ぷかちょの、野球はツーアウトから。

天津飯と野球が好きな40代、タイガースを中心にスポーツ大好きな毎日です。書きたいこと、感じたことをダラダラと。

hitandrun

大阪生まれの大阪育ち。 大学4年間だけ、愛知県で過ごす。 ちなみに…大学では落研でアマチュア漫才コンビ 「オレンジボーイズ」のボケ担当でした。 小学校3年生から兄の影響で少年野球チームに。 ポジションは捕手。6年 もっと見る
  • 昨日のページビュー:9212
  • 累計のページビュー:3978412
  • (09月22日現在)

最新の記事

待たれる左打ち強打者の出現を!

2017.09.20(水)甲子園 23回戦 阪神 ●0-2○ 巨人 ※阪神8勝13敗2分け 甲子園での今季対巨人最終戦は手も足も出ない完封負けで、3勝7敗2分けという無残なものとなりました。せめて、甲子園での対巨人戦は 勝敗の数字がこの逆であってほしかった、と思うばかりです。 菅野投手とは今季前半は対戦がなかったんですが、結局先発で4試合に登板、阪神の1勝2敗1分けでした。 菅野投手は全体の......続きを読む»

停滞しない、常に進化を続ける、そんなチームを目指してほしい。

2017.09.18(月・祝)甲子園 24回戦 阪神 ●2-3○ 広島 ※阪神9勝14敗1分け まずは、広島カープ 2年連続8回目のリーグ優勝、37年ぶりの連覇(で、あってますか?)、おめでとうございます!!! 緒方監督の優勝監督インタビューで「甲子園は我々の野球のルーツ?(主旨)」的なことを言ったときは、随分と甲子園を強調してくれる、 と変な感じがしましたが、見事な優勝でした。 個人的には......続きを読む»

サインミスする選手を含めて、采配の責任者は監督が負わなくて誰が負う?

2017.09.14(木)甲子園 22回戦 阪神 △2-2△ 巨人 ※延長12回規定により引き分け ※阪神8勝12敗2分け 甲子園よりも早く試合が終わったマツダスタジアムでは残ったカープファンがオーロラヴィジョンに映し出されるNHK-BS1の阪神-巨人戦を 見つめる、という状況が出来、それをしばらく総合2chで伝えるという画期的な映像が続いていた。しかも、大野氏に小早川氏というカープOBの N......続きを読む»

5点差を追いついた巨人と6点ビハインドの次の1点さえ相手に与えてしまう阪神、ただ漫然と野球をやってはいないか?

2017.09.13(水)甲子園 21回戦 阪神 ●2-7○ 巨人 ※阪神8勝12敗1分け マツダスタジアムの直接対決を三連敗して、ほぼ広島カープの連覇は確定的となった時に、テレビで解説者が阪神タイガースの翌日からの 目標が見つけづらくなったのでは?というコメントがあったのをつい、こないだのように記憶している。 見ている側からすれば「へぇ~、そんなもんかね?」と感じるが、確かにチームとして今一......続きを読む»

昨夜のドローゲームは今季大きな決め手を欠く両チームの現状を見るような展開でした。

2017.09.12(火)甲子園 20回戦 阪神 △5-5△ 巨人 ※延長12回規定により引き分け ※阪神8勝11敗1分け うーん、両軍合わせて13人の投手陣に両軍合わせて23安打、お互いにチャンスは作れたけれど随分と決め手を欠いた試合でしたね。 正直、展開力も相手のプレーが崩れる形を待つ「他力本願」が多く、自軍の作戦や自ら仕掛けるプレーでの展開力に欠ける両チームの 現状が浮き彫りとなった。阪......続きを読む»

隼太の劇的サヨナラ打は、1打席、1球も疎かにしない掛布イズムの賜物か!

2017.09.10(日)甲子園 20回戦 阪神 ○7×-6● DeNA ※9回サヨナラ ※阪神13勝7敗 昨夜のゲームは20奪三振も記録しながら延長でのようやくのサヨナラ勝ちともつれる試合でしたが、 今夜は二転三転とどうなるかわからない展開、勝つには勝ちましたが決して内容はと言えば褒められるものでもなかったです。 が、まぁチームとして戦う以上は「CS入り」という目標を持ちながらやっているだろ......続きを読む»

DeNA戦の快勝劇に見る、対広島戦で止まらない風を感じているのは首脳陣だけではないのか?

2017.09.08(金)甲子園 18回戦 阪神 ○8-3● DeNA ※阪神11勝7敗 試合とは別に感じた事ですが、昨夜の球審ストライクゾーンがかなり辛くなかったですか? 能見にも井納にもそれは共通して感じました。内も外も、特に能見は右打者の内を、井納は右の外を。 要は両サイド、横幅が厳し過ぎた。能見タイプにはキツイでしょう。 さて、試合ですが4回裏の二死満塁で能見には代打を出すと考えてい......続きを読む»

秋山投手にとっては、経験゛いっぱい゛の1敗。

2017.09.07(木)マツダ 23回戦 広島 ○6-4● 阪神 ※阪神9勝13敗1分け 先発の秋山投手にとっては広島戦は今季初登板だったんですね。データ軽視(笑)の僕にとっては意外でした。 立ち上がりこそ良かったみたいですが、映像で見れた5回はさすがの秋山君もカープの集中打を浴びてしまいました。 特にカープの左打者は抑えきれなかったですね。昨夜は直球のスピードもなく、痛打されました。 恐......続きを読む»

負けながらでも育てられるはず。痺れる試合にこそ若虎を起用せよ!

2017.09.05(火)マツダ 21回戦 広島 ○8×-7● 阪神 ※9回サヨナラ ※阪神9勝11敗1分け 2017.09.06(水)マツダ 22回戦 広島 ○4×-3● 阪神 ※延長11回サヨナラ ※阪神9勝12敗1分け 正直に言いますと、現有戦力を比較したときにタイガースはよく戦えているのかな、とは思います。 ただ、いつも言っていることですが野球の質が違いすぎます。埋めようがない。それくら......続きを読む»

小野投手、祝初勝利!2勝目が大事です。しかし、甲子園はええもんですな。

2017.08.29(火)甲子園 22回戦 阪神 ○3-0● ヤクルト ※阪神15勝7敗 長期ロードを貯金6という思いもよらぬ好成績で「我が家・甲子園」に帰還したタイガース船団。ロードといっても途中、京セラドーム港に2度も 寄港出来た訳で、今やロードといえどもタイガースにとっては「おいしい長期出張」みたいなものとなった。 しかし、それでもようやく戻れた甲子園。阪神園芸さんの御蔭でこれでもかとい......続きを読む»

藤浪投手の復帰登板について、そして思う事。

平日は仕事があって、しかも最近は自分の体力的疲労からくるストレスと仕事環境にストレスを感じ、正直ブログまで気が回らなかった部分が ありました。野球観戦もままならず、いやテレビすら見るのもしんどかった。 そんな折の藤浪投手の1軍復帰初登板ゲーム。結果と内容は周知の通りです。 翌日のスポーツ紙には様々な論調が踊っていました。 「降格前と変わっていない」 「イップスだろう」 中には現首脳陣との......続きを読む»

1点を争う拮抗した白熱の好ゲームは、大事に行き過ぎた守備力が勝負のアヤを生んだのか?

2017.08.19(土)大会第11日目 3回戦 第4試合 大阪桐蔭(大阪)●1-2×○ 仙台育英(宮城)※9回サヨナラ 大阪在住の元高校球児としては普通は大阪の学校を応援するんでしょうが、正直言って仙台育英みたいな学校もダメな自分は、時間があったので それでも何気にテレビだけは付けていました。 が、ゼロが並ぶゲーム展開に流石に引き込まれていきましたね。根底にある「高校野球は守備から」という......続きを読む»

小野君、失うものはまだ何一つとしてない。もっと若々しく暴れてみせてよ。

2017.08.15(火)京セラドーム大阪 18回戦 阪神 ●6-11○ 広島 ※阪神8勝9敗1分け 今日は72回目の終戦記念日でした。私的なことを言わせていただければ、父を病気で亡くしたのが平成元年の今日で、29年経ちます。 早朝に高校野球の順延が早々と決まりましたが、空は意に反して雨も降らず、どんよりとした曇り空でした。が、例年の如くお坊さんに読経して いただき、少し肩の荷が下りた頃からか......続きを読む»

キラーを作るな!

2017.08.13(日)横浜スタジアム 17回戦 DeNA ●2-8○ 阪神 ※阪神10勝7敗 ある程度、この先発の順番は決まっていたんでしょうが、松田投手のこういう形はベンチは想定内だと思います。 順番的に苦しい事と相手が阪神キラーと化した濱口投手であれば、いかにも分が悪い。石田、井納と攻略できたかは分かりませんが三タテとする には、自信のある材料が少なかったでしょうか。 戦いが松田君が......続きを読む»

メッセを失った今だからこそ、問われるタイガースのこれから。

2017.08.12(土)横浜スタジアム 16回戦 DeNA ●1-2○ 阪神 (延長10回)※阪神10勝6敗 ベテランという存在感がひしひしと伝わってきたそんな試合展開でしたね。 13安打のDeNAが故障者続出のタイガースに負けてしまう、勝負は難しいものです。 昨夜の影のヒーローは先発の能見だと思います。8安打されましたが彼にしては珍しく(?)無四球でした。無四球だから何でもいいわけではない......続きを読む»

一つの勝利が次の勝利を呼んだとしたら。

2017.08.11(金・祝)横浜スタジアム 15回戦 DeNA ●1-8○ 阪神 ※阪神9勝6敗 最近、朝が通常よりも1時間早い出勤、たったそれだけで凄い疲れ様です(笑) 一番しんどいのは、タイガースの試合があまり見れていないことと、高校野球が全て後追いになってしまっていることでしょうか。 それでも、昨日から「お盆休み」に入ったので高校野球は偶然にも「注目の大会4日目」を堪能することが出来ま......続きを読む»

起こせ!ジャイアントキリングを!

各都道府県で行われてきたこの夏の全国高校野球の地方大会も続々と出場校が決まり、残すところ宮城県、西東京、そして我が地元の大阪府の 3地区を残すのみとなってきました。宮城は雨天の影響もあって、今日が準決勝2試合、西東京と大阪は今日が決勝戦となる。 各地区の出場校を見ると全体的な印象は御馴染みの常連校が多いな、と。もちろん、中には久々の古豪もありますし、ただ西日本の方が初出場とかが あるのかなと。......続きを読む»

DeNA戦三連戦と中日戦初戦の振り返り。

① 7/25(火)甲子園 12回戦 阪神 ●0-1○ DeNA ② 7/26(水)甲子園 13回戦 阪神 ●5-6○ DeNA ③ 7/27(木)甲子園 14回戦 阪神 ○10-3● DeNA ※阪神8勝6敗 ラミレス監督の指導や采配がいいのか、元々の選手たちがいいのか僕はわからないんですが、DeNAって対戦すればするほど良くなっていくな、と 思えるチームなんですよね。ただ、でもまだまだ発展途上......続きを読む»

メッセンジャー、阪神に来てくれて改めて、ありがとう!

2017.07.23(日)神宮 15回戦 ヤクルト ●0-5○ 阪神 ※阪神9勝6敗 前日、ヤクルトが連敗を14で止める試合があった。阪神も細かいミスが続けば、展開や流れの中でも修正が効かなくなる。 しかし、申し訳ないが今のチーム状況のスワローズにここで負け越しは許されない。その為ではないだろうけど、今夜のメッセンジャーは いつも以上に気合いが入っているように見えました。いつもそうですが、孤軍......続きを読む»

中谷選手の送りバントの場面、あそこでは打たせてみたかった!

2017.07.22(土)神宮 14回戦 ヤクルト ○6-2● 阪神 ※阪神8勝6敗 2度も書き込み中のブログが強制終了で消えてしまった。結局、これもヤバいなぁと思いながら、短めに終わらせて載せたいと思っています。 前回は多くの反響を戴きました。西岡選手の広島戦でのプレー中の立ち振る舞いについて、少し辛辣に書きました。 内容以上にもっと時間を掛けて正確な情報を得たうえでブログを作るべきだった、......続きを読む»

あの夜のカープ戦に大敗したことが決して無意味ではなかった、と2,3年後に言えるようにしよう!

2017.07.19(水)甲子園 14回戦 阪神 ●3-14○ 広島 ※7勝7敗 まずは応援する自軍の西岡選手が広島投手を恫喝し、打った後もスポーツマンシップにあらぬ言動や立ち振る舞いをしてしまったことで、 せっかくの好ゲームを台無しにしてしまったことを広島ファンをはじめ選手や関係者の方々に謝りたいです。 僕自身もライブで見ていましたが、もう野球ではなくなっています。しかも、大量失点後のさなか......続きを読む»

西岡がもたらした新しい風、糸井を失うかもしれないという現実。

2017.07.17(月・祝)甲子園 12回戦 阪神 ○2-1● 広島 ※阪神7勝5敗 球宴も終わってリーグ再開後がまたも対広島で始まる、いいのか悪いのか複雑な日程。前回の交流戦終了後にはマツダで中止を挟んだとはいえ、 あそこからチームはおかしくなった。今回はまたも広島とはいえ、唯一前向きな材料を探すとすればホームゲーム「甲子園」で出来るという事。 そして、西岡選手の復帰だろうか。アキレス腱断......続きを読む»

野球が出来る幸せを、野球を見れる喜びを、いつまでも。

2017.07.12(水)甲子園 14回戦 阪神 ○5-4● 中日 ※7勝7敗 倉敷の大勝劇の雰囲気をそのまま甲子園に持ち運んできた、というかそれは日曜日の糸原サヨナラヒットの余韻から来ているのかもしれない。 もちろん、試合だから勝ってもチームとして反省すべき点や修正したいことはあるんだけど細かい事ばかりにこだわり過ぎても毎日試合はやってく るわけで。忘れてはダメだけどミスや失敗は次取り返せば......続きを読む»

受け身で野球をするようなチームではまだないはずです!

2017.07.08(土)甲子園 12回戦 阪神 ●1-8○ 巨人 ※阪神5勝7敗 2戦続けて、しかも本拠地・甲子園で無様な内容でしたね。これといって収穫もない試合で、単なる疲れだとかでは語ってほしくないほどの恥ずかしい ゲームでした。打線も正直、内海投手を打てないようでは寂しい限りです。これで甲子園の巨人戦は2勝5敗ですか…何といっていいのやら。 スポナビの選評欄に載っていた「敗れた阪神は投......続きを読む»

記録に表れないミスが多過ぎる。

2017.07.07(金)甲子園 11回戦 阪神 ●1-5○ 巨人 ※阪神5勝6敗 ここ2試合が1失点ながら0-1,0-1というスコアで初勝利が遠い小野投手。だいぶ、フォームも安定し、制球も落ち着いてきた。 ドラフト2位ということを考えると、これくらいの潜在能力はあっていいわけで伸びしろという事を考えれば今後が楽しみな逸材でもある。 相手先発がマイコラスで打線が苦戦必至の中でどこまで持ちこたえ......続きを読む»

各選手がチームが浮上のきっかけを掴め!

2017.07.06(木)横浜 11回戦 DeNA ●5-10○ 阪神 ※阪神7勝4敗 昨夜は16安打10得点とここ最近の打線の鬱憤を晴らすような大勝であり、打撃戦を制したことは今後の戦いにも大きな弾みとなるでしょうね。 ホームランあり、タイムリーに犠牲フライ、セーフティースクイズあり、と中身もバラエティに富んでおり久々に面白い試合展開でした。 昨夜はベンチもスタメン起用が大胆でしたね。 ①......続きを読む»

少し目の前の試合をなめてはしまわなかったか?

2017.07.05(水)横浜 10回戦 DeNA ○4-1● 阪神 ※阪神6勝4敗 試合の展開上は福留の後逸から少し崩れていった感のある内容だったが、個人的には序盤の阪神の攻撃に少し疑問を感じる場面があった。 長いゲームの中での一場面ではあるが、作戦的に迷ったとか、相手の裏をかいた、とかで表現できることではなくて、 ややもするとタイガースベンチの目の前の試合に対する緊張感の薄さというか、何か......続きを読む»

眠れる虎が片目だけ開いてきた。

2017.07.01(土)甲子園・昼 阪神 ○3-1● ヤクルト ※阪神6勝5敗 初安打が初本塁打の決勝打を放った大山選手と、連敗中の中であくまで自分らしさの投球をしてベテラン能見、まずは彼らの活躍に感謝したい。 ゲームの振り返りは後からするが、ゲームの内容自体はともかく連敗を止める試合にまで究極的に内容までは求めづらい。 今日から新しい月、7月。交流戦が終わってリーグ再開後は途中で球宴を挟み......続きを読む»

生みの苦しみを首脳陣はまだまだ理解すべき!

2017.06.30(金)甲子園 10回戦 阪神 ●3-4○ ヤクルト ※5勝5敗 昨夜の試合は先発投手の青柳が持つ「らしさ」が行き過ぎた結果になってしまいました。 でも、それ以上にメンタル面の弱さというか精神面の不安定さをあからさまに露呈してしまいましたね。打たれたことは仕方ないにしても、3つの 死球や山田への押し出しはどれかは止められたはずだし、止めなければならない。いつまでも、過保護のよ......続きを読む»

ホームアドバンテージにすがれ!

2017.06.29(木)ナゴヤドーム 12回戦 中日 ○1-0● 阪神 ※阪神5勝7敗 少しへんてこりんなタイトルにしてみたんですが、実は同じ虎ファンの方のブログで既に僕とほぼ同じ気持ちのタイトルを使っておられたので、 少しだけアレンジしたつもりです(笑)要は「何だかわからんけど、甲子園に帰ろう!ホームがあるやん」みたいな。 交流戦が終わって、リーグ再開後のビジター日程にはまんまとやられてし......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 13 14

このブログの記事ランキング

  1. 日テレさん、もうええ加減にやめてもらえませんか?
  2. 懲りない球団と意味不明な関西スポーツ紙の愚。
  3. 負けるべくして負けた。これが現状でしょうか。
  4. 阪神の捕手に対する考え方
  5. いいかげん、内部から補強するという発想をしてみろよ!
  6. 初回の広島の攻撃にチームとしての「差」を感じてしまった。
  7. あの夜のカープ戦に大敗したことが決して無意味ではなかった、と2,3年後に言えるようにしよう!
  8. 福本氏の「こりゃ、草野球や!」の試合終了後のコメントが笑えた。
  9. プロとして恥ずかしい、というコメントが既にプロではない。
  10. 悔やまれる、とすれば大和のプレーだが、結局は細かい野球が出来るか否か。

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
2016
08
07
06
05
04
03
2015
10
09
08
07
2014
05
04
03
02
2013
09
08
07
06
05
04
03
01
2012
12
10
09
08
07
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss