レアルマドリードのある生活

リーガ・エスパニョーラ第7節 vエスパニョール

このエントリーをはてなブックマークに追加

代表戦前の試合。負傷者は多いが、勝って中断期間に入りたいところ。

■マドリーの先発メンバー GK:ケイラー・ナバス DF:アクラフ、バラン、セルヒオ・ラモス、ナチョ MF:カゼミロ;モドリッチ、クロース;イスコ FW:ロナウド、アセンシオ

69分:クロース→ルーカス・バスケス、82分:モドリッチ→セバージョス、89分:イスコ→マジョラル

カルバハルを欠く右サイドバックにはアクラフが初先発。前線はロナウドとアセンシオとなった。

■エスパニョールの先発メンバー GK:パウ・ロペス DF:セルヒオ・サンチェス、ダビド・ロペス、エルモーソ、アーロン MF:ハビ・フエゴ;レオ・バチストン、ダルデール、ロカ、フラド FW:ジェラール

46分:フラド→セルヒオ・ガルシア、ロカ→ナバーロ、69分:セルヒオ・サンチェス→グラネロ

ここまでアウェイでは4試合勝利なし、1得点。

■押し込んでからどうするか 前半、自陣からどうボールを運んでいくかということについて、エスパニョールは何もアイデアがないようだった。前線へのパスではないクリアが多く、マドリーはそれらを楽々回収し、エスパニョール陣内でプレーを続けられることになった。 そのため、状況によってはセルヒオ・ラモスやバランも相手陣内に進出。それでも守備面で不安がほとんどなかったことに、エスパニョールの試合の入り方のまずさが現れていた。

良い時ならば取り立てて書くべきことでもないが、このところはこうしてボールと主導権を持てる試合が少なく、互角にやり合って失敗することが続いていたし、ベルナベウでは特にそうだったので、押し込める相手をきちんと押し込んでプレーを続けられていたことは評価したい。 こういう展開を多く作れれば、毎試合ばたつく必要もなくなるし、コンディションの面でもやりやすくなるだろう。

その上で、押し込んだ相手からどう点を取るか、という点は大きな問題となった。

まず、どこで攻撃をスピードアップするのかがはっきりしない。 ベストメンバーであれば、左サイドに相手を寄せてからのクロースやセルヒオ・ラモスのサイドチェンジが明確な合図となっていた。相手のスライドが間に合わないうちに、右サイドからカルバハルが余裕を持ってクロスを上げ、ロナウドが仕留める形はおなじみだ。 ところが、今は左でそういうことができないので、大きな展開にはならない。両サイドの使い方が悪い意味で均質で、どちらでどうしたいのかが分かりづらくなっている。 もちろん個々の能力で言えば相応のプレーヤーがいるにはいるが、中央もロナウド一枚と手薄な状況で、工夫がないサイド攻撃では効率が悪い。マルセロやカルバハルが帰ってくるまでは、サイドの使い方は我慢が続きそうだ。

また、中央もベンゼマがいないので、ポストが不在。 この間、ロナウドが不得意ながらもポストに入って解決を図ることがしばしばあるが、彼の使い方としては当然もったいない。 この試合においては、イスコとアセンシオが高い位置に配置されていたから、彼らがラインの間でもっと受けてほしかった。ゴールに向かうプレーよりも、周囲を生かす側でプレーする割合を多くし、ゴール前でロナウドに仕事をしてもらう方が役割分担としては正しいだろう。イスコとアセンシオがいかにもフォワード的にゴールに向かうプレーが多かったことで、全体としてはもったいない住み分けになってしまっていた。

さらに言えば、イスコとアセンシオがボールを持った時の発想と、ロナウドをはじめとする周囲の発想が合っていないようでもある。 特にアセンシオは昨シーズンそこにあまり執着せず、一度パスを出してから動いてボールを受けるやり取りをすることで良い位置でプレーできていた。 しかしながら、最近の彼らは自分でボールを持つ時間が長い。判断が遅いから出しどころを失っているのだとすれば、プレシーズンからの疲労が一度出てくる時期なのと関係があるかもしれない。いずれにせよ、どのタイミングでどういうぷれーをするのかが分かりづらいので、周囲はその即興性に戸惑うことになる。相手を欺けても味方も混乱するようでは、そのメリットを得づらい。 技術の高さを生かした狭いところでのプレーは楽しいが、それが攻撃の効果を高めることになっているかというと、現状そうなってはいないところに彼らの問題がある。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
リーガ
タグ:
リーガ・エスパニョーラ第7節
vエスパニョール

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

独立に揺れるバルセロナが異例の無観客試合で7連勝【ジョルディのバルセロナ通信】

第7節結果:トップ・ドリーが揃って4-0勝利。ローダJCが初勝利で未勝利チームが無くなり、PECとVVVがベストスタート【我がフェイエノールト】

アルクマールで立ち直り(第7節:AZ-uit)【我がフェイエノールト】

ブロガープロフィール

profile-iconhiroreal

マドリーを応援してます。フットサルはヘタクソながら継続中。
  • 昨日のページビュー:549
  • 累計のページビュー:5926490

(10月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 移籍市場閉まる、マドリーはドタバタに
  2. マドリーの移籍市場最後の数日
  3. CL準決勝第1戦 バイエルン戦招集リスト
  4. CL決勝 アトレティコ戦直前情報
  5. ’13~’14シーズンを振り返る
  6. マドリー不振の原因と将来を推測する(後編)
  7. リーガ・エスパニョーラ第12節 vバルセロナ
  8. CL準決勝第2戦 vバイエルン
  9. コパデルレイ決勝 vバルセロナ
  10. CL準決勝第1戦 vバイエルン

月別アーカイブ

2020
01
2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss