北のお部屋

第96回選手権9日目の展望

このエントリーをはてなブックマークに追加

■8日目結果 1.三重(三重)   4-2 大垣日大(岐阜) 2.日本文理(新潟) 3-2 東邦(愛知) 3.星稜(石川)   4-1 鹿屋中央(鹿児島) 4.健大高崎(群馬)10-0 利府(宮城)


1試合目は見れてないですが、2回以降は投手戦になったようで意外な展開に。といってもコントロールさえできれば両エースはそう打たれないでしょうから力通りという所でしょうか。これで三重この世代において東海のチームに無敗で卒業という事になりました。今井のスタミナも心配ですが、そのためにセンバツ以降に2番手以降の投手たちが経験を積みましたので、その成果が3回戦以降に出てくるのでは。次の相手が城北。戦略的にも面白いゲームになると思いますし、三重は優勝のチャンスが出てきたかもしれませんね。 大垣日大はいつも通りエース高田を立ててれば勝っていたかもしれませんが、初戦の内容を見たら滝野に託すのも無理ないですし、仕方ないですね。やはり、今井に抑えられたのが全てだったかと。
2試合目はやっぱり藤嶋打たれるよな・・・。ただ、思ったより打撃戦にはならなかったですね。5回までほぼ完ぺきだっただけに変え時が難しいかなと思いましたが、武修館のように打たれる前に継投するというのは名のある強豪だと結構難しいんですよね。ただ、大井は見事な火消しぶりでしたし、藤嶋も直球勝負で初戦よりも内容は良かったですからここで負けるには惜しいチームでした。藤嶋は2年間怪我せずに何回戻る事が出来るか。 文理はやっぱりこの世代、打撃が良いです。飯塚は悪いなりにしっかり投げられるのが彼の良い所で、彼の場合は1試合の好投よりも6試合トータルでペース配分含め考えながら投げているのが、プロのローテーションピッチャーのような大人のピッチングでした。おそらく決勝まで見据えてるでしょう。1試合の好投よりも何試合もチームが勝てる投球。これが出来るのは打線に自信があるから他ならないでしょうね。次が春季北信越大会決勝の再現・左腕森田の富山商業が相手。春は12-7で日本文理が勝っていますし、この世代日本文理は北信越でまだ負けていないだけに、文理有利に進むでしょうが、両エースはその試合1,2イニングくらいしか投げていないですし、両エースは好調。エースのガチンコ勝負でロースコアの投手戦になるでしょうね。
3試合目は星稜の力勝ちでした。凄い長打力があるわけではないですが、しっかりつないでいく打力とチーム力は見事でした。岩下含めての継投は先を見据えてな感じですけど、これ以降使えるのは岩下か谷川のどちらかかな。でも、上を見据えている継投で本気で優勝を目指しているように感じましたし、何より今日もノーエラー。守備の堅いチームは強いです。次が八戸学院光星ですけど、中川は結構ボールを動かし安定感がありますので、なかなか打てそうで打てないですからね。2,3点勝負にはなるでしょう。谷川はフォームが良くてまだまだ伸びそうです。 鹿屋中央は守備がしっかりしていましたし、好感のもてるチームでした。木原がこの試合打ちましたが、全体の打力の部分ではなかなか厳しかったですね。ただ、今年のセンバツに出場したのが沖縄、鹿児島、熊本、長崎勢と考えると、今大会の九州勢の勝利が沖縄尚学(沖縄)、城北(熊本)、鹿屋中央(鹿児島)で力通りだったのかなと。これから新たな歴史を作っていくチームになるでしょうし、鹿児島の歴史にさらなる風穴を開けてほしいものです。
4試合目は「機動破壊」本領発揮です。あれはバッテリーの精神やられてしまうなぁ・・・。歴代でも一番走るチームですけど、盗塁がそんなに得点に直結しないのが玉に傷かなと。2年前の夏に健大高崎にコールドで勝ち、今年の群馬決勝でも健大高崎を1点に抑えた伊勢崎清明は牽制が巧みな投手や常に強肩の捕手がいるらしいですが。ただ、今大会で強肩と言える捕手はあまりいないので、この機動力を抑えられるチームはいないかもしれないですね。強肩の捕手相手だと2011年夏は横浜・近藤(日本ハム)、2012年センバツは大阪桐蔭・森(西武)と機動力を封じられ得点力も下がっていますが・・・。心理戦をかけられる東海大四・西嶋なら打たせなきゃ問題ないと抑え込んでしまうかもしれませんがね。そして脇本はどうやら本物っぽいなぁ・・・。秋の高校日本代表には確実に選ばれるでしょうね。 利府は予想通りで佐賀北の足を抑えられなかったのを見るに厳しかったですね。継投のチームで勝ち上がれたのは今後の財産になりそうですが、2回戦以降だと力量に差があったかなと。それでもまだ甲子園初戦では負けていないという所は褒められるでしょう。次の出場が楽しみです。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:
福島孝輔
岸潤一郎
寺沢星耶
安田光希
西嶋亮太
石川直也
大阪桐蔭
明徳義塾
佐久長聖
聖光学院
東海大四
山形中央
第96回選手権

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

第96回選手権9日目の展望

デイブ様>

いらっしゃいませ。文理は県大会、北信越で勝ち慣れてるのもあり、劣勢でも勝負所が選手達良くわかっている感じですよね。尚学との神宮での再戦に期待したいですが、次が好調の富山商業。投手戦だろうなと思いますし、文理の籤運とたるや・・・。関根学園はやっぱり素晴らしかったと思いますが、どうも文理は甲子園にピークを合わせてる感がありそうな予感が・・・。智弁和歌山も練習の追い込みで県大会苦戦しながら、甲子園で快勝な感じでしたからね。

健大は3年前に比べても走塁面でかなり進化してますよね。2年前のセンバツは天理の捕手を泣かせるくらいの勢いでしたが、さらにえげつなさが濃くなっています。伊勢崎清明は健大高崎攻略法を完全に掴んでると思いますけど、ここは打撃が良くなれば甲子園に近いんでしょうけどね・・・。監督さんが策士なのでしょう。葛原コーチはだいぶ有名になってきてますが、1年生の段階で教えられるならあの走塁は納得ですわ。7番の柴引君は重そうでしたけど(笑)。自チームの足が早いので練習の時点で必然的に捕手も強肩の選手じゃないと抑えられない位ですから、2年前の長坂や今年の柘植なんかは非常に肩が良いですもんね。盗塁の場合は勇気と行けると思ったときに行く決断力と自分の足を信じる心ですよね。今日は利府のバッテリーの心を見透かすかのように決めてましたし、改めて凄いチームだなと思いました。投手力的には優勝は難しいでしょうが、当たりたくない相手です。

「第96回選手権9日目の展望」へのコメント

こんばんは。
第2試合は確認しましたけど、やっぱり日本文理は勝負強いですね。いやもともと強いのは分かってましたけどね。今日もミスがありましたが勝ってますし、苦しくても勝ちきれるところが一番強いと思うので。新潟決勝で土俵際まで追い詰めた関根学園を改めて評価したいなと(笑)

健大高崎はまさに面目躍如という感じですかね。盗塁を0に封じた伊勢崎清明の青柳くんと福田くんのバッテリー見たかったですね。放送してよスカイA…(笑)
何でも牽制死が多かったとか?青柳くんも左腕ということですが…
健大高崎の走塁を仕込んでるのが葛原コーチでしたが、前にインタビューも読みましたが完全に癖、相手心理を「盗んで」やっていて盗塁で大切なのは心理だと。分析担当の葛原父もやはり流石ですね。メカニズムを1年生大会で概ね仕込んでしまうとは驚きました。
2011年に横浜と対戦したときは、長坂が9回に勝ち越しの場面でホームタッチアウトになり勝ちきれなかったですけど、進化してる感じはありますね。

こんな記事も読みたい

【高校・ユース】2014SBSカップ国際ユースサッカー・最終日/U-19日本代表×U-19韓国代表、静岡ユース(U-18)×U-19コロンビア代表【『素人に毛が生えた!』(名古屋グランパスファンのサッカー観戦記)】

最近の話題⇒超スローボールと故意死球について。既に最近の話題じゃないか(笑)【いつでも気楽に逆転勝利を】

甲子園【7日目】~2回り目始まる~【いつでも気楽に逆転勝利を】

やはり初戦は難しい【巨人 大鵬 卵焼き】

高校野球7日目終了【プロ野球関西】

2014夏の甲子園 第7日【スポーツ えっせい】

大会7日目が終わって地区別勝ち上がりをおさらい【素人のざれごと ~思いつくまま~】

第96回選手権・第7日の4試合【高校野球観戦日記】

ブロガープロフィール

profile-iconhonmakaina914

主にサッカー・野球・長距離等を書いています。普段は大学野球多め、たまに高校野球も取り扱う感じのアマ野球中心の備忘録。プロ野球もたま~に見るけどドラフト関連が少々多いかも。サッカーは気が向いたら書くスタンス。テニスは昔やっていたものの、今はもっぱら見る専。長距離はある時期が来たら投稿が増えます。

不定期ですが、とりあえず感じたことを書いていこうかと。よろしくお願いします。

■ファンサカ
★mini
2012年度 全国リーグ
札幌FC 
年間813位

2013年度 全国リーグ
札幌FC
年間168位

2014年度 プロリーグ
札幌FC
年間328位

2015年度 全国リーグ
札幌FC
年間300位

2016年度 プロリーグ
札幌FC
年間288位

2017年度 プロリーグ
札幌FC
年間351位

■観戦歴
△サッカー:94年W杯のイタリアを見て自身もサッカーをやり始める。各代表、ユース年代など。関東住みの今でもコンサドーレファン。

△野球:1995年の夏2回戦、旭川実業と鹿児島商業の乱打戦からのミラクル旭実に魅せられて以来、高校野球にどっぷりはまる。高校野球、大学野球、社会人野球など。

△フットサル:2012年は北海道、町田、府中、湘南など観戦。2013年は町田や府中の体育館で試合を撮ることも。好きな選手はGKイゴール。

△陸上:藤田敦史や神谷伸行の代からの駒澤ファン。最近は宇賀地強と村澤明伸のデットヒートが見られた第41回全日本大学駅伝が印象に残っている。

●好きな選手
■サッカー
△海外
ロベルト・バッジオ(元・イタリア代表)
ファン・ロマン・リケルメ(元・アルゼンチン代表)
カルロス・バルデラマ(元・コロンビア代表)
ビセンテ・ロドリゲス(元・スペイン代表)

△日本
乾貴士(エイバル)
清武弘嗣(セビージャ)
今野泰幸(ガンバ大阪)
奈良竜樹(川崎)

△コンサドーレ
宮澤裕樹
深井一希

■野球
△野手
高須洋介(金沢高-青山学院大-近鉄-元・楽天)
渡辺直人(牛久高-城西大-三菱ふそう川崎-楽天-横浜-西武)
西川遥輝(智弁和歌山高-日本ハム)
北道貢 (駒大岩見沢高-駒澤大-NTT東日本)

△投手
伊藤智仁(花園高-三菱自動車工業京都-元・ヤクルト)
西口文也(県和歌山商業高-立正大-元・西武)
武田勝 (関東第一高-立正大-シダックス-元・日本ハム)

■テニス
△海外
アンドレ・アガシ
ロジャー・フェデラー

△日本
鈴木貴男
錦織圭

ふつつか者ですがよろしくお願いします。

■インスタグラム
https://www.instagram.com/nk411456/
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:18040414

(01月24日現在)

関連サイト:Twitter/NK/marmarmorimori

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 少し早い2015年高校生のドラフト候補や注目選手。そして、2015年度の中心となる高校は・・・。
  2. 2016年度の高校生注目選手。そして、2016年度の中心となる高校は・・・。
  3. 2015ドラフト上位24人予想と2016年のドラフト候補達
  4. 2015年ドラフト雑感と2016年のドラフト候補達
  5. 2016年ドラフト雑感と2017年のドラフト候補達
  6. スポーツ報知が挙げた2014ドラフト候補一覧(高校生編)
  7. 第97回全国高校野球選手権小ネタ(出場校と注目選手・選手権出場選手の12球団ジュニアトーナメント経験者・18U世界選手権日本代表予想など)
  8. センバツ候補校と第44回明治神宮大会組み合わせなど
  9. 2016ドラフト上位24人予想と2017年のドラフト候補達
  10. 高校時代の世代最強の投手&野手は誰だ?(1993~1997年生まれ編)

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss