北のお部屋

2016年秋季埼玉県大会準決勝(浦和学院×浦和実業)

このエントリーをはてなブックマークに追加

■県営大宮 16/10/8 ●秋季埼玉大会準決勝 浦和実 000 000 0=0 H 1 E1 310 220 x=8 H10 E0 浦和学院 実:三本木、白石、英-本条 学:佐野-秋山 本塁打 山本(学) 三塁打 蛭間(学) 二塁打 家盛、山本、佐野、矢野(学)倉山(実)

1回裏 1アウト2塁 3番蛭間のレフト前タイムリー、5番山本のライトへの2ラン。 2回裏 2アウト2塁 3番蛭間のセンターオーバーのタイムリー3塁打。 4回裏 1アウト2塁 4番家盛、5番山本の左中間への連続タイムリー2塁打。 5回裏 0アウト2塁 サード送球エラーと1番矢野のレフトオーバーのタイムリー2塁打。

■スタメン ■結果


毎年の事ですが、埼玉大会準決勝見に行ったもののこれで6連続で観戦中雨という「雨男」ぶりを発揮している筆者でございます・・(泣)。そのために2試合目は中止となり、1試合しか見れず。徳栄はともかくとして春日部共栄は今年1度も生観戦できずに終わるという観戦運のなさがもうね・・。

結果としては浦学の圧勝。1-0でサヨナラの蕨戦はホントに何だったのだろうなというほどの快勝ぶりでしたが、元々中軸の打球はずっと悪くなかったのでそこまでの心配は無用でしたね。これで3年連続の関東切符。秋の関東といえば浦学。当たり前のように掴みましたが、今日は3番で2安打2打点の蛭間拓哉(1年)、 4番に珍しく入った家盛陽介(2年)、 どでかい一発を放つなど終始強烈な当たりを連発した5番山本晃大(2年)の3人で6打点とほぼ完璧な内容と言って良いでしょう。 それ以上に凄かったのが11番ですが、今大会エースとしての働きを十二分に発揮している佐野涼弥(1年)。 今日は雨だったこともあり、雨除けの屋根の下にこもりっぱなしでこんな写真しか撮っていませんので、2回戦の写真にしましょう、はい。 7回を投げ、1安打2四球で三振はなんと14個奪いました(その内12個が空振り三振)。今大会ほぼイニングを越える奪三振を奪いまくっていますね。球速的には辛~い県営のガンでMAX135㌔、常時でも130㌔前後という所だったので雨の中だったという事もあり出ていませんでしたが、ノビ・キレが抜群と。それに加え縦のスライダーとチェンジアップ系のボールですかね。面白いように空振りを取っていましたし、浦和実の打線も全く見極められない程でした。何よりあの雨の状況下でも全くブレないメンタル面(これは浦学の野手同様ですが)は、普段から雨の中も想定して練習をちゃんと積んでるのだなと感心しましたね。とにかく試合運びは森監督とは思えない程(おい!)の完璧な内容だったと思います。前出の蛭間、佐野、1番の矢野壱晟(1年)はとても1年生とは思えない程に躍動していました。佐野の課題は球質が良すぎるので当たると遠くまで飛ばされる事でかと。当然、関東の強豪校もそれを見逃さないはずですし、簡単に抑えられるとは思っていませんが(現に春の関東大会でも洗礼を浴びてますので・・)、1年秋の小島和哉(早稲田大2年)くらい活躍しても今の佐野の充実ぶりを見たらおかしくないでしょう。どちらかというと骨格やボールは小島よりも須永英輝(元・日本ハム)に似てるかもですね。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:
倉山一樹
三本木大夢
矢野壱晟
佐野涼弥
山本晃大
家盛陽介
蛭間拓哉
浦和実業
浦和学院

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【秋の高校野球・13】第69回秋季富山県高等学校野球大会・準決勝(第2試合)/高岡商業高校 vs 新湊高校/2016年9月25日/県営富山野球場(富山県富山市)【55キロのぶらり旅 ~スポーツ観戦編~】

スケート部・関東大学アイスホッケーリーグ戦対早大1回戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

祝!Jリーグ1ステージ制復活&CS廃止!【スポーツ えっせい】

U-16 日本代表 UAE戦 小感【ニコ小鉢その2(仮)】

2016年秋季埼玉県大会2回戦(浦和学院×川越東 川越工×正智深谷)【北のお部屋】

日本らしさという幻想が日本サッカーの成長を阻んでいる【キキアシワアタマ】

侍ジャパンU-18日本代表 完全ドキュメント!【野球専門誌『ベースボール・タイムズ』編集部ブログ】

U-16 日本代表 小感【ニコ小鉢その2(仮)】

ブロガープロフィール

profile-iconhonmakaina914

世代は野球ではダルビッシュ有・涌井秀章・森福允彦、サッカーは本田圭佑・長友佑都・岡崎慎司、長距離は佐藤悠基・竹澤健介・川内優輝。主にサッカー・野球・長距離等を書いています。普段は大学野球多め、たまに高校野球も取り扱う感じのアマ野球中心の備忘録。プロ野球もたま~に見るけどドラフト関連が少々多いかも。サッカーは気が向いたら書くスタンス。テニスは昔やっていたものの、今はもっぱら見る専。長距離はある時期が来たら投稿が増えます。

不定期ですが、とりあえず感じたことを書いていこうかと。よろしくお願いします。

■ファンサカ
★mini
2012年度 全国リーグ
札幌FC 
年間813位

2013年度 全国リーグ
札幌FC
年間168位

2014年度 プロリーグ
札幌FC
年間328位

2015年度 全国リーグ
札幌FC
年間300位

2016年度 プロリーグ
札幌FC
年間288位

2017年度 プロリーグ
札幌FC
年間351位

■観戦歴
△サッカー:94年W杯のイタリアを見て自身もサッカーをやり始める。各代表、ユース年代など。関東住みの今でもコンサドーレファン。

△野球:1995年の夏2回戦、旭川実業と鹿児島商業の乱打戦からのミラクル旭実に魅せられて以来、高校野球にどっぷりはまる。高校野球、大学野球、社会人野球など。

△フットサル:2012年は北海道、町田、府中、湘南など観戦。2013年は町田や府中の体育館で試合を撮ることも。好きな選手はGKイゴール。

△陸上:藤田敦史や神谷伸行の代からの駒澤ファン。最近は宇賀地強と村澤明伸のデットヒートが見られた第41回全日本大学駅伝が印象に残っている。

●好きな選手
■サッカー
△海外
ロベルト・バッジオ(元・イタリア代表)
ファン・ロマン・リケルメ(元・アルゼンチン代表)
カルロス・バルデラマ(元・コロンビア代表)
ビセンテ・ロドリゲス(元・スペイン代表)

△日本
乾貴士(エイバル)
清武弘嗣(セビージャ)
今野泰幸(ガンバ大阪)
奈良竜樹(川崎)

△コンサドーレ
宮澤裕樹
深井一希

■野球
△野手
高須洋介(金沢高-青山学院大-近鉄-元・楽天)
渡辺直人(牛久高-城西大-三菱ふそう川崎-楽天-横浜-西武)
西川遥輝(智弁和歌山高-日本ハム)
北道貢 (駒大岩見沢高-駒澤大-NTT東日本)

△投手
伊藤智仁(花園高-三菱自動車工業京都-元・ヤクルト)
西口文也(県和歌山商業高-立正大-元・西武)
武田勝 (関東第一高-立正大-シダックス-元・日本ハム)

■テニス
△海外
アンドレ・アガシ
ロジャー・フェデラー

△日本
鈴木貴男
錦織圭

ふつつか者ですがよろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:17470032

(05月23日現在)

関連サイト:Twitter/NK/marmarmorimori

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 少し早い2015年高校生のドラフト候補や注目選手。そして、2015年度の中心となる高校は・・・。
  2. 2016年度の高校生注目選手。そして、2016年度の中心となる高校は・・・。
  3. 2015ドラフト上位24人予想と2016年のドラフト候補達
  4. 2015年ドラフト雑感と2016年のドラフト候補達
  5. スポーツ報知が挙げた2014ドラフト候補一覧(高校生編)
  6. 2016年ドラフト雑感と2017年のドラフト候補達
  7. 第97回全国高校野球選手権小ネタ(出場校と注目選手・選手権出場選手の12球団ジュニアトーナメント経験者・18U世界選手権日本代表予想など)
  8. センバツ候補校と第44回明治神宮大会組み合わせなど
  9. 2016ドラフト上位24人予想と2017年のドラフト候補達
  10. 高校時代の世代最強の投手&野手は誰だ?(1993~1997年生まれ編)

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss