦笑)。 ■ホームランを放つ法兼 少しづつ得点するパナソニックですが、7回に住金鹿島の4番高畠裕平(一・日体大)のセンターオーバーのタイムリー2塁打で同点に追いつきます。 ■小さくガッツポーズの高畠 先発の玉置がホントにプロか?と思う程球が走らず、5回途中の降板。7回の高畠の同点打を引き寄せたのが2番手の佐藤僚亮(投・山形中央)。石川直也(日本ハム)の1年後輩にあたりますが、3年前の甲子園でも見せていたキレの良い速球とスライダーを軸に4回1/3を四球1のみノーヒットに抑え込む快投を見せます。速球もMAX146㌔まで出ており常時140㌔オーバーとパワーアップし、来年が非常に楽しみな左腕です。 ■好投の佐藤 パナソニックも2番手の榎本亮(投・佛教大)がMAX143㌔の速球を軸に粘り、試合は延長戦へ。ま~たタイブレークかという所で住金鹿島は好投の佐藤に代えて3番手能間隆彰(投・東洋大)を投入しますが、タイブレーク最初の打者に指名された法兼が初球の138㌔の速球を一閃。右中間へ抜けるサヨナラタイムリーとなりパナソニックが勝利しました。今永昇太(DeNA)と投げ合った3年半前の東都入替戦以来に能間の投球を見ましたが、投球練習で140㌔出していたのに、それを本番で出してよと言いたくもなりましたけど(苦笑)。法兼で始まり法兼で終わった試合となりました。守備の動きも非常に良くて攻守の軸になりそうですし、3戦目で公式デビューを完封でスタートした吉川峻平(投・関西大)、鈴木佳佑(投・奈良学園大)、小屋裕(投・大商大)と関西の有力投手をごそっと集めただけに、なかなか面白いかもしれませんね。 ■能間 ■榎本 ■祝福される法兼 住金鹿島も打線自体は振れており、都市対抗予選でも十分戦えそうに思えますが、それ以上の強大戦力・日立がいますやいかに・・。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:
藤岡裕大
佐野洋樹
牛島将太
大竹飛鳥
原口大陸
西村天裕
榎本亮
能間隆彰
佐藤僚亮
高畠裕平
法兼駿
玉置隆
藤井聖太
日本新薬
トヨタ自動車
JR九州
NTT東日本
新日鐵住金鹿島
パナソニック
スポニチ大会

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

第72回JABA東京スポニチ大会(パナソニック×新日鐵住金鹿島 NTT東日本×JR九州 トヨタ自動車×日本新薬)

フムフム様>

いらっしゃいませ。

法兼は高校時代馬淵監督が県決勝でほとんど敬遠するくらいの強打者でしたからねぇ。3,4年時はバントしてたイメージしかないんですけど(爆)、本来持ってる力を発揮させた梶原監督とパナソニックの水が完全にあった感じですね。そう思うと松田は規格外な男だったのでしょう。今の亜細亜もでかいたくさんいますけど、みんなバントできますからねぇ。

能間に関しては・・・、高校時代からあと一歩の投手という印象なので、ずっとこのままいくのでしょうな(苦笑)。あの球はちょっと甘すぎました。

佐藤に関しては良い意味でびっくりでしたね。フムフム様も大学時代に見ている吉田雅貴も目的の一人といえば一人でしたが、良い意味でサプライズでした。制球難も多少解消されていましたし、何より勢いが良いですよね。追っかける価値はあると私も思いますし、住金鹿島なかなか面白そうです。

JR九州は監督さんが変わって一気に若返った印象でした。が、それでも中野や藤嶋、濱野あたりが支えないといけないあたり若さゆえのもろさが攻守で現れていたのもこの試合でした。それを大竹-上田バッテリーが敵味方関係なく教え込んだと。仰る通り、高卒の選手の質というか大柄な選手が多いので、スケール感が関東にはないタイプのチームですね。このチームも1年追うと凄い楽しそうだなと^^; 西村は初日にブルペンで投げていたのを見て2戦目投げるんだろうなと思ってみたらKOでした(爆)。ただ、爆発力は間違いなく今年の1,2を争うでしょうね。

トヨタは私も少し後悔です・・。北村の守備は言わずもがなですけど、藤岡も思ったより良かったので、これなら夏次第で指名圏内十分あるのかなと思いました。パンチ力は源田よりもありますしね。それに外野やサードもこなせるという事を考えると、リストの中に入れるチームも出てくるでしょう。佐竹様はやっぱり見たかったですねぇ、大田で投げるなんてもうないでしょうから・・。

第72回JABA東京スポニチ大会(パナソニック×新日鐵住金鹿島 NTT東日本×JR九州 トヨタ自動車×日本新薬)

法兼はこの大会凄い強打でしたね。
東都でも活躍した強打者だから当然といえば当然かもしれないですが、私は正直、亜大時代の彼にスラッガーというイメージがあまり無かったもので…まぁこれは亜大出身の野手ほぼ全員にいえることかもしれませんが。亜大時代から長距離砲と目されていた松田は今にして思えば凄い存在だったんだなと。

そしてその法兼に一瞬でしとめられた能間(爆)
申し訳ないけど、なんかこういうのって能間のキャラだなぁって感じがします。肝心なところで打たれるとか、好投した時は報われないとか…
今の住金鹿島は、勝負どころでは能間より若い佐藤僚を投入した方がいいかもしれないなんて思っちゃいましたよ。

その佐藤僚はこの試合でMAX146kmまで出ていたのですか!
彼の甲子園でのマウンドをテレビですら見ていない私的には先輩にあたる現阪神の横山雄哉より身体のスケールが小さいこともあって彼のことを正直さほど注目していなかったのですが、このマウンドでは強烈な印象受け、住金鹿島で2年目この時期の頃の横山より完成度という点では上かもしれないとまで感じましたね。
彼を追っかけるため多少無理しても日立市長杯に行こうかどうか迷っているところです(笑)。

JR九州は、今季は大卒新人しか取っていないようですけれど、投手でも野手でも高卒選手を好んでいるせいもあってか、スケールある選手が揃っていますよね。ホント、攻守ともに粗が取れれば…真価を発揮できれば…潜在能力だけで言えば関東・関西・東海地区の強豪らよりもスゴイチームなんじゃないかと(苦笑)。
それでいて佐々のように渋い選手だっていますし、仰る通り見て楽しいチームなので、私もこのチームは何とか1年に最低1回は見ることを目標にしていて、それもあってこの試合に狙いを定めて観戦しに行ったんですよね。西村天裕はついでに見られればいいな程度だったのが本音です(笑)。

疲れていたので、第3試合はみないで早々にホテルへ向かってしまった私ですが、今にして思えば少しぐらい無理しても見ればよかったなぁ…と後悔しているところです。
佐竹様の勇姿(笑)もそうですが、藤岡ショート&北村サードは是非生で見たかったですわ。日本新薬にしてもトヨタとともにここ1~2年のりにのっているチームですしね。
藤岡はこのままショートで通せばプロも見えてくるんじゃないかと期待したいです。

こんな記事も読みたい

【2017年オープン戦観戦記④~旅とソフトと小説と酒・その4~熊野市長杯(3月13日)】【銀猫の女子ソフトボール観戦記】

野球界を良くするには【倉俣監督BLOG】

基本的に筋肉である 第72回JABA東京スポニチ大会~NTT東日本×JX-ENEOS【僕の中の大投手 諭】

スポニチ東京大会開幕〜Cブロック〜【ゆきちのすぽーつこらむ】

48カ国のW杯は金は生み出すが… 急落する「世界大会」の価値【Sports as a Japanese Culture.】

いよいよユーロ2016も決勝を残すのみ!【今書かないでいつ書くの!?】

仏の顔は三度までたがグーナーの顔は何度まで?【今書かないでいつ書くの!?】

第87回都市対抗野球 南関東2次予選第2代表準決勝&第1代表決定戦(JFE東日本×Honda 日本通運×新日鐵住金かずさマジック)【北のお部屋】

ブロガープロフィール

profile-iconhonmakaina914

世代は野球ではダルビッシュ有・涌井秀章・森福允彦、サッカーは本田圭佑・長友佑都・岡崎慎司、長距離は佐藤悠基・竹澤健介・川内優輝。主にサッカー・野球・長距離等を書いています。普段は大学野球多め、たまに高校野球も取り扱う感じのアマ野球中心の備忘録。プロ野球もたま~に見るけどドラフト関連が少々多いかも。サッカーは気が向いたら書くスタンス。テニスは昔やっていたものの、今はもっぱら見る専。長距離はある時期が来たら投稿が増えます。

不定期ですが、とりあえず感じたことを書いていこうかと。よろしくお願いします。

■ファンサカ
★mini
2012年度 全国リーグ
札幌FC 
年間813位

2013年度 全国リーグ
札幌FC
年間168位

2014年度 プロリーグ
札幌FC
年間328位

2015年度 全国リーグ
札幌FC
年間300位

2016年度 プロリーグ
札幌FC
年間288位

2017年度 プロリーグ
札幌FC
年間351位

■観戦歴
△サッカー:94年W杯のイタリアを見て自身もサッカーをやり始める。各代表、ユース年代など。関東住みの今でもコンサドーレファン。

△野球:1995年の夏2回戦、旭川実業と鹿児島商業の乱打戦からのミラクル旭実に魅せられて以来、高校野球にどっぷりはまる。高校野球、大学野球、社会人野球など。

△フットサル:2012年は北海道、町田、府中、湘南など観戦。2013年は町田や府中の体育館で試合を撮ることも。好きな選手はGKイゴール。

△陸上:藤田敦史や神谷伸行の代からの駒澤ファン。最近は宇賀地強と村澤明伸のデットヒートが見られた第41回全日本大学駅伝が印象に残っている。

●好きな選手
■サッカー
△海外
ロベルト・バッジオ(元・イタリア代表)
ファン・ロマン・リケルメ(元・アルゼンチン代表)
カルロス・バルデラマ(元・コロンビア代表)
ビセンテ・ロドリゲス(元・スペイン代表)

△日本
乾貴士(エイバル)
清武弘嗣(セビージャ)
今野泰幸(ガンバ大阪)
奈良竜樹(川崎)

△コンサドーレ
宮澤裕樹
深井一希

■野球
△野手
高須洋介(金沢高-青山学院大-近鉄-元・楽天)
渡辺直人(牛久高-城西大-三菱ふそう川崎-楽天-横浜-西武)
西川遥輝(智弁和歌山高-日本ハム)
北道貢 (駒大岩見沢高-駒澤大-NTT東日本)

△投手
伊藤智仁(花園高-三菱自動車工業京都-元・ヤクルト)
西口文也(県和歌山商業高-立正大-元・西武)
武田勝 (関東第一高-立正大-シダックス-元・日本ハム)

■テニス
△海外
アンドレ・アガシ
ロジャー・フェデラー

△日本
鈴木貴男
錦織圭

ふつつか者ですがよろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:1009
  • 累計のページビュー:17507655

(06月22日現在)

関連サイト:Twitter/NK/marmarmorimori

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 少し早い2015年高校生のドラフト候補や注目選手。そして、2015年度の中心となる高校は・・・。
  2. 2016年度の高校生注目選手。そして、2016年度の中心となる高校は・・・。
  3. 2015ドラフト上位24人予想と2016年のドラフト候補達
  4. 2015年ドラフト雑感と2016年のドラフト候補達
  5. スポーツ報知が挙げた2014ドラフト候補一覧(高校生編)
  6. 2016年ドラフト雑感と2017年のドラフト候補達
  7. 第97回全国高校野球選手権小ネタ(出場校と注目選手・選手権出場選手の12球団ジュニアトーナメント経験者・18U世界選手権日本代表予想など)
  8. センバツ候補校と第44回明治神宮大会組み合わせなど
  9. 2016ドラフト上位24人予想と2017年のドラフト候補達
  10. 高校時代の世代最強の投手&野手は誰だ?(1993~1997年生まれ編)

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss