北のお部屋

2016年秋季東京都大会準決勝(早稲田実×国士舘 日大三×都立日野)

このエントリーをはてなブックマークに追加

■神宮第二 16/10/30 ●秋季東京都大会準決勝 ■第一試合 国士舘 000 000 0=0 H 4 E2 025 200 x=9 H10 E0 早稲田実 国:深澤、城田、井田、石井-金澤、門間 早:中川-雪山 本塁打 野村(早) 二塁打 小西(早)

2回裏 1アウト2、3塁 8番中川のセンターへの2点タイムリー。 3回裏 1アウト満塁 7番橘内のレフト前タイムリー、8番中川のセカンド強襲タイムリー、ショートゴロエラー、2番横山のセンター前タイムリー、ワイルドピッチで計5点。 4回裏 0アウト 4番野村のセンターバックスクリーン右へのソロ、7番橘内のセンター前タイムリー。

■スタメン


毎年のように行っていますが、今年も秋季東京大会の準決勝行って参りました。しかも、今年は色々な事情から神宮第二という・・。二階席も満杯になる第二を初めて見た気がします。 4年前の春季大会でセンバツ4強帰りの当時2年生の中村祐太(広島)擁する関東第一を見に行って以来でしたが、上記のように外野が黒ずんでましてね・・。こんなんだっけ?と目を疑いたくなりましたが、悠々とゴルフボールを処理していた所を見ると現実のようです。通称「ゴルフ場」の偽りなしですね。 試合ですが、初回はすんなりいったのに2回以降は・・、という感じで、東京大会ってこういう点差多いのよなぁと毎度思いますが、秋の準決勝に関してはここ4年大差所か延長までもつれる接戦が多かったので、かなり物足りない内容でした。というよりもレベルが下がってる印象は否めなかったですね。早稲田実に関しては背番号18の中川広渡(1年)、雪山幹太(捕手・1年)の1年生バッテリーが躍動。 中川は枚方ボーイズ時代から名は知れ渡っていたそうですが、130~135㌔くらいの伸びのあるストレートを軸に7回4安打完封。4回に3四球出すという、大学野球でもよく見る光景を目の当たりにしましたが(誰とは言いませんが(爆))、およそ1年生とは思えない強気の投球で自身のタイムリー含む2安打3打点の活躍もあり快勝しました。夏から4番の野村大樹(サード・1年)もセンターへ強烈なホームランを放つなどその存在感、打力は本物でこの子もさすがにシニアから目立ってるだけあるなぁとしみじみでした。 そして、そうです。今年の見たい選手リストの一人に挙げていた清宮幸太郎(ファースト・2年)。 守備がどうとか、足はどうとか言われますが、180度開脚をしてボールをキャッチしたり、高々にライトへ滞空時間の長いフライを打ったり、ライト前の1安打のみでしたけど、インコース攻めをされながら(内死球1)しっかりさばいて強烈な当たり飛ばす所はさすがといった所。とはいっても高校生。最初の打席は最近ヒットが出ていないからか明らかに力んでいて、普通のセンターフライ。打ち取れば相手の観客席が大盛り上がりといういろんな人間の心を動かす打者。それが清宮幸太郎なんだなと。本音はまだまだ物足りないですけど、リストの使い方はさすがに上手いですし、資質はやはり高い選手ですね。清宮が打たなくてもコールドですから、この秋の早実の総合力は本物と見て良いのかもしれません。何より二遊間の守備がかなり固いので・・。1年生投手陣の成長次第でしょう。 国士舘は永田監督が復帰し4強まで進んだものの・・・、これで4強になれるんだというのが本音ですかね。特にこれといった選手がという所ですし、1年夏から打ちまくっていた上原隼(2年)も控えだし、得意の機動力も使えないしで・・。面白そうと思った投手は石井崚太(1年)ですかね。左のスリークォーターで130㌔越えていそうな独特の球筋で4人をパーフェクト。前日に完投していた事もあり無理をさせなかったのでしょうが、彼が先発だったらもう少し試合にはなっていたかもしれませんし、多分国士舘の中で今一番良い投手だったのかもしれません。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:
小林龍太
櫻井周斗
金成麗生
石井崚太
清宮幸太郎
野村大樹
雪山幹太
中川広渡
都立日野
日大三
国士舘
早稲田実

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

関東大学リーグ戦 大東文化vs東海【ラグビーを見るのだ。】

馬術部・全日本学生馬術大会障害競技【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

今年の日本シリーズを俯瞰して見ると【スポーツ えっせい】

【高校バスケ】2016' いわて国体、少年男子決勝:京都選抜○89-77●石川選抜。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

2016年秋季埼玉県大会準決勝(浦和学院×浦和実業)【北のお部屋】

U-16 日本代表 UAE戦 小感【ニコ小鉢その2(仮)】

2016年秋季埼玉県大会2回戦(浦和学院×川越東 川越工×正智深谷)【北のお部屋】

日本らしさという幻想が日本サッカーの成長を阻んでいる【キキアシワアタマ】

ブロガープロフィール

profile-iconhonmakaina914

世代は野球ではダルビッシュ有・涌井秀章・森福允彦、サッカーは本田圭佑・長友佑都・岡崎慎司、長距離は佐藤悠基・竹澤健介・川内優輝。主にサッカー・野球・長距離等を書いています。普段は大学野球多め、たまに高校野球も取り扱う感じのアマ野球中心の備忘録。プロ野球もたま~に見るけどドラフト関連が少々多いかも。サッカーは気が向いたら書くスタンス。テニスは昔やっていたものの、今はもっぱら見る専。長距離はある時期が来たら投稿が増えます。

不定期ですが、とりあえず感じたことを書いていこうかと。よろしくお願いします。

■ファンサカ
★mini
2012年度 全国リーグ
札幌FC 
年間813位

2013年度 全国リーグ
札幌FC
年間168位

2014年度 プロリーグ
札幌FC
年間328位

2015年度 全国リーグ
札幌FC
年間300位

2016年度 プロリーグ
札幌FC
年間288位

2017年度 プロリーグ
札幌FC
年間351位

■観戦歴
△サッカー:94年W杯のイタリアを見て自身もサッカーをやり始める。各代表、ユース年代など。関東住みの今でもコンサドーレファン。

△野球:1995年の夏2回戦、旭川実業と鹿児島商業の乱打戦からのミラクル旭実に魅せられて以来、高校野球にどっぷりはまる。高校野球、大学野球、社会人野球など。

△フットサル:2012年は北海道、町田、府中、湘南など観戦。2013年は町田や府中の体育館で試合を撮ることも。好きな選手はGKイゴール。

△陸上:藤田敦史や神谷伸行の代からの駒澤ファン。最近は宇賀地強と村澤明伸のデットヒートが見られた第41回全日本大学駅伝が印象に残っている。

●好きな選手
■サッカー
△海外
ロベルト・バッジオ(元・イタリア代表)
ファン・ロマン・リケルメ(元・アルゼンチン代表)
カルロス・バルデラマ(元・コロンビア代表)
ビセンテ・ロドリゲス(元・スペイン代表)

△日本
乾貴士(エイバル)
清武弘嗣(セビージャ)
今野泰幸(ガンバ大阪)
奈良竜樹(川崎)

△コンサドーレ
宮澤裕樹
深井一希

■野球
△野手
高須洋介(金沢高-青山学院大-近鉄-元・楽天)
渡辺直人(牛久高-城西大-三菱ふそう川崎-楽天-横浜-西武)
西川遥輝(智弁和歌山高-日本ハム)
北道貢 (駒大岩見沢高-駒澤大-NTT東日本)

△投手
伊藤智仁(花園高-三菱自動車工業京都-元・ヤクルト)
西口文也(県和歌山商業高-立正大-元・西武)
武田勝 (関東第一高-立正大-シダックス-元・日本ハム)

■テニス
△海外
アンドレ・アガシ
ロジャー・フェデラー

△日本
鈴木貴男
錦織圭

ふつつか者ですがよろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:997
  • 累計のページビュー:17505759

(06月20日現在)

関連サイト:Twitter/NK/marmarmorimori

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 少し早い2015年高校生のドラフト候補や注目選手。そして、2015年度の中心となる高校は・・・。
  2. 2016年度の高校生注目選手。そして、2016年度の中心となる高校は・・・。
  3. 2015ドラフト上位24人予想と2016年のドラフト候補達
  4. 2015年ドラフト雑感と2016年のドラフト候補達
  5. スポーツ報知が挙げた2014ドラフト候補一覧(高校生編)
  6. 2016年ドラフト雑感と2017年のドラフト候補達
  7. 第97回全国高校野球選手権小ネタ(出場校と注目選手・選手権出場選手の12球団ジュニアトーナメント経験者・18U世界選手権日本代表予想など)
  8. センバツ候補校と第44回明治神宮大会組み合わせなど
  9. 2016ドラフト上位24人予想と2017年のドラフト候補達
  10. 高校時代の世代最強の投手&野手は誰だ?(1993~1997年生まれ編)

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss