北のお部屋

2016年秋季埼玉県大会2回戦(浦和学院×川越東 川越工×正智深谷)

このエントリーをはてなブックマークに追加

■県営大宮 16/9/25 ●秋季埼玉大会2回戦 川越東 010 000 10 =2 H 6 E3 210 300 03x=9 H12 E1 浦和学院 川:苅部、小笠原-黒川 浦:佐野-秋山 二塁打 山本、蛭間(浦)上村(川)

1回裏 2アウト1,2塁 5番山本のレフト線を破る2点タイムリー2塁打。 2回表 1アウト2塁 6番黒川のライト前タイムリー。 2回裏 2アウト2塁 1番矢野のレフト前タイムリー。 4回裏 1アウト満塁 2番杉山のスクイズに3塁悪送球も重なりまず2点、さらに3番家盛のセンターへの犠飛。 7回表 2アウト2塁 7番田村のセンター前タイムリー。 8回裏 1アウト1,2塁 3番家盛のライト前タイムリー、5番山本のライトへの犠飛、代打赤岩のライト前タイムリー。

■スタメン


地区予選でも浦学は見ましたけど、観戦するならここしかないかなと思い県営大宮の方に行きました。ホントは徳栄見たかったし、市営への梯子も考えましたが、次の日の事を考えると疲労困憊はあかんなと思い断念。3試合日でしたが2試合で打ち止めしました。大学野球に毒されて3試合見るの困難なんですよね・・。もう、年ですから(爆)。

さて、試合ですがこの両者の対戦というと一昨年秋の決勝カードでもあり、去年春の決勝カードでもあるという事で、秋季大会の割には結構客も入っていたかなと。それでも夏程でもなく川越東側はガラガラでしたけどね・・。志望届を出した某選手も応援していました。1回に川越東の先発・苅部祥太郎(2年)の立ち上がりを突き、帰ってきた5番山本晃大(2年)のレフト線を破るタイムリー2塁打で先制します。 すぐさま川越東も6番黒川のタイムリーで1点を返します。秋季大会は学年とフルネームがわからないので、どう書けばいいか悩みますがわかる範囲で書いていますので・・。 地区予選で1-0のゲームを越えてきた浦学ですが、先ほど挙げた山本、杉山翔(2年)と旧チームのレギュラーが怪我から復帰してきたのは大きくこの二人は打撃に守備にと大きく貢献。最後も結局チーム全体で低い打球を徹底し、コールドゲームとなりました。

そして、私が春から見たくて仕方なかった投手が浦和学院の11番・佐野涼弥(1年)。 まず、浦学伝統の左腕の後継者でもありますが、目測でも135㌔前後から後半くらいは出ているだろう回転の良いストレートに縦のスライダーが際立っていました。8回8奪三振で無四球というストレートが高めに浮いた所を打たれた以外は1年生にしては出色の内容でした。春季大会から試合に出て関東まで経験し、夏の悔しさも味わったと。1年の時点でここまでの経験はなかなかできないでしょうし、森士監督も県大会の初戦に1番の清水洋炳(2年)ではなく佐野を持ってきたあたり先も見据えつつも信頼も厚いという所でしょうか。個人的には1年秋段階の花咲徳栄・高橋昂也(3年)と比べても、制球・決め球・ストレートに関しては同等くらいではと。下半身は当時の高橋の方が上でしたけどね(笑)。線が細いですし、球速的にどこまで伸びるかは未知数ですけど、インコースもつけますし、自分の目が狂っていなければ小島和哉(早稲田大2年)以上の素材ではないかと。小島以上の成績を残すとなるとかなり大変ですが、将来的にはかなり楽しみな存在でしょう。 川越東はここ数年と比べるとやはり力は落ちるかなと・・。珍しく右打者6人揃えていてビックリでしたけど、まだまだこれからのチーム。青山陽哉(2年)や岡本翔(2年)など旧チームのベンチ入りメンバーも打撃には力がありますし、投手陣の成長次第では楽しみだと思います。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:
太田賢吾
熊澤光
菊政大晟
鈴木丈
新井雅也
坂田怜
小久保伊風記
岡本翔
青山陽哉
小島和哉
高橋昂也
清水洋炳
佐野涼弥
杉山翔
山本晃大
苅部祥太郎
正智深谷
川越工
川越東
浦和学院

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2016年秋季埼玉県大会2回戦(浦和学院×川越東 川越工×正智深谷)

フムフム様>

いらっしゃいませ。

今年の二枚看板は左腕ですので再びという感じですが、よくこれだけ左腕を集中的に取れるなと感心してしまいますね。

確かに1年の段階では体は出来上がってる方ですが、それでもまだ細い方ですしこれからさらに伸びていくんじゃないかなと。高橋昂也は確かに・・(笑)。1年からでかかったですからね。昨日の試合も5回を無四球7奪三振と火消しもできますし、彼は途中投入でも違和感なく自分の力を発揮してきますから良いメンタルしていると思います。仰る通り、怪我だけに注意してほしいですし、ストレートはどんどん磨いてほしいですね。

坂井も確かにやっていたような・・(笑)。でも、菊政程わかりやすくはなかったので、素人目に見てもはっきりわかる彼のルーティンは独特そのものでした。左足上げてる写真なんかは去年の滑川総合の彼を少し思い出しましたが、菊政に関しては打つ方は抜群でして。これは一部でまだまだ無名で良い選手いるんだろうなという気はしてますし、改めて埼玉広いなと。

2016年秋季埼玉県大会2回戦(浦和学院×川越東 川越工×正智深谷)

浦学伝統の左腕は、今度は佐野という選手が出現ですか!
写真でみる体つきからして…北海道高校野球だったら高校3年になってもここまで身体が出来ている奴は少ないのに(苦笑)と思えてしまうほど既に立派ですねぇ。高橋昂也と比べてしまうと誰だって線は細いですよ(笑)。
その佐野、8奪三振もさることながら8回無四球、しかも川越東クラスの打線相手に、というところは本当にすごい!
大怪我にだけ気をつけて順調に育ってきてほしいですね。縦スラは肘に負担かかるから(投手によっては割と平気な選手もいますけれど)、できればしばらくの間真っ直ぐ中心の配球でお願いしたいところです。

川越工の菊政大晟も面白い選手ですね。
彼のルーティンや打撃フォームを見させてもらった瞬間、私、東洋大から現東京ガスの坂井貴文を思い出しました。
ここ2年ばかり見ていないので今もやっているかどうかわからないですけれど、坂井貴文もバットで踵をトントンと叩いてから構えて、右脚を大きく上げてから打つんですよね。
しかもその坂井も埼玉県出身なんですよ。春日部共栄高なので菊政とは無関係でしょうけれど、埼玉県の高校野球はやっぱり面白いなぁ、と感じますね。

こんな記事も読みたい

釜石シーウェーブスの幸福 伊藤剛臣という炎を見た【ラグビーを見るのだ。】

中国のパラスポーツはなぜ「最強」なのか(2)【スポーツCHINA】

中国のパラスポーツはなぜ「最強」なのか(1)【スポーツCHINA】

日本らしさという幻想が日本サッカーの成長を阻んでいる【キキアシワアタマ】

侍ジャパンU-18日本代表 完全ドキュメント!【野球専門誌『ベースボール・タイムズ』編集部ブログ】

U-16 日本代表 小感【ニコ小鉢その2(仮)】

【高校】2016' 平成28年度 全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会北海道予選名寄地区予選会、終了しました。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

どこより早い第4回WBCに向けた代表考察【野球専門誌『ベースボール・タイムズ』編集部ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconhonmakaina914

世代は野球ではダルビッシュ有・涌井秀章・森福允彦、サッカーは本田圭佑・長友佑都・岡崎慎司、長距離は佐藤悠基・竹澤健介・川内優輝。主にサッカー・野球・長距離等を書いています。普段は大学野球多め、たまに高校野球も取り扱う感じのアマ野球中心の備忘録。プロ野球もたま~に見るけどドラフト関連が少々多いかも。サッカーは気が向いたら書くスタンス。テニスは昔やっていたものの、今はもっぱら見る専。長距離はある時期が来たら投稿が増えます。

不定期ですが、とりあえず感じたことを書いていこうかと。よろしくお願いします。

■ファンサカ
★mini
2012年度 全国リーグ
札幌FC 
年間813位

2013年度 全国リーグ
札幌FC
年間168位

2014年度 プロリーグ
札幌FC
年間328位

2015年度 全国リーグ
札幌FC
年間300位

2016年度 プロリーグ
札幌FC
年間288位

2017年度 プロリーグ
札幌FC
年間351位

■観戦歴
△サッカー:94年W杯のイタリアを見て自身もサッカーをやり始める。各代表、ユース年代など。関東住みの今でもコンサドーレファン。

△野球:1995年の夏2回戦、旭川実業と鹿児島商業の乱打戦からのミラクル旭実に魅せられて以来、高校野球にどっぷりはまる。高校野球、大学野球、社会人野球など。

△フットサル:2012年は北海道、町田、府中、湘南など観戦。2013年は町田や府中の体育館で試合を撮ることも。好きな選手はGKイゴール。

△陸上:藤田敦史や神谷伸行の代からの駒澤ファン。最近は宇賀地強と村澤明伸のデットヒートが見られた第41回全日本大学駅伝が印象に残っている。

●好きな選手
■サッカー
△海外
ロベルト・バッジオ(元・イタリア代表)
ファン・ロマン・リケルメ(元・アルゼンチン代表)
カルロス・バルデラマ(元・コロンビア代表)
ビセンテ・ロドリゲス(元・スペイン代表)

△日本
乾貴士(エイバル)
清武弘嗣(セビージャ)
今野泰幸(ガンバ大阪)
奈良竜樹(川崎)

△コンサドーレ
宮澤裕樹
深井一希

■野球
△野手
高須洋介(金沢高-青山学院大-近鉄-元・楽天)
渡辺直人(牛久高-城西大-三菱ふそう川崎-楽天-横浜-西武)
西川遥輝(智弁和歌山高-日本ハム)
北道貢 (駒大岩見沢高-駒澤大-NTT東日本)

△投手
伊藤智仁(花園高-三菱自動車工業京都-元・ヤクルト)
西口文也(県和歌山商業高-立正大-元・西武)
武田勝 (関東第一高-立正大-シダックス-元・日本ハム)

■テニス
△海外
アンドレ・アガシ
ロジャー・フェデラー

△日本
鈴木貴男
錦織圭

ふつつか者ですがよろしくお願いします。

■インスタグラム
https://www.instagram.com/nk411456/
  • 昨日のページビュー:1758
  • 累計のページビュー:17569170

(07月24日現在)

関連サイト:Twitter/NK/marmarmorimori

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 少し早い2015年高校生のドラフト候補や注目選手。そして、2015年度の中心となる高校は・・・。
  2. 2016年度の高校生注目選手。そして、2016年度の中心となる高校は・・・。
  3. 2015ドラフト上位24人予想と2016年のドラフト候補達
  4. 2015年ドラフト雑感と2016年のドラフト候補達
  5. スポーツ報知が挙げた2014ドラフト候補一覧(高校生編)
  6. 2016年ドラフト雑感と2017年のドラフト候補達
  7. 第97回全国高校野球選手権小ネタ(出場校と注目選手・選手権出場選手の12球団ジュニアトーナメント経験者・18U世界選手権日本代表予想など)
  8. センバツ候補校と第44回明治神宮大会組み合わせなど
  9. 2016ドラフト上位24人予想と2017年のドラフト候補達
  10. 高校時代の世代最強の投手&野手は誰だ?(1993~1997年生まれ編)

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss