レアルマドリードのある生活

マドリーの移籍市場を振り返る

このエントリーをはてなブックマークに追加

■スタートは痛恨事から マドリーの今夏の移籍市場は痛恨の出来事から始まった。

ペペとの契約更新が成立せず、フリーで手放すことになってしまったのだった。 結果としてCLで大きなライバルとはならないであろうベジクタシュと契約したことで、マンチェスターシティやPSGといったあたりに行かれるよりはダメージは少なく済んだものの、元々はマドリーもペペも互いに契約延長に前向きだった案件である。経験豊かでありクラブへの忠誠も確固たるものがあったセンターバックを失ったことはもったいなかったとしか言いようがない。

これを受けて、フランクフルトにレンタルしていたバジェホのレンタルバックを決定。20歳と若いが、フランクフルトの躍進を支え、ユースのスペイン代表でも落ち着いたプレーをしていたバジェホによって、センターバックはセルヒオ・ラモス、バラン、ナチョ、バジェホと4枚体制を維持できることになった。 ペペの移籍は残念だったが、将来が期待できるプレーヤーをすぐその穴埋めに戻せるというのは、クラブの見通しの良さ。その点は評価できる。

バジェホはこれまで負傷で出場時間を得られていないが、今後に期待しておきたい。

■落ち着いて戦力整理 ここからマドリーは落ち着いた振る舞いを見せる。

実力はありつつ負傷がちで戦力として計算が全く立っていなかったコエントランをスポルティング・リスボンへレンタル。マルセロの控えであり将来の世代交代を見据えた戦力として、アトレティコからレンタルされていたアラベスで頭角を現したテオを2600万ユーロで獲得した。 左サイドバックは、ほとんどナチョがマルセロの次の序列という状況だった。ナチョが平均以上にこなすことで目立っていなかったが、本来2枚揃えておきたいポジションに、若き才能をこの金額で迎えられたことは良かった。

更にU-21の代表戦で評価を高めたセバージョスをベティスから獲得。違約金満額に少し足した1600万ユーロでの獲得となった。 中盤は現有戦力で最も競争が熾烈で、敢えて補強を目指すことに疑問もあり、バルセロナからの関心も伝えられていたことから、そこに割り込むことが優先された印象も強かった。クラブとしては、バルセロナへの横槍を別にすれば、ベテランの域に入ったモドリッチを酷使しなくて済む戦力の確保、将来への投資という狙いがあり、ましてスペイン人ならば契約しない手はなかったのだろう。

また、カンテラーノでテオと同じくアラベスで立場を築いたマルコス・ジョレンテもレンタルバック。カゼミロの控えも確保した。

ただ、彼の加入以降、コバチッチが移籍志願したとの報道もなされるように。実際にそうした話があったかは定かでないものの、チーム内の雰囲気が悪くなることも懸念されるような状況ではあったのだろう。

そこで、昨シーズンから出場機会に不満があり、都度一応の解決を図ってきたハメス・ロドリゲスをレンタルでバイエルンに放出することで人員の整理を図った。 加入時の移籍金が高額で、それをできるだけ回収したいマドリーの思惑があり、移籍は濃厚と見られつつ具体的な動きのなかった状態から一転、2年レンタル後の6000万ユーロでの買取オプションという奇策でバイエルンとの合意を取り付けた。

更に、控えながらチーム2位の得点を挙げていたモラタをチェルシーに8000万ユーロで売却。ロナウドはもちろん、ベンゼマもベテランになりつつある頃合いなので、もう少し粘ってくれればとも思ったが、彼もシーズン中から出場機会について議論が絶えなかったプレーヤー。確固たる先発の立場を求めての移籍は理解できるものだ。 ハメスとモラタの放出で、昨シーズン出場機会の面で最もストレスがかかっていた部分を解決した形となった。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
個人的考察
タグ:
移籍市場

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

マンチェスタ.シティ 2戦【くうねるサッカー アラウンド】

Ben Woodburnと久保健英に見る、欧州と日本における若手有望選手への評価の相違を検証する。【POOH - San の蹴球見聞録】

レアル・マドリードの若手に思うこと。【東京ドームに計画停電を!】

ブロガープロフィール

profile-iconhiroreal

マドリーを応援してます。フットサルはヘタクソながら継続中。
  • 昨日のページビュー:1125
  • 累計のページビュー:5899644

(09月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 移籍市場閉まる、マドリーはドタバタに
  2. マドリーの移籍市場最後の数日
  3. CL準決勝第1戦 バイエルン戦招集リスト
  4. CL決勝 アトレティコ戦直前情報
  5. ’13~’14シーズンを振り返る
  6. マドリー不振の原因と将来を推測する(後編)
  7. リーガ・エスパニョーラ第12節 vバルセロナ
  8. CL準決勝第2戦 vバイエルン
  9. コパデルレイ決勝 vバルセロナ
  10. CL準決勝第1戦 vバイエルン

月別アーカイブ

2020
01
2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss