北のお部屋

第92回箱根駅伝・復路&総合結果

このエントリーをはてなブックマークに追加

■第92回総合結果 ○91回優勝タイム 青山学院大 10:49:27

1 青山学院大 10:53:25 2 東洋大   11:00:36 3 駒澤大   11:04:00 4 早稲田大  11:07:54 5 東海大   11:09:44 6 順天堂大  11:11:25 7 日本体育大 11:11:32 8 山梨学院大 11:11:51 9 中央学院大 11:13:32 10 帝京大   11:15:21 —————————————————— OP 関東学連  11:15:30 参考 11 日本大   11:16:50 12 神奈川大  11:20:07 12 城西大   11:20:07 14 明治大   11:20:40 15 中央大   11:21:48 16 拓殖大   11:23:54 17 東京国際大 11:24:00 18 大東文化大 11:28:45 19 法政大   11:31:12 20 上武大   11:36:47


(◎は本命、○は対抗、△注、※はもし走るのであれば) ■6区(20.8km)  ☆2015年区間賞 三浦 雅裕 早稲田大③  58:31

1 秋山 清仁  日本体育大③  58:09○ 区間新 2 小野田 勇次 青山学院大①  58:31△ 区間タイ 3 樋口 陸   中央学院大①  58:47 4 口町 亮   東洋大③    59:42◎ 5 町井 宏行  日本大②   1:00:22 6 佐藤 淳   早稲田大③  1:00:23 7 谷本 拓巳  中央大③   1:00:33△ 8 鴇澤 駿介  大東文化大③ 1:00:41 9 宮下 紘一  駒澤大④   1:00:44 9 熊谷 光   東京国際大③ 1:00:44

原監督が自信を持って送り出した1年生・小野田の走りはさすがでした。これで勝負ありでしたね。そしてなんといっても日体大・秋山の区間新。最後まで余裕のある顔つきで区間新くるなと思いましたが、素晴らしい走りでした。中央学院・樋口も全日本で2区走るくらいなので走力のある選手ですが、ルーキーでこちらも58分台と素晴らしい箱根デビューでした。


■7区(21.3km) 1:02:32:設楽悠太(東洋大) 第88回(2012年) ☆2015年区間賞 小椋 裕介  青山学院大③ 1:02:40

1 小椋 裕介 青山学院大④ 1:03:08◎ 2 櫻岡 駿  東洋大③   1:03:46○ 3 牟田 祐樹 明治大④   1:03:59 4 西山 雄介 駒澤大③   1:04:21○ 5 稲田 翔威 順天堂大④  1:04:38 O 平賀 喜裕 関東学連③  1:04:55 参考 6 藤井 寛之 中央大④   1:05:01 7 海老澤 太 中央学院大③ 1:05:13 8 中平 英志 神奈川大③  1:05:20 9 内田 直斗 帝京大③   1:05:28 10 大隅 裕介 大東文化大④ 1:05:33

7区マイスター・小椋が2年連続区間賞。気温が上がって後半苦しくなるも、前半の貯金が効きますね。櫻岡も2位と悪くないですが、相手が悪すぎる・・・。牟田は初の一桁になりますか。トラックでは強いのですが、最後の最後で結果残しましたね。西山は後半上げるも伸びきらず。


■8区(21.4km) 1:04:05:古田哲弘(山梨学院大) 第73回(1997年) ☆2015年区間賞 高橋 宗司 青山学院大④ 1:05:31

1 下田 裕太 青山学院大② 1:04:21○ 2 馬場 翔大 駒澤大④   1:05:22◎ 3 細谷 恭平 中央学院大② 1:05:29 3 柳 利幸  早稲田大④  1:05:29 5 吉田 亮壱 日本体育大② 1:05:38 6 林 竜之介 東海大③   1:05:49△ O 松井 将器 関東学連④  1:06:12△ 参考 7 立花 克広 大東文化大④ 1:06:15 8 吉田 楓  明治大③   1:06:22△ 9 山本 修二 東洋大①   1:06:32△ 10 山﨑 渉  帝京大④   1:06:41

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
陸上・長距離
タグ:
第92回箱根駅伝
渡邉利典
井戸浩貴
下田裕太
小椋裕介
秋山清仁
駒澤大
東洋大
青山学院大

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

第92回箱根駅伝・復路&総合結果

フムフム様>

いらっしゃいませ。

正直、予想通りというか波乱なしの今年の箱根だったと思います。復路不安かなと思っていた駒澤も3位キープできましたし。東京国際大はまだ創部5年目ですからね。伝統がまだ浅いのが良い影響を及ぼしそうですし、何より監督さんの山適正の見る目は本物かもなぁなんて(濱登7位、熊谷9位)。もちろんハーフの力、全体的なスピードアップがかなり必要になってきますけど、それでも初出場で3チーム食って17位は立派だと思いますね。野球部は気が気じゃないでしょうが(笑)。


日体大は山中が喧嘩別れをして、大エースがいない上に鳴り物入りで入った1年生だった三浦洋希(日清食品グループ)まで退部してしまいどうなるかと思いきや・・・。それでもポテンシャルは健在ですし、やり方に賛否両論のある渡辺監督は豊川工業を全国の強豪に押し上げたやり手ですからね。来年も秋山の存在は他校には脅威でしょうね。

宮下も4年目で関東インカレ2部3障で優勝してますし、地道に3障で実績積んでましたからねぇ。ただ、適正の違いが大きいですし、山だけは持ちタイムでは測れない監督の目と選ばれた選手のセンスが問われますね。野球でもそうですけど、才能の差は上に行けば行くほど痛感してそこで絶望するんだろうなぁと。前記録保持者の千葉健太もどっちかというと下りの才能というよりは、フォームと走りのセンスだけで補っていた感がありましたし・・・。努力と才能の両立は選ばれし者だけが可能なんでしょうね。

第92回箱根駅伝・復路&総合結果

今年の箱根。本命・青学、対抗・東洋の評判がそのままという結果でしたが、濱登と東京国際大とか新興勢力が頑張っていたのがよかったですね。
名門校たちの牙城を崩すのはさすがに難しいでしょうが可能な限り頑張ってほしいところです。まぁだからといって東国大・野球部の予算が陸上にまわされるとそれはそれで困りますが(笑)。

失礼ながら日体大には以前よりゴタゴタが多いというか闇の深そうなイメージを持っていたんですけれど、そして往路ではその通りやや苦しい感じでしたけれど、6区の秋山がそれら全てを救った印象を受けました。本当に素晴らしい走りでした!
ただ、すご~く今更な話ですが、駒大6区の宮下なんて努力して努力してここまでやっと辿り着いて、必死に走って走ってまぁ力通りというかここまでなのに、そのずっと上を悠々と行く秋山というか、スポーツの世界は才能の差が残酷なまでに出る世界ということを、正月早々あらためて感じてしまいましたよ(苦笑)。

こんな記事も読みたい

秋山清仁(日体大)が6区で区間新!小野田勇次(青学)ルーキーデビューは驚愕の区間タイ!6区の歴史が何故変わった?【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

リアル -箱根駅伝往路-【ボクシングをとっても楽しく見るブログ】

【湘南男子バスケットボール部】全日本総合選手権大会2回戦 vs京都産業大学 102-59【東海スポーツ】

2016箱根駅伝・復路予想(確定)【日本大学駅伝部を応援しています!】

第92回箱根駅伝 往路観戦記&復路の展望【ポラリス★スポーツ通信社】

第92回箱根駅伝往路統括と復路に向けて【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

11年ぶりの出来事【巨人 大鵬 卵焼き】

箱根駅伝:大手町で応援&スタート観戦!青学23年ぶり快挙!キトニー圧巻の区間賞!塩尻、栃木で順大7位!東国大はアッパレ12位!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ブロガープロフィール

profile-iconhonmakaina914

主にサッカー・野球・長距離等を書いています。普段は大学野球多め、たまに高校野球も取り扱う感じのアマ野球中心の備忘録。プロ野球もたま~に見るけどドラフト関連が少々多いかも。サッカーは気が向いたら書くスタンス。テニスは昔やっていたものの、今はもっぱら見る専。長距離はある時期が来たら投稿が増えます。

不定期ですが、とりあえず感じたことを書いていこうかと。よろしくお願いします。

■ファンサカ
★mini
2012年度 全国リーグ
札幌FC 
年間813位

2013年度 全国リーグ
札幌FC
年間168位

2014年度 プロリーグ
札幌FC
年間328位

2015年度 全国リーグ
札幌FC
年間300位

2016年度 プロリーグ
札幌FC
年間288位

2017年度 プロリーグ
札幌FC
年間351位

■観戦歴
△サッカー:94年W杯のイタリアを見て自身もサッカーをやり始める。各代表、ユース年代など。関東住みの今でもコンサドーレファン。

△野球:1995年の夏2回戦、旭川実業と鹿児島商業の乱打戦からのミラクル旭実に魅せられて以来、高校野球にどっぷりはまる。高校野球、大学野球、社会人野球など。

△フットサル:2012年は北海道、町田、府中、湘南など観戦。2013年は町田や府中の体育館で試合を撮ることも。好きな選手はGKイゴール。

△陸上:藤田敦史や神谷伸行の代からの駒澤ファン。最近は宇賀地強と村澤明伸のデットヒートが見られた第41回全日本大学駅伝が印象に残っている。

●好きな選手
■サッカー
△海外
ロベルト・バッジオ(元・イタリア代表)
ファン・ロマン・リケルメ(元・アルゼンチン代表)
カルロス・バルデラマ(元・コロンビア代表)
ビセンテ・ロドリゲス(元・スペイン代表)

△日本
乾貴士(エイバル)
清武弘嗣(セビージャ)
今野泰幸(ガンバ大阪)
奈良竜樹(川崎)

△コンサドーレ
宮澤裕樹
深井一希

■野球
△野手
高須洋介(金沢高-青山学院大-近鉄-元・楽天)
渡辺直人(牛久高-城西大-三菱ふそう川崎-楽天-横浜-西武)
西川遥輝(智弁和歌山高-日本ハム)
北道貢 (駒大岩見沢高-駒澤大-NTT東日本)

△投手
伊藤智仁(花園高-三菱自動車工業京都-元・ヤクルト)
西口文也(県和歌山商業高-立正大-元・西武)
武田勝 (関東第一高-立正大-シダックス-元・日本ハム)

■テニス
△海外
アンドレ・アガシ
ロジャー・フェデラー

△日本
鈴木貴男
錦織圭

ふつつか者ですがよろしくお願いします。

■インスタグラム
https://www.instagram.com/nk411456/
  • 昨日のページビュー:859
  • 累計のページビュー:18035134

(01月16日現在)

関連サイト:Twitter/NK/marmarmorimori

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 少し早い2015年高校生のドラフト候補や注目選手。そして、2015年度の中心となる高校は・・・。
  2. 2016年度の高校生注目選手。そして、2016年度の中心となる高校は・・・。
  3. 2015ドラフト上位24人予想と2016年のドラフト候補達
  4. 2015年ドラフト雑感と2016年のドラフト候補達
  5. 2016年ドラフト雑感と2017年のドラフト候補達
  6. スポーツ報知が挙げた2014ドラフト候補一覧(高校生編)
  7. 第97回全国高校野球選手権小ネタ(出場校と注目選手・選手権出場選手の12球団ジュニアトーナメント経験者・18U世界選手権日本代表予想など)
  8. センバツ候補校と第44回明治神宮大会組み合わせなど
  9. 2016ドラフト上位24人予想と2017年のドラフト候補達
  10. 高校時代の世代最強の投手&野手は誰だ?(1993~1997年生まれ編)

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss