レアルマドリードのある生活

リーガ・エスパニョーラ第3節 vレバンテ

このエントリーをはてなブックマークに追加

代表戦明けはいつも難しい。その印象を強くする試合となった。

■マドリーの先発メンバー GK:カシージャ DF:カルバハル、ナチョ、セルヒオ・ラモス、テオ MF:クロース、マルコス・ジョレンテ;ルーカス・バスケス、アセンシオ、マルセロ FW:ベンゼマ

28分:ベンゼマ→ベイル、62分:マルコス・ジョレンテ→イスコ、72分:ルーカス・バスケス→コバチッチ

ジダンはがらりとメンバーを替えた。CLのスタートも見据えて、コンディションを重視したということだろう。

■レバンテの先発メンバー GK:ラウール DF:イバン・ロペス、ポスティゴ、チェマ、トーニョ MF:ハソン、カンパーニャ、ピエル、レルマ、イビ FW:アレグリア

20分:イバン・ロペス→ペドロ・ロペス、55分:アレグリア→ボアテング、68分:イビ→サム・ガルシア

■誤算 代表組はコンディションが良くなく、ローテーションにより慣れない組み合わせを採用したこともあって、攻撃は停滞気味。これはジダンも想定済みだったはず。ボールを持たされる展開が続く中で、どこかで点が取れれば良いというくらいだったのではないだろうか。チームを信じるにしても、この状況で問題ないレベルでプレーができると考えるほど楽観的ではないだろう。

しかし、誤算が2つ。

1つ目は早々に先制点を許したこと。 12分にイビにゴールを決められ、追いかけなければならないことになった。ただでさえ攻撃がうまくいかないであろう状況なのに、2点は遠い。先にゴールを与えることは絶対に避けなければならなかったのに、あっさりとリードを許した。 レバンテは自信をもって試合に入っていくことになったし、1失点しても勝ち点1をベルナベウから持ち帰れるという事実は精神的に余裕を与える。まずしっかり守れば良くなったことから、守備の集中は増し、マドリーの攻撃の展開にスライドしてついてくることができていた。

2つ目はベンゼマの負傷交代。 中盤から良い形でボールが進んでいかない時に、前線で起点になってくれるベンゼマの存在は重要だったのだが、28分で負傷交代となってしまった。 これにより、中盤より後ろでボールが行ったり来たりするだけの時間が増えることになって、エリアに多く侵入してチャンスを作ることができなくなった。 確かに得点の面ではベンゼマは物足りないが、前で受けて中盤を生かしてくれれば、持たされるボールポゼッションを能動的なものへと変えることができる。その機会を失って、攻撃が難しくなったことは否めない。

代わって入ったベイルは、9番としてのプレーには不慣れで、効果的とは言いがたかった。散発的な裏抜けや、クロスにあわせる形で、試合を通して何度かチャンスはあったので、彼の価値を考えると、どれか1つくらいは決めるべきだっただろう。流れに関係なくゴールを決められるからこその彼の値段なのに、今はどこにいても並のプレーだ。 いかにも悩んでいる風なのも印象が悪い。観客からのサポートも受けづらくなるし、チームメイトもボールを出すことに躊躇するかもしれない。ふてぶてしくボールを受けてゴールを狙う様を演じて見せた方がうまく物事が回っていくように思うのだが、彼は少し真面目すぎるようだ。

■ジダンの選択ミスも こうした誤算はあったが、ジダンの選択ミスもいくつか見受けられた。

最も目立ったのはテオとマルセロの併用。 やり繰りの結果とはいえ、マルセロが前のスペースに居座ることが多くなっていたことから、後ろから駆け上がりたいテオの良さが出た場面は少なかった。 併用するにしてもマルセロにサイドから中央に入ってプレーするようにするとか、よりそうした傾向を持つ中盤が本職のプレーヤーを起用するといった対策は必要だっただろう。 終盤になってマルセロがポジションから離れることが多くなったことから、テオはサイドを動けるようになったが、時間は少なかった。リズムも良くないままだったので、チャンスにならない酷いクロスを連発。彼らの併用でメリットは得られなかった。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
リーガ
タグ:
リーガ・エスパニョーラ第3節
vレバンテ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ジズーさん

こんばんは、ご無沙汰しております。

困った時にクロスでなんとかしたいところで、サイドが停滞してしまったので、無理やり形を津kることが出来ず辛くなりましたね。
単調ではありますが、高さはありますし、シンプルにクロスを入れていくことでゴール前のシーンを増やせたはずなので、もったいなかったと思います。

仰るとおりで、下手をすれば追加点で負けていた恐れも随分あったわけですから、勝ち点1で良い教訓を得たと思うしかないですね。

「リーガ・エスパニョーラ第3節 vレバンテ」へのコメント

こんにちわ!!

個人的に1番の失敗はマルセロとバスケスのサイドアタッカー2人を中盤に使ってしまった事なのかなと。
カルバハル・テオが上がるスペースをその2人が使ってしまいサイドが渋滞してたかなと。
結果中がクロースとジョレンテのみで組み立てるときもアセンシオが降りてこないといけなくなってというのが多くてやはりイスコかコバチのどちらかを先発させとくべきやったのかと。

まぁ負けなかったというのはなんだかんだで良かったのかなとおもってます。

こんな記事も読みたい

スロヴァニアサッカ-協会主催 セルビア代表コ-チによる指導者講習会 【 コーチング備忘録   濱吉正則公式ブログ】

スタイル(戦い方)論争よりも、個の力についての議論を。【FCKSA66】

Champions Leagueにカムバックで厳しいレッスン(CL:ManCity-thuis)【我がフェイエノールト】

ブロガープロフィール

profile-iconhiroreal

マドリーを応援してます。フットサルはヘタクソながら継続中。
  • 昨日のページビュー:1954
  • 累計のページビュー:5929366

(10月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 移籍市場閉まる、マドリーはドタバタに
  2. マドリーの移籍市場最後の数日
  3. CL準決勝第1戦 バイエルン戦招集リスト
  4. CL決勝 アトレティコ戦直前情報
  5. ’13~’14シーズンを振り返る
  6. マドリー不振の原因と将来を推測する(後編)
  7. リーガ・エスパニョーラ第12節 vバルセロナ
  8. CL準決勝第2戦 vバイエルン
  9. コパデルレイ決勝 vバルセロナ
  10. CL準決勝第1戦 vバイエルン

月別アーカイブ

2020
01
2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss