レアルマドリードのある生活

CLグループステージ第2節 vドルトムント

このエントリーをはてなブックマークに追加

いまだ勝利したことのないジグナル・イドゥナ・パルクでの第2節。ドルトムントもCLではお馴染みの相手になりつつある。

■マドリーの先発メンバー GK:ケイラー・ナバス DF:カルバハル、バラン、セルヒオ・ラモス、ナチョ MF:カゼミロ;モドリッチ、クロース;イスコ FW:ロナウド、ベイル

76分:イスコ→アセンシオ、86分:ベイル→ルーカス・バスケス、89分:モドリッチ→セバージョス

イスコは一応トップ下ながら攻撃時は自由。守備時は4-4-2へ変形。

■ドルトムントの先発メンバー GK:ビュルキ DF:ピシュチェク、トプラク、ソクラティス、トルジャン MF:シャヒン;ゴンサロ・カストロ、ゲッツェ FW:ヤルモレンコ、オーバメヤン、フィリップ

60分:トルジャン→ダフード、シャヒン→バイグル、76分:ゲッツェ→プリシッチ

国内では好調ながら第1節はトッテナムに敗れている状況。

■ドルトムントの出方でマドリーの選択は吉となる マドリーはロナウドとベイルの2トップ。これまで何度も見てきたが、これで上手くいったという印象はない組み合わせだ。 前線で楔を受けてタメを作れ、ロナウドとベイルの関係の潤滑油となれるベンゼマを欠いての苦肉の策であり、また代表戦明けでローテーションしたタイミングで採用されるような形だったから、当然ではある。 しかも、相手が退いてくるリーガ下位ともなると、この2トップで打開するのは難しくなる。ボールを持たされる形になって、非常に苦労する傾向にあった。

では、ドルトムントの出方はどうかというと、ブンデスリーガでの好調そのままに、ホームで自分たちが主導権を握ろうとしていた。ラインは高く、ボールを持ってマドリーを崩して行こうという姿勢である。

これは、ロナウドとベイルの2トップを採用したマドリーにとって都合が良かった。 高いラインの裏やサイドのスペースを狙って2トップを好きなように走らせることが出来るので、彼らの速さが生きるし、中盤の噛み合わせではマドリー4枚に対しドルトムント3枚で、計算上中盤で数的優位に立てる。中盤で奪って前の2人に攻めきってもらうというシンプルなプランで戦えるようになったのだった。

中盤でのやり合いではさすがにドルトムントも負けてはおらず、低い位置でボールを動かすシャヒンを掴まえきれないタイミングでは良い展開もあったのは確か。 ただ、2枚を残して4-4で守ることと、そこから前線に任せる展望が見えているマドリーは、その形に確信を持てていた印象で、8人での守備は集中しており、さほど大きな破綻はなかったように思う。 同じように守っていても、その後にどう攻撃に繋げるかが有耶無耶だとこうはならない。中盤が出て行かなければ攻撃の形が出来ないのではないか、といったような迷いが出てきて、守備に緩さが生まれてしまうもの。 負傷もあって選択肢が限られていたマドリーは、ドルトムントの積極的な形により、かえって活路を見出すことになった。

■ベイル復活? 18分、カルバハルの後方からのクロスにベイルがボレーで合わせてマドリーが先制に成功。 簡単なボールではなかったが、ベイルがうまくあわせた。強く蹴ろうとせず、ミートしてコースを狙う蹴り方をしたことが良かった。このところ自信のなさが目立っていて、得てして強く蹴ろうとしてしまいがちな場面だったが、落ちついたプレー選択だった。

先制したことで、マドリーはショートカウンター狙いがより明確になった。この数試合、リーガでやられていたことをCLで自分達がやるといったような展開。

左サイドでベイルが走って、彼のクロスに中央でロナウドが合わせにいく形が最も速くゴールに迫れることになるので、そうした形が増えた。 この時、左サイドでのベイルのプレーはシンプルで良かった。どうせサイドで時間を作っても、さほど枚数が増えることはないし、返ってドルトムントのカウンターを受けるリスクを高めることになる。 であれば、スピードを生かしてサイドを突破して、ロナウドが入ってくるところを狙ってさっさとクロスを入れてしまった方が良い。2枚で崩してしまうことを前提にクロスを供給して、エリア内での場面を作ることができていた。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
CL
タグ:
CLグループステージ第2節
vドルトムント

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ヨング・オランイェ、EK予選リトアニア戦&ウクライナ戦セレクション【我がフェイエノールト】

オランイェ、WK予選ベラルース戦&スウェーデン戦セレクション【我がフェイエノールト】

ミランの監督交代はあるのか!?【G&AC】

ブロガープロフィール

profile-iconhiroreal

マドリーを応援してます。フットサルはヘタクソながら継続中。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:5930319

(10月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 移籍市場閉まる、マドリーはドタバタに
  2. マドリーの移籍市場最後の数日
  3. CL準決勝第1戦 バイエルン戦招集リスト
  4. CL決勝 アトレティコ戦直前情報
  5. ’13~’14シーズンを振り返る
  6. マドリー不振の原因と将来を推測する(後編)
  7. リーガ・エスパニョーラ第12節 vバルセロナ
  8. CL準決勝第2戦 vバイエルン
  9. コパデルレイ決勝 vバルセロナ
  10. CL準決勝第1戦 vバイエルン

月別アーカイブ

2020
01
2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss