ぷかちょの、野球はツーアウトから。

西岡がもたらした新しい風、糸井を失うかもしれないという現実。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017.07.17(月・祝)甲子園 12回戦 阪神 ○2-1● 広島 ※阪神7勝5敗

球宴も終わってリーグ再開後がまたも対広島で始まる、いいのか悪いのか複雑な日程。前回の交流戦終了後にはマツダで中止を挟んだとはいえ、

あそこからチームはおかしくなった。今回はまたも広島とはいえ、唯一前向きな材料を探すとすればホームゲーム「甲子園」で出来るという事。

そして、西岡選手の復帰だろうか。アキレス腱断裂という大ケガから約1年ぶりの1軍復帰は西岡本人もそうだがチームが後半戦を迎える上で、

1つのキーとなる材料だろう。もちろん、起用法、特にどこを守らせるかで他の選手の起用法まで影響が出る訳で、ここは監督以下首脳陣の腕の

見せ所だと。

そんな復帰戦でいきなり「一番、一塁手、西岡」という起用となった。そう、ただ起用するだけではない、「新しい風」というか、チームに何らかの

アクセントを点けたかったのかなと。それが、第一打席の初球セーフティーバント(ファール)に見られた。西岡選手だからこそ作れる風、

西岡本人にとっても先頭バッターは意気に感じるだろう。ファーストというポジションは決して易しいポジションではないが、大和まではいかないに

しても西岡選手も決して下手ではないし、そこそこ器用でもある。実際にどんな使われ方をしても意気に感じるタイプ、やはりケガさえ気を付ければ

面白い存在にはなるとは思いますね。但し、彼は気持ちで動くタイプなので、いったん切れてしまうとスランプが意外と長い。そこは周囲がいかに

もてはやすかだろう。

さてと、今夜のヒーインは投打のヒーロー3人だった。メッセンジャーに同点打の糸原、決勝打の梅野。

試合展開の中で幾つかのポイントはあったと思うが、まずは立ち上がり苦しかったメッセンジャーが3回の満塁のピンチでエルドレッドの押し出し

でこらえた事は本当に大きかったですね。今夜のメッセンジャーはスライダーがことごとく流れて完全なボール球で手も出してもらえず、全く使え

ない球種と化してしまっていた。随分と投球の幅が狭くなってしまったが中盤からはカーブとフォークを上手く使えたことが大きい。

それにしても、今夜のメッセは消化不良だったと感じる。特に5回の鈴木誠也への四球はテレビを見ていても腰が抜けそうになった。

「判定不服」とチャート表には書いてあったが、最後の球は鈴木誠也選手が見送ったのか、手が出なかったのか?

でも、カッカするメッセンジャーを素早く冷静になだめたのが西岡と鳥谷の両ベテラン。彼らの存在があったから、監督も敢えて出なかったのかも

しれない。なんとか冷静さを保てたのは大きい。エンドランを掛けてきたが、松山選手は左飛に打ち取った。

エンドランでいえば、今夜のタイガースは積極的に機動力を使ったと感じますね。鳥谷がヒットで出た4回裏は1-2という打者不利なカウントから

鳥谷が動いて糸原が打つというスタイルで動かしてきたのが大きかったですね。エンドランでなければ2,3塁で梅野敬遠でメッセ勝負になるで

しょうしね。そういう意味では、鳥谷が6番辺りだとこういう攻撃は機能しやすくなります。本来ならば8番は小兵でも足の速い選手を置いて、

併殺崩れで9番まで回したいんですが、糸原は経験がある選手で器用さもある。ベンチが考えている以上に実戦向きと言えます。

ここでもインコース高めのストレートに負けないで上からしっかりと叩けている。あれをファールにしないで中に入れているのも、エンドランを

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

相性の悪さ?7月17日。【えんじょいブログ】

にしおかおかえり【言うはヤスシ】

7月17日 DeNA×ヤクルト 試合結果【横浜DeNAベイスターズへの応援ブログ】

強い「広島」相手に試金石?重要な3連戦【EXCITING TIGERS & HORSE RACING】

英雄の帰還……?【虎処「サービスえいり庵『たかおか』」】

西岡には驚異の!?前半戦しめくくり&オールスターの感想【一生涯阪神ファンの想い】

■後半戦突入:2つの提言【思無邪の虎】

阪神タイガース 前半戦終了 後半戦への期待(野手編)【ラテンアメリカの虎】

ブロガープロフィール

profile-iconhitandrun

大阪生まれの大阪育ち。
大学4年間だけ、愛知県で過ごす。

ちなみに…大学では落研でアマチュア漫才コンビ
「オレンジボーイズ」のボケ担当でした。

小学校3年生から兄の影響で少年野球チームに。
ポジションは捕手。6年生で主将に。
中学校で捕手、主将。準硬式。
高校で硬式野球、2年生でセカンドにコンバートを命じられる。
2年生の秋の新チームから、新監督の下で外野手にはたまた
転向。大学進学と共に野球から離れる。

右投げ、左打ち。

スポーツ観戦全般が趣味。野球は幼少時からタイガースです。
甲子園ではライトスタンドの応援よりも、監督やヘッドのような感じで、
野球を見るのが好きです。
  • 昨日のページビュー:311
  • 累計のページビュー:3705921

(07月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日テレさん、もうええ加減にやめてもらえませんか?
  2. 懲りない球団と意味不明な関西スポーツ紙の愚。
  3. 負けるべくして負けた。これが現状でしょうか。
  4. 阪神の捕手に対する考え方
  5. いいかげん、内部から補強するという発想をしてみろよ!
  6. 初回の広島の攻撃にチームとしての「差」を感じてしまった。
  7. 福本氏の「こりゃ、草野球や!」の試合終了後のコメントが笑えた。
  8. プロとして恥ずかしい、というコメントが既にプロではない。
  9. 悔やまれる、とすれば大和のプレーだが、結局は細かい野球が出来るか否か。
  10. 阿部と鳥谷の埋まらぬ差なのか…それとも原と和田の差なのか…

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
2016
08
07
06
05
04
03
2015
10
09
08
07
2014
05
04
03
02
2013
09
08
07
06
05
04
03
01
2012
12
10
09
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss