レアルマドリードのある生活

アスレティック・ビルバオ戦招集リスト

このエントリーをはてなブックマークに追加

明日の試合にむけての招集リストは以下の通り。

GK:カシージャス、デュデク
DF:セルヒオ・ラモス、カンナバーロ、ペペ、マルセロ、トーレス、ドレンテ
MF:ディアラ、ガゴ、グティ、スナイデル、バティスタ、ロッベン、ロビーニョ
FW:ラウール、ニステル、サビオラ

エインセは怪我、それ以外の招集外メンバーはすべて戦術的理由による招集外。

前回、招集リストのメンバーで、今後何週間かの方向性が見えるのでは、と書いたけれど、
それはロビーニョ、ラウール、ニステルの定番のトリオを除いた中盤のメンバーをどう使うかによる。
このリストで取り得る選択肢は、
1.ディアラ、ガゴ、スナイデル(またはグティ)
2.ディアラ、グティ、スナイデル
3.ディアラ、バティスタ、スナイデル
の3つだろう。

1は、スナイデルとグティが交互に出場できない状況が続いていた時に最も多く使った形。
ディアラとガゴを併用することで守備力が高いことがメリットなはずだが、この形を採用した最近の試合では、走らないでそのメリットを放棄することが多かった。
良い守備からの攻撃ができなければ、パサーを徹底マークされて手詰まりになるのがデメリット。

2はシーズン開幕当初の形。
グティとスナイデルの2人を使うことで、パサーに対する相手のプレッシャーを分散できることがメリット。
不用意な取られ方を多くされたり、パサー2人を併用したにもかかわらず、ポゼッションの比率が上がらない展開になると、
ディアラとともに低い位置におかれるであろうグティでは対処できないのがデメリット。

3は前節採用して、攻守のバランスを改善した形。上の2つは基本的にはロビーニョも中盤だが、この形ではロビーニョをトップとし、4-3-3へ移行する。
メリットは中盤の攻守にわたる運動量。バティスタの起用によって、攻撃の参加が期待でき、守備時もグティより当たり負けない。
なによりロビーニョを中盤より前に置くことで彼の推進力が生きるのが最大のメリット。
デメリットは両サイドの守備。
サイドを意識しないとサイドバックと相手2人という不利を簡単に作られる。
特にマルセロのサイドはケアが常に必要になり、それがもとで守備陣形が乱れる危険性がある。

この3つからどれを選ぶかだけれど・・・
グティトスナイデルの両方を招集して、フィジカルに問題なければどちらも使いたい、というのがこれまでのシュスターの考えだったと思うが、
以下のアス紙の報道の通りならば、パルチザン戦で好調だったバティスタが先発で起用され、グティがベンチスタートとなる模様。

http://www.as.com/futbol/articulo/futbol-duelo-filosofias-alfombra-san/dasftb/20071208dasdaiftb_21/Tes

http://www.as.com/futbol/articulo/futbol-baptista-leones/dasftbpri/20071208dasdaiftb_28/Tes

バティスタはディアラの中央の守備サポートと、スナイデルとともに攻撃にも加わる。
中央でも、ラウールとの関係でサイドでもボールを受けることになるようだ。

ということは3の形になり前節とあまり変更を加えずに臨むことになる。
上にも書いたように、攻守にわたっての運動量ならば非常に質が高い布陣になるだろうし、バランスよく試合を運べるだろう。
ケアすべきはジェステで、彼をケアできないままサイドで形を作られると前節以上に危険なのは間違いない。
この布陣の最大のメリットであるロビーニョの推進力を生かした位置取りを低くしてしまわないためにも、
運動量を活かして守備を安定させることが望まれる。
20071208-00.jpg




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
リーガ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

コルッカさん

こんばんは。
遅くなりました。寝てしまい、夜中のお返事でごめんなさい。

アスレティック戦、前より良くなってましたね。
バティスタが張り切ってやってる感じがします。

仰るようにディアラの欠点はサイドですけど、彼よりあの場所をできる選手がいないんですよね・・・
気が少し早いですが、補強ポイントには違いないと思います。

マルセロは替えてきましたね。
トーレスの方が堅実にプレーしていて、そういう点では評価できる試合だったと思います。

アスレティック・ビルバオ戦招集リスト

ディアラを使うならやはり433だろうなというのを前節で確信しました。442で入った場合どうしてもサイドのケアも重要な役割になりますので、それが下手で、意外とスピードとドリブルには弱いディアラは致命的です。
433の両脇にサイドのケアは任せて真ん中だけならお任せくださいというタイプです。

もし442なら自サイドと相方のピボーテに守備が堅い選手が入っている場合です。最近で言うと同じようなタイプはパブロガルシアですね。人には強いし展開力も抜群ですが、スピードが無いために左サイドがジダンで横がベッカムかグティであったチームではサイドに引き出されてはドリブルでやられました。

この試合では個人的には有利とはいえ万に一つも負けられないラツィオ戦のためにカンナバーロや2トップの一角あたりは休ませるのもアリだとは思っていますが、それは無いようで。マルセロあたりも試合時間がかさんでますし、カンナはベルナベウ杯も出てますので。

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconhiroreal

マドリーを応援してます。フットサルはヘタクソながら継続中。
  • 昨日のページビュー:131
  • 累計のページビュー:5942583

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 移籍市場閉まる、マドリーはドタバタに
  2. マドリーの移籍市場最後の数日
  3. CL準決勝第1戦 バイエルン戦招集リスト
  4. CL決勝 アトレティコ戦直前情報
  5. ’13~’14シーズンを振り返る
  6. マドリー不振の原因と将来を推測する(後編)
  7. リーガ・エスパニョーラ第12節 vバルセロナ
  8. CL準決勝第2戦 vバイエルン
  9. コパデルレイ決勝 vバルセロナ
  10. CL準決勝第1戦 vバイエルン

月別アーカイブ

2020
01
2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss