レアルマドリードのある生活

’13~’14シーズンを振り返る

このエントリーをはてなブックマークに追加

‘13~’14シーズンのマドリーは、リーガこそ3位に終わったものの、コパでは優勝し、10度目のCL制覇でシーズンを終えた。 リーガでは要所での試合、特に上位2クラブであるアトレティコとバルセロナに結局勝つことができず、最後には優勝争いから脱落したが、コパとCLのトーナメントでは勝負強さを発揮したと言える。 12年ぶりのCL優勝によって記憶されるであろう今シーズンをいくつかの期間に分けて簡単に振り返り、総括としたい。

■4-2-3-1を引き継いで アンチェロッティは当初、モウリーニョ期の基本の形だった4-2-3-2を引き継いでいった。 モウリーニョ期の終わり頃にはマンネリ感が漂っていたのだが、監督が替わって心機一転といった印象で、プレシーズンの段階ではボールを持ってアイデアが出そうな、面白い攻撃を作れそうな雰囲気が感じられた。 移籍期間中の8月からリーガは開幕し2節まで進んだが、ベイルとの契約という大きな変化を受けて、今後アンチェロッティはどうチームを作っていくのだろうという不安と、プレシーズンでの手ごたえが混ざった状態で9月を迎えることとなった。

当初のドブレピボーテは、シャビ・アロンソを負傷で欠いていたため、ケディラとモドリッチがファーストチョイス、次に新たに加入したイジャラメンディ、そしてカゼミロという序列。 3のところはベイルが負傷でコンディションが安定せず、ディマリアが右に入って、ディマリア、イスコ、ロナウドという並びが多かった。

プレシーズンでは良い予感を持たせる内容だった個の形だが、シーズンがスタートしてしばらく経つと、オフザボールの運動量が不足し始め、選手の距離が遠くなって絡みが減った。 その結果、守備ではボールを奪えなくなり、攻撃ではボールを動かしにくくなる。これではモウリーニョ期の終わり頃とさして変わらない。 モドリッチは昨シーズンよりは良くなっていたが、そのパートナーが定まらなかったこともこの時期の大きな問題で、モドリッチが消されるとボールが運べなくなることが多かった。ケディラでは効果的なパスは出ないのだが、イジャラメンディは今よりも信頼がなく、カゼミロはさらにその次。ケディラの動きに期待する他ないが、そうするとバランスを誰も取れないという悪循環。 試合によっては良いパフォーマンスが見られたものの、次の試合では動きが悪くぱっとしないということの繰り返しで、まだまだ新たなチームとなって間もないシーズン序盤とはいえ、不安が募る時期だった。

こうした不安定さがはっきりしたのは、リーが第7節のアトレティコ戦。 マドリーの中盤は、モドリッチがベンチスタートでケディラとイジャラメンディのドブレピボーテ、ディマリアとイスコがその前に入り 、ロナウドはトップ気味の起用だったが、攻撃を作ることが全くできず。 プレシーズンの良い内容を作る大きなポイントだったボールを受ける動きが少なく、ピボーテの位置で手間をかけずに両サイドに振ることもあって、ボールが前に進まない。こんな形で崩れるほどアトレティコの守備はサボらないし、組織としてもしっかりしている。 うまくいかない中、ディマリアが低い位置で奪われてショートカウンターでジエゴ・コスタに決められた失点の形も、アトレティコにとっては最も得意とするところで、一番やってはいけないもの。 攻守両面にわたって、チームとしての完成度の差がはっきり現れていた。

10節のバルセロナ戦でも敗れることになるが、内容が悪くても長い間とにもかくにも負けていなかったアトレティコとのデルビーで、ここまでの完敗を喫したことは大きな衝撃だった。

■アンチェロッティの4-3-3で副庁 アンチェロッティが4-3-3を使いだしたのは、バルセロナ戦以降。 11節セビージャ戦でシャビ・アロンソが負傷から復帰し招集され、12節ラージョ戦で、シャビ・アロンソ、モドリッチ、ディマリアの3人が中盤を構成する形が見られた。 バルセロナ戦ではセルヒオ・ラモスを底に置くイレギュラーな形だったが、シャビ・アロンソの復帰以降、ディマリアをインテリオールに組み込んでの4-3-3はしばらく定着。 こちらで書いたように、シャビ・アロンソが帰って来たことで、中盤の探索は一応の解決を見たと言える。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
個人的考察
タグ:
’13~’14シーズン
振り返り

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ジズーさん

こんばんは。

そうですね、最初のクラシコではうまくいかなかったですけど、仰るとおりその後の修正は早かったです。チームの状況に合わせて都度調整できる能力は素晴らしいものがありますね。

ご要望も寄せていただいて、ありがとうございます。
オフの楽しみである補強の話は、恐らく動きがほとんどないであろうW杯期間中の早いうちに書こうと思います。
こんな方針で動くんじゃないか、というところを考えてみたいなと思っていますので、またよろしくお願いしますね。

「’13~’14シーズンを振り返る」へのコメント

今シーズンはアンチェロッティの采配がよくも悪くも多くの影響与えたシーズンでしたね。
初クラシコでラモスピボーテにして迷走したかと思えばディマリアの活かしかた考えたり修正能力の高さは現状1番高い監督かと。
後カルバハルが1年通してアルベロアの怪我もあったけど右ラテラルとしてポジション奪いマルセロとの両翼となれた事が手薄だった右サイドの攻撃の厚みもたせるいい存在だったかと。


次はできれば来シーズンに向けての補強と放出についての考え書いて頂けないでしょうか??
すでに色々噂出てますがあまり人獲得しても出場機会与えれないですしモラタ辺りはやはり武者修行出てほしいと思いますし…。

こんな記事も読みたい

メキシコ対ポルトガル ラテンな展開【Live Oranje】

フラール 「オランイェの守備はアキレス腱だが...」【Live Oranje】

元ユナイテッド監督モイーズ様は相変わらずポジティブでいらっしゃいます。【お茶漬け唐辛子】

ブロガープロフィール

profile-iconhiroreal

マドリーを応援してます。フットサルはヘタクソながら継続中。
  • 昨日のページビュー:175
  • 累計のページビュー:5684626

(03月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 移籍市場閉まる、マドリーはドタバタに
  2. マドリーの移籍市場最後の数日
  3. CL準決勝第1戦 バイエルン戦招集リスト
  4. CL決勝 アトレティコ戦直前情報
  5. マドリー不振の原因と将来を推測する(後編)
  6. ’13~’14シーズンを振り返る
  7. リーガ・エスパニョーラ第12節 vバルセロナ
  8. CL準決勝第2戦 vバイエルン
  9. コパデルレイ決勝 vバルセロナ
  10. CL準決勝第1戦 vバイエルン

月別アーカイブ

2020
01
2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss