レアルマドリードのある生活

マドリー不振の原因と将来を推測する(後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

前編はこちらから。

前編では、今オフの補強の状況と、モウリーニョの契約延長について振り返った。
今回は、もう一つの事例を取り上げた上で、まとめることにしたい。

■人事
先日、マドリーとスペインを代表する選手の1人であるイエロをスポークスマンにするようモウリーニョが求め、ペレスはこれを却下したとの報道があった。

モウリーニョは、LFPやUEFAに影響力があり、不利な日程や判定について批判できるスポークスマンとしてイエロの名前を出したとされる。イエロはマラガで職に就く前に代表での仕事もしており、もちろん偉大な選手だったこともあって、適任だと考えたとされる。
しかしながら、ペレスは前回の会長時代にイエロとデルボスケを切っており、その関係が修復されていないため、この要請を却下したとのことだった。

イエロの登用に関して大きく報じられたのは、これくらいの内容。
日程や判定へ圧力(表向きは単なる不満だが、これはどう考えても圧力だろう)をかけることについて、クラブの援護が足りないとモウリーニョが考えているとの報道はしばしばされているが、このイエロの件はそれが表面化したものとも言える。

考えたいのは、以前モウリーニョがGM的役割に就くために、バルダーノをあっさりと切ったのに比べ、クラブの人事にモウリーニョの意見があまり採用されなくなっているのではないか、ということだ。
カスティージャとトップチームとの関係についても、モウリーニョはたびたび不満を表明しているが、かといってカスティージャのやり方にモウリーニョが直接手を出せるような状況にはなっていっていない。それどころか、トリルとの契約は延長されてさえいる。
つまり、クラブはモウリーニョの意向に常に沿う決定をしていない、少なくとも以前よりしなくなったように見える。

■簡単にまとめ
ここまで3つの事例を見てきた。
今オフの補強の顛末、モウリーニョの契約延長、そしてクラブの人事。

ディレクターの立場もある監督が契約を延長しながら、オフの補強はモウリーニョの希望通りとはならず、クラブの人事でもやりたいことができないとしたら、どんな感情を持つだろうか。
クラブのサポートを得られないのは個別の案件についてだけではなく、自身の立場全体についてなのではないかと疑念を持つことは、十分に考えられる。
あのバルセロナからリーガのタイトルを奪ったのに、そして初めて長期に1つのクラブで仕事をしようとしているのに、クラブはやりたいことをやらせてくれない、と。
であるならば、大きな勲章であるCLに集中して、これを勝ち取ったら次の職場、理解ある職場へ移ろうと考えることに、なんら不思議はない。

偶然にも、彼が戻りたいと以前から公言しているかの国のクラブは、暫定監督を繰り返し置き続けており、帰還するとなれば多くのファンが、そしてクラブも彼の味方になるだろう。
また、もう1つのクラブも勝利は重ねているが内容に乏しく、そろそろ代替わりが起こってもおかしくはない。
延長した契約に、これらのクラブに移る場合の違約金を免除するような条文がある可能性もある。

つまり、モウリーニョにしてみれば、サポートのないマドリーはもはや長く留まるべきクラブではなくなり、成績に関わらず今シーズンで去り、新たなスタートをしたいと考える動機が多くあるということ。
ポルト、インテルに続くマドリーでのビッグイヤーは、マドリーにとっての10個目のものであり、それを勝ち取った監督として去ることに大きなモチベーションはあるが、グアルディオラのバルセロナを倒した実績を残したリーガにはそれほどの情熱がないのかもしれない。

もちろん、前回も書いたように、チームの成績はプレーの結果。勝ち負けの直接的な原因は、プレーに求められるべきだろう。しかし、監督を取り巻く状況と監督自身のモチベーションが、成績に影響を及ぼさないというのも単純すぎる。
今取り上げた3つの事柄だけ見ても、モウリーニョがやる気を失うような要素が多くあるのだ。そうした負の雰囲気がチームに伝播しないと言えるだろうか。
モウリーニョは自身を支えないクラブにうんざりしており、そのことはチームが力強さを得られない原因のひとつではないかと、私は考えている。

■ペレスの視点
これまで書いてきたことは、モウリーニョ側の視点だった。
逆に、マドリー、というよりもペレスの側からはどう見えるかを考えてみたい。

簡単に言えば、モウリーニョに白紙委任はしないという意思。
選手との契約にしても、クラブの人事にしても、モウリーニョに全てを任せては、今後立ち行かなくなるとの危機感があるのではないだろうか。クラブがということもあるが、ペレスの会長としての立場がより大きい。

以前から、モウリーニョに権限を多く与えたペレスは、彼と一蓮托生だと書いてきた。
実際、ペレスはモウリーニョがどういった監督であるか、彼と契約するメリットもデメリットも考慮した上で契約したのだし、彼を支持し続けているのだから、モウリーニョの残す結果がそのままペレスの結果となるだろう。
次の夏に行われる選挙も、対立候補がいるかどうかは今のところ定かではないが、モウリーニョの実績がペレスの実績として伝えられることになるはず。

そこで、ペレスはモウリーニョの毒を多少なりとも中和しておきたいと考えた可能性はある。つまり、モウリーニョのデメリットを、自身の汚点とならないよう処理しておくことだ。
次の監督を巡る記事で、クラブはモウリーニョのメディアへの過剰な攻撃的姿勢を不安視しており、次はそうしたことがない人物を、と書かれていたのも、全てを承認しているわけではないという意思の表れと見れば納得がいく。

モウリーニョと一定の距離をとっておけば、クラブを守ったという実績にさえなるかもしれないのだ。
例えば、イエロの問題にしても、日程や判定の批判をしたのはモウリーニョ個人であり、クラブはそれを黙認はしたが支持はしていない、クラブの大事なOBがそうした目的に使われるのを阻止した、といったように。

それで今シーズンCLを制することが出来たら大成功だ。
モウリーニョとは後腐れなく別れることができ、彼の実績だけを引っ提げて出馬する選挙では、まず間違いなく勝利することが出来るだろう。

■マドリーの将来は
このように、モウリーニョはマドリーに自身の将来がないことを自覚している可能性があり、ペレスもまたモウリーニョ後のクラブ運営について考慮している可能性がある。
ペレスの対立候補が出るにしても、彼らがモウリーニョの継続を訴える可能性は極めて低いため、いずれにせよ来シーズンのマドリーを率いるのはモウリーニョではないと考えている。

その場合の次期監督候補だが、以前報じられたアンチェロッティやレーブは、今後も大いに騒がれることだろう。
アンチェロッティは、モウリーニョほどはっきりしたものはないが、遣り繰りの上手さは証明済みだ。与えられた選手で結果を残せる形を作ることは、ミランで十分に示している。監督主導ではなく、フロントが選手を連れてくる形になるならば、選択肢としては大いにあり得る。

レーブは、ドイツ代表での実績があり、マドリーにドイツの選手が複数いることからも、そちらの路線を強めたい場合に選ばれるだろう。
大きなクラブでの実績はあまりなく、マドリーでのプレッシャーに対抗できるかどうかは争点になりそうだが、ドイツ代表の着実なステップアップを見る限り、長いスパンで任せれば良いチームを作れそうな監督だ。

それ以外に、ラウールやイエロ、デルボスケといった人物を呼び戻そうとする勢力が出てくると思われる。
デルボスケ以外に監督の経験はなく、急進的な考え方と言えるが、こうした考えも常にテーブルの上にあった方が良い。

整理すると、来シーズンはモウリーニョ後をどうするかという、他のクラブが大いに悩んでいる問題を解決するシーズンとなる。
選択肢としては、これまでの路線の継続、多少の成績低下は容認する長期路線、クラブの原点回帰を目指す路線の3つが考えられる。

予想を簡単に書いておくと、今のところ、ペレスは非常にうまく立ち回っている印象で、望むと望まないとに関わらず、今の路線が継続されることになると思っている。その場合の監督候補の筆頭は、クラブにとって扱いが難しくなく、実績がしっかりしているアンチェロッティになるだろう。

■最後に
何度も書いたとおり、推測の多い内容になっているので、こういう考え方もあるか、というくらいにご覧いただければと思う。

いずれにしても、私たちはチームが試合に(出来るだけ良い内容で)勝ち、タイトルを取ってくれることを求めている。クラブももちろんそうだろうし、そうあるべきだ。
方法はいくつもあるだろうが、その目標は見失わないでほしい。1つの目標に向かってまとまれるクラブであって欲しいと思う。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
個人的考察
タグ:
ピッチの外の出来事
不振の原因

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

Re:マドリー不振の原因と将来を推測する(後編)

返信ありがとうございました。

壊し屋って書いてしまって、語弊が出ないか心配していた所でした。あくまでフロント体制の壊し屋と言う事でとらえていただけたらと思います。

レアルで監督やっていくのは大変なんですね。
とにかくCLを興味深く観させていただきます。

sanbagarasuさん

こんばんは。

お褒めのお言葉ありがとうございます。

もしCLを取れば、これまで通りそれを置き土産にして去るだろうと私は考えています。それがモウリーニョとクラブ双方にとって良い着地点だと思うからです。

私も、コロコロ監督が変わる状態はうんざりですので、腰を落ち着けたチーム作りが出来ることを望みますが、モウリーニョはもはやマドリーでそれをしようと思ってはいないのではないでしょうか。

Corplandさん、Estebanさん

こんばんは、そしてお二方ともありがとうございます!
同じ話題ですので、あわせてお返事させていただきます。

コメントをいただいて考えてみましたが、メンデスについては難しいところがありますね。
ロッカールームに実際に入れるのかどうか私にはわかりませんが、クラブ内で自由に出来るということだとすると、モウリーニョの一存ではないのでは、と思えます。つまり、もっと高いところから彼のフリーパスは出ている、ということですね。

だとすると、メンデスと深い関わりがあるのはモウリーニョなのではなく、ペレス体制のマドリーと言うことになります。
どちらか一方に利益があるわけではなく、ギブアンドテイクの関係があると想像できますから、モウリーニョや誰か特定の選手を出せばメンデスとの手が切れるわけではないのだろうと考えています。

そう考えると、ペレス体制が続く限りは、上手くやってもらうしかないのかなと感じます。必要性がよくわからないような選手に大枚をはたかざるを得ないようなことは避けて欲しいところです。

メンデスとの関係が切れるとしたら、選挙で体制が変わり、彼との深い関係を求めない人物が会長になる場合でしょう。
今シーズンの結果の処理の仕方を誤れば、そうなる可能性もあるだろうと思います。

お答えになっていますでしょうか。

らうろんさん

こんばんは。

昨シーズンはCLも良いところまでいきましたし、十分納得していただろうと思います。ですから、懐疑的になったのは、今シーズンになってからというのが私の考え方です。

それとは別に、選挙を見据えてモウリーニョべったりでは受けが悪い面がある(メディア対応などですね)ので、距離を取ろうとしているというのが昨今の動きであり、本文に書いたことです。

CL組み合わせが決まりましたが、ベスト16で敗退となれば、解任してしまうこともあり得ると思います。仰るとおり、金銭的問題もあるので、難しい選択になるとは思いますが・・・

マルセロについては皆さん不在の辛さを痛感していますね。サイドでボールを持っていろいろやれるというのは、守備を差し引いても大きなアドバンテージですから。

こんな記事も読みたい

ユナイテッドの時代?そこに香川は加わっていけるのか。【アンフィールドに再びビッグイヤーを。】

クラブW杯・チェルシー敗戦原因の1つは過密日程【スポーツ えっせい】

VS ペスカーラ レガカルチョ 17【竹内和彦のミランだけの話】

ブロガープロフィール

profile-iconhiroreal

マドリーを応援してます。フットサルはヘタクソながら継続中。
  • 昨日のページビュー:2892
  • 累計のページビュー:5857235

(08月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 移籍市場閉まる、マドリーはドタバタに
  2. マドリーの移籍市場最後の数日
  3. CL準決勝第1戦 バイエルン戦招集リスト
  4. CL決勝 アトレティコ戦直前情報
  5. ’13~’14シーズンを振り返る
  6. マドリー不振の原因と将来を推測する(後編)
  7. リーガ・エスパニョーラ第12節 vバルセロナ
  8. CL準決勝第2戦 vバイエルン
  9. コパデルレイ決勝 vバルセロナ
  10. CL準決勝第1戦 vバイエルン

月別アーカイブ

2020
01
2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss