今宵もB@ystarsとともに

真の『助っ人』となった男 E・エスコバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベイスターズファンの頭に?マークが浮かんだトレード

7月6日、まさに青天の霹靂とも言えるトレードが実現した。

黒羽根利規の北海道日本ハムファイターズへの放出。

こちらに関しては、ベイスターズ側の思惑を読む限り

現時点で戸柱や嶺井、高城の3人捕手制を敷いている為

一軍での出場機会が限られていた事が放出の要因であろうと思われていた。

また、ファイターズ側が黒羽根獲得を要望したと思慮を巡らせるのであれば

高卒3年目の清水優心の起用が増えてきており、経験豊富なベテラン捕手が求められたのではないか。

また、当時ファイターズ側に捕手の故障者が相次いでいたことから、出場機会を求めてではないか。

といった具合である。

事実、今シーズンのファイターズは既に来季を見据えた動きをシーズン中盤から見せていた。

今回の黒羽根利規のトレード獲得を皮切りに、

昨年の日本シリーズ胴上げ投手の谷元圭介を中日へ金銭トレード

屋宜照悟をヤクルトへ放出し、プロ4年目の杉浦稔大を獲得。

また、メンドーサをウェーバー公示し保有権譲渡契約が成立し阪神が獲得している。

さて、黒羽根利規トレードの話に戻そう。

チームを長年支えてきた捕手。

しかも、小学生時代の三浦大輔とのエピソードはTV番組に取り上げられるほど有名で

横浜生まれ、横浜育ちの最狭義の意味での「フランチャイズ・プレーヤー」の放出。

これもまたプロの世界とは思っていても、と思ってしまうトレードであった。

しかも、しかもである。そのトレード相手が衝撃的であった。

エドウィン・エスコバー。

今シーズンファイターズに入団した25歳のサウスポーである。

ファイターズでの成績は14試合に登板し1勝2敗、防御率は5.64

金銭トレードではない、日本人選手とのトレードではない。

調べると、外国人選手がトレードで移籍するケースは

2012年に当時巨人に所属していたロメロがホークスへ移籍して以来のケース。

シーズン中に限ればプロ野球史上初のケースであった。

7月6日にトレードが発表され、翌日には遠征先の名古屋へ

そして、7月8日に移籍後初登板を迎える。

150キロを優に超えるストレート、どろんと曲がるカーブを武器に7月は4試合に登板し無失点。

8月には移籍後初の先発登板を果たすも、広島打線に捉えられ初勝利はならず。

それでも、9月に入ると11試合に登板し防御率1.64の成績を残し、

チームに二年連続のAクラスをもたらした。

中継ぎ陣に限れば、今シーズンは山﨑康、三上、パットン、田中、砂田が60試合登板。

チームが苦しい時期に調子を挙げ、シーズン最終盤は一つも試合を落とせない状況の中で

エスコバーは淡々と試合を壊すことなくCSへ導いたキーマンの一人と言えるだろう。

来シーズンの去就は不明であるが、今シーズンに限って言えば双方の球団win-winの

トレードだったと言えるのではないか。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
横浜DeNAベイスターズ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ベイスターズを去る人たち【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

なぜカープはDeNAに負け越したのか?【カープファンの構想と妄想】

ジャイアンツの若手育成の本気度が見えてくる、みやざきフェニックス・リーグ【頑張れ!ジャイアンツ 2017】

レギュラーシーズン:17/10/04、対中日ドラゴンズ【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

CSに参戦する選手、フェニックスリーグに参加する選手、それもできなかった選手【YOKOHAMA lover】

和製大砲は一日にしてならず【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

2017ドラフト指名予想~横浜DeNAベイスターズ編~【プロ野球ドラフト会議】【ドラフトさん】

あと一点!+細川をCSへ【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

ブロガープロフィール

profile-iconhokuro25

ベイスターズを応援し続け幾星霜
少しずつ、一歩ずつ、強くなってくれ。
  • 昨日のページビュー:3
  • 累計のページビュー:343273

(11月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2015年シーズンに向けて ベイスターズ12人戦力外通告の衝撃
  2. 2015年シーズンに向けて 10/1 戦力外通告 解禁
  3. グリエル残留に伴うチーム構成
  4. オープン戦の順位から見るシーズン順位。ベイスターズよ二位になれ!?
  5. 真の『助っ人』となった男 E・エスコバー
  6. 2番に梶谷を配置する、ということ。
  7. 「ハマのジャイアン」はスカスタの暴れん坊となるか
  8. 2015年シーズンに向けて 戦力外通告とベイスターズ
  9. 開幕ローテ、ブルペン陣はどんな布陣で?
  10. 2016年に向けて 一週間後に迫ったドラフト。大学or高校生 1位指名はどちらの左腕に?

月別アーカイブ

2017
10
08
2016
09
05
01
2015
11
10
09
07
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss