hirotaiのブログ〜オレンジの落書帳

さよならありがとう、スポナビブログ~明治安田生命第33節 清水エスパルスvsアルビレックス新潟 レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐこのスポナビプラスのブログサービスが終わってしまうということで、最後の記念にレビュー記事を投稿しておこうと思います。

今回、取り上げる試合はアルビレックス新潟とのホーム最終戦です。

スタメンは以下の通りです(新潟は前半の早いうちにCB大野が負傷で大武に交代)。

1.前半。

前半は清水エスパルスが攻めては2点を奪い、守っては相手の攻撃を無失点で抑えるという最高の形で折り返しました。

この要因について考えてみます。

(1)清水の守備

基本的には守備が上手くいったというのが大きな要因だったと思います。高い位置から制限をかけてサイドで押し出すような守備が機能していました。

まず新潟のセンターバックがボールを持つと2トップの一人がプレスをかけもう一人はボランチへのコースを塞ぎます。そして中にフリーを作らないようボランチは前に出てしっかり相手を捕まえます。

この清水のファーストディフェンスで新潟はボールを運ぶルートをほぼCB→SBの一択に制限されていました。前線がプレスすると後ろは中央圧縮で中のコースを消し、前のプレスに合わせて押し上げます。

そこから新潟がサイドにボールを動かすと清水の守備ブロックは素早くボールサイドにスライド。ブロックの中に侵入したところをボランチが外に押し出しサイドハーフとサイドバックで囲んで奪い取ります。

この守備の形で前半は新潟の攻撃を抑え込むことに成功していました。

(2)清水の攻撃~質的優位とマッチアップのずれ

テセとデュークはロングボールのターゲットとしてかなりの確率で競り合いに勝つことができていました。清水にとっていわゆる質的優位と言えるポイントです。

新潟はディフェンス陣がテセ、デュークを警戒する一方、前は高い位置からのプレスを仕掛けていました。そのため前と後ろの間には広いスペースが生まれます。

そのスペースを活用したのは清水。竹内、増田のボランチを積極的に前線の攻撃に絡ませていきます。さらに金子を右外に開いた位置から前向きにスピードに乗った状態で中のスペースに侵入させます。広く空いた中盤をボランチ2枚で守る新潟に対して、清水は3人の数的優位。中盤の数的優位によって清水はセカンドボールの回収でも先手を取ることが出来ていました。

もう一つ気になったのがマッチアップのずれです。マッチアップを簡単に図にすると、

このような噛み合わせになります。

この試合の清水はボランチを1枚落としてのビルドアップをせずディフェンスラインだけでビルドアップのスタートをしていました。磯村はあまり前に出ずバイタル周辺を埋めていたため竹内はちょうど間で浮く形。また堀米はテセの監視もあってディフェンスラインに入るので、金子がフリーになりやすくなっていました。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

『グランパス』エースのジョー誕生か?【赤の血潮と、青の魂】

待ちに待った瞬間(とき)。祝☆J1リーグ初制覇!【主婦の目線でフロンターレ♪】

【天皇杯 Semi Final】 vsヴィッセル神戸~粘り強さがユン・セレッソの力。【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

犬飼の報道について思うこと【m_maruのエスパルス観戦日記】

ストーブリーグで暖まろう2017~霧の中の監督~【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

難易度Aの監督探し【m_maruのエスパルス観戦日記】

小林伸二監督 退任【猫に小判】

最初に見直すべきは監督よりも強化部【m_maruのエスパルス観戦日記】

ブロガープロフィール

profile-iconhirotai

J開幕からの清水エスパルスファンです。勝って喜び、負けても腐らずをモットーにサポートしております。
  • 昨日のページビュー:10
  • 累計のページビュー:217579

(01月15日現在)

関連サイト:メモ書き

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ノヴァコヴィッチは、清水エスパルスの1TOPとしてフィットするのか。
  2. もう1度輝いてくれ浅田真央
  3. アウェイ 広島戦 「攻撃的なのか守備的なのか」
  4. やっぱり静岡ダービーだ。
  5. 真面目に語ってみる。 その2 良いサッカーとは
  6. 2014年シーズン前半戦 清水エスパルスの得点に関する考察
  7. 無観客で行われる浦和レッズ戦を前にして。
  8. 2ndステージ第11節 浦和レッズ戦 レビュー
  9. 第25節 vs G大阪 「ピッチに表れた矛盾」
  10. ホーム 広島戦

月別アーカイブ

2017
12
09
08
07
06
02
2015
12
09
06
05
04
02
01
2014
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss