レアルマドリードのある生活

マドリーの移籍市場最後の数日

このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の移籍期間が終了した。

マドリーは例年になく売却が早く進んだ夏だった。 リーガで実績のあるケイラー・ナバスと契約して、世代交代を含めた将来への投資を行いながら、ディエゴ・ロペスにフリーでミランに移籍してもらいGK問題の一応の解決を図った。 フィールドプレーヤーでは、カゼミロ(ポルト)、モラタ(ユベントス)の移籍が早い段階で決まり、クロース、ハメス・ロドリゲスとの契約はあったものの、ディマリアがユナイテッドに移籍し、最終週になってシャビ・アロンソもバイエルンへと発った。 アロンソとチチャリートの移籍についておさらいしながら、今夏のマドリーの動きについて簡単に評価してみたい。

■シャビ・アロンソ、バイエルンへ アロンソの移籍が取り沙汰されるようになったのは、移籍市場が閉まる5日前頃から。アロンソ自身が移籍を求めたと報じられ、バイエルンへの移籍が一気に決まってしまった。 移籍金は1000万ユーロ、バイエルンでは1000万ユーロの年俸で2年契約。

32歳となり、年齢的にフル稼働は難しいだろうと思ってはいたし、クロースが想定よりずっと順調にチームに馴染んでいたので、プレー時間は限られるだろうとは思っていたが、ベテランとしてチームを支えてもらうことはもちろん、中盤の選手層の厚みを保つためにも残留して欲しかった。 とはいえ、これまでの貢献により、希望すれば移籍を容認する条項が前回の契約更新時に契約に盛り込まれたと報じられており、そうであれば引き留めるのは難しい。引き留めに成功しても、モチベーションが低下する恐れは十分にあるし、契約更新時にはうまい話をするが、条項どおり移籍しようとすると阻害されるかのような噂がプレーヤー間で広まるようなことも考えられた。契約上互いに認めた権利をもって移籍希望したならば、それをスムーズにする方が問題は少ない。希望が出てからのクラブの対応は悪くなかった。

問題は時期。期限まであと数日では穴埋めも難しく、ことが動く時期が悪すぎた。クロースが来たからではないとアロンソ自身は述べているが、そうであればもう少し早く移籍の希望を表明してもらいたかった。

■最終日にチチャリート モラタが移籍し、ベンゼマの1人体制となっていたフォワード。モラタはまだ若く、ベンゼマも波がありゴールという点では不満もあったことから、以前から継続的に補強の必要性があったポジション。 それにもかかわらず、マドリーは最終日まで動かず、最終的にチチャリートとレンタル移籍で契約することとなった。

当初はスアレス一本と思われたフォワードの補強策だが、W杯での噛み付き行為によりマドリーは獲得しないことになり、それ以降動きが乏しかった。 水面下で交渉があったとすればファルカオだろうが、彼も負傷明けで長期の契約にはリスクが伴った。代理人であるメンデスとの交渉もタフだったと思われ、マドリーが契約するならばレンタル後に6000万ユーロ程度での買い取り義務をつけなければならなかったとも報じられている。

スアレスの事件はマドリーが防ぐことができるわけもなく、ファルカオについてもメンデスに良いように扱われることは好まないだろうから、クラブとしてできることは限られていたが、彼らに次ぐプランがなかったことは問題。 最初に書いたように、以前から必要だったポジションなのだから、スアレスとの契約の可能性を排除した時点で様々な可能性が報じられるくらいにはなっていてほしかった。 安価にチチャリートと契約できたことは良かったが、1トップにあうプレーヤーではなく、その点の不安は残る。 チームに合ったプレーヤーと契約する機会を失ったのではないか、と思ってしまう。

■個々の契約はまずまずだが全体としては・・・ 想定外だったアロンソまで移籍し、最終日にバタバタと契約する可能性が高かったのは中盤。急にプレーヤーがいなくなったこともあるし、ソシエダ戦で明らかに攻守のバランス調整ができていなかったのだから、ギリギリであっても手をつける必要に迫られるならインテリオールかピボーテのところだったはず。 ところが、最終日に契約したのはフォワードのチチャリート。ずっと補強の必要があったポジションに最後の最後で手をつけたということになる。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
個人的考察
タグ:
移籍
シャビ・アロンソ
チチャリート
簡単に総括

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ジズーさん

こんばんは。

アロンソについては、そう言われていますね。確かにこのタイミングで新たなモチベーションがと言われても納得がいかない同僚もいるでしょう。
バイエルン、というよりグアルディオラがマドリーへのダメージを考えていたのかはわかりませんが、厄介なタイミングになったことだけは事実ですよね。

フォワードはアンチェロッティが随分ベンゼマを大事にしていますよね。アンチェロッティの意思としては、スアレスがなくなった時点で無理に一線級のフォワードを今夏に追わなくてもということだったのかもしれません。来シーズンいろいろ出てくる可能性がありますしね。
そう考えると、レンタルは妥当なところだったなと思います。

中盤に手を出さなかったのは意外でしたし、残念でした。
人が足りないのは長いシーズンを考えると大きなディスアドバンテージですから、せめて割くシーズンと同様の規模にはしたかったところです。

特に守備的なプレーヤーですね。アロンソの攻撃面の仕事はクロースが肩代わりできそうですが、守備面は今一歩成長しないといけません。
冬にそうしたプレーヤーがいればと思います。

マタが帰還するのは物語としては良いですね。噂のあったグスタボもCLに出られますし、可能性としてはありかなと考えています。

「マドリーの移籍市場最後の数日」へのコメント

まずアロンソの移籍と時期ですが実際チーム内には裏切られたと感じてる選手も居てるらしいのでチームには精神的ダメージも与えてるのは事実ですね。
私個人としてはバイエルンにしかもペップ追ってというバルサの次に嫌いなクラブにしかも元バルサの人間を追ってという感情逆撫でされた感じで非常に残念です。
知り合いの古いマドリディスタはペップとバルサが結託してアロンソ引き抜いた。ディマリア抜けたタイミング見計らって最もマドリーにダメージ残るやり方したとしか思えんと言うてます(笑)


チチャリートをヘセのことも考えてレンタルで獲得したことはマドリーのフロントにしてはいい仕事だと思いました。
アンチェロッティ自身がFWの補強に否定的だったことはFWの補強が進まなかったんではないでしょうか?
実際欲しいFWも少ないということもあると思いますが。

最終日中盤1枚は補強すると思いましたごなかったことは確かに驚きました。ただアロンソの影響で中盤補強しなくてはとなったのでさすがに時間間に合わなかったのかもです。
冬までとりあえずこれで進めて状況みて冬にマタとか…。
ユナイテッドはCL出てないですしタイミング的には試合出れてない可能性ありますしね~。

長文失礼しました。

こんな記事も読みたい

14‐15シーズン第2節結果振り返り【小田紘也のセグンダ・ディビシオン情報局】

補強に関する評価。【強くても弱くてもアーセナル。】

「フェルメール移籍の背景は"紳士協定"を破ったアヤックスへの怒り」【我がフェイエノールト】

ブロガープロフィール

profile-iconhiroreal

マドリーを応援してます。フットサルはヘタクソながら継続中。
  • 昨日のページビュー:3616
  • 累計のページビュー:5725781

(04月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 移籍市場閉まる、マドリーはドタバタに
  2. マドリーの移籍市場最後の数日
  3. CL準決勝第1戦 バイエルン戦招集リスト
  4. CL決勝 アトレティコ戦直前情報
  5. マドリー不振の原因と将来を推測する(後編)
  6. ’13~’14シーズンを振り返る
  7. リーガ・エスパニョーラ第12節 vバルセロナ
  8. CL準決勝第2戦 vバイエルン
  9. コパデルレイ決勝 vバルセロナ
  10. CL準決勝第1戦 vバイエルン

月別アーカイブ

2020
01
2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss