ぷかちょの、野球はツーアウトから。

5点差を追いついた巨人と6点ビハインドの次の1点さえ相手に与えてしまう阪神、ただ漫然と野球をやってはいないか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017.09.13(水)甲子園 21回戦 阪神 ●2-7○ 巨人 ※阪神8勝12敗1分け

マツダスタジアムの直接対決を三連敗して、ほぼ広島カープの連覇は確定的となった時に、テレビで解説者が阪神タイガースの翌日からの

目標が見つけづらくなったのでは?というコメントがあったのをつい、こないだのように記憶している。

見ている側からすれば「へぇ~、そんなもんかね?」と感じるが、確かにチームとして今一度ネジを巻く必要性はあるのだろうと。

しかし、眼下の敵という3位・DeNAとの直接対決を三連勝し、地元甲子園の観衆を沸かせたかに思えたが、逆転CSを狙う「目標」を持った

巨人にはここ一番の底力を見せつけられた。というよりも、もう既に巻いたはずのネジが緩んでしまったのか?

確かに貯金はそれでも15もあり、3位に上がった巨人とは5.5ゲーム差ある。

が、阪神タイガースの現状に何故かギラギラしたものを感じない。21本のホームランの記録を引っ提げて上がってきた陽川、

相当にもう懐かしささえ漂ってくるくらいに久々の江越、途中出場とはいえこれまた久々の梅野。

特にそれは若手野手の面々に感じてしまう。

石崎あたりなんかは毎試合、緊張感が伝わってきて何かしらの経験を積んでいるように見えるし、ベテランの藤川球児はどんなに負けている場面

でも、自分に与えられた役割を常に全うしようとする意気込みを感じる。

何も野手陣だけがやっていない、というわけではないが何か熱いものが伝わらないとすれば残念である。彼らの目標はベンチに入ることでは

なくて、出場機会を掴み、離すことなくチャンスを掴み切ることであるはず。そうであれば、もっとギラギラして、浮いてしまうくらいに

ベンチで大声を出し、裏で激しく素振りをし、イニング間の野手とのキャッチボール(例えば、右翼手との)を一生懸命にする。

ベンチのコーチはそういった姿勢を見ている。ヤル気を見ている。「使ってみたい」と思わせる選手になってほしい。

中谷選手、打てないのなら外野から間に合わないホームへ投げて(しかも、悪送球…)打者走者まで二塁へ行かせるような拙守を繰り返す

ようなプレーをいつまでやらかしているの!自分一人で野球はやるのではない。投げるのならばしっかりと低い球で中継に入るカットマンに

返球することが基本でしょうが。「打てばいいんでしょう!」みたいな気持ちでやるから、続けて出してもらえなくなる。

昨夜の中継でOB解説者の吉田義男氏が「北條など今年決めたのならば使い続けるべき」と首脳陣に注文を付ける場面があった。

北條選手が現状、使われ続けられるべきかどうかは別とする。が、実はここ数試合の大和の守備は実に大和らしさを欠いてしまっている。

身のこなしは軽いがボールの扱い自体は少し雑に感じる。プレーが軽く見えてしまう。特に真正面に来たゴロ打球への判断が悪すぎる。

大和らしくないな、と。端的に言うと待つ、下がるが多い。体重が後ろに掛かってしまうと次へのプレーが遅れがちとなる。

ここ数年、阪神は打撃力の向上がテーマになっていることもあってかややもすると「守備軽視」を感じる。「打撃と守備のバランス」がなかなか

均等に取れた選手が居ないから仕方ないんだろうが、守りのミスが付きまとう中で打撃の向上を目指すのは意外と大変時間が掛かる作業

なのかもしれない。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

アレが最後じゃなかった岩本の晴れ舞台。【青木寝具店のブログ。】

ロッテの球団広報の梶原紀章さんが伊東勤監督について書いたコラムを読んで思ったこと 結婚式編【チュート・ハンパーのレッツゴープロ野球!】

飯塚悟史のお勉強タイムはまだまだ続く問題【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

2017/9/13(水)ボロ負けやん...【甲子園浜通信】

えーっと・・・陽川後一息!以上(笑)【虎バナシ中心。時たま他球団・・多分】

掛布2軍監督退任に思うこと【一生涯阪神ファンの想い】

昨夜のドローゲームは今季大きな決め手を欠く両チームの現状を見るような展開でした。【ぷかちょの、野球はツーアウトから。】

苦しい時期は、誰にだってある【妻を虎党にさせる-おっさんのブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconhitandrun

大阪生まれの大阪育ち。
大学4年間だけ、愛知県で過ごす。

ちなみに…大学では落研でアマチュア漫才コンビ
「オレンジボーイズ」のボケ担当でした。

小学校3年生から兄の影響で少年野球チームに。
ポジションは捕手。6年生で主将に。
中学校で捕手、主将。準硬式。
高校で硬式野球、2年生でセカンドにコンバートを命じられる。
2年生の秋の新チームから、新監督の下で外野手にはたまた
転向。大学進学と共に野球から離れる。

右投げ、左打ち。

スポーツ観戦全般が趣味。野球は幼少時からタイガースです。
甲子園ではライトスタンドの応援よりも、監督やヘッドのような感じで、
野球を見るのが好きです。
  • 昨日のページビュー:9212
  • 累計のページビュー:3978412

(09月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日テレさん、もうええ加減にやめてもらえませんか?
  2. 懲りない球団と意味不明な関西スポーツ紙の愚。
  3. 負けるべくして負けた。これが現状でしょうか。
  4. 阪神の捕手に対する考え方
  5. いいかげん、内部から補強するという発想をしてみろよ!
  6. 初回の広島の攻撃にチームとしての「差」を感じてしまった。
  7. あの夜のカープ戦に大敗したことが決して無意味ではなかった、と2,3年後に言えるようにしよう!
  8. 福本氏の「こりゃ、草野球や!」の試合終了後のコメントが笑えた。
  9. プロとして恥ずかしい、というコメントが既にプロではない。
  10. 悔やまれる、とすれば大和のプレーだが、結局は細かい野球が出来るか否か。

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
2016
08
07
06
05
04
03
2015
10
09
08
07
2014
05
04
03
02
2013
09
08
07
06
05
04
03
01
2012
12
10
09
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss