レアルマドリードのある生活

セバージョス、モラタ、ダニーロ

このエントリーをはてなブックマークに追加

移籍のニュースを追えていなかったので、決まったものをまとめて。

■セバージョス U-21の代表戦以降一気に評価を高めたセバージョスと契約。ベティスに対しては設定された違約金を少し上回る1600万ユーロ程度を支払った。

彼との契約には、バルセロナに行かれるよりはという思惑が前面に出ているように見受けられ、厳しい中盤のポジション争いが更に激化することになりそう。 それでもマドリーを選んだのには、ジダンが相応のプレー時間を与えてくれるはずという期待もあったようで、シーズン後半のジダンの采配の賜物とも言えるだろう。

人材が多い中盤だが、2000万ユーロにも満たない額で自国の将来を担い得るプレーヤーを加えられたことは素直に嬉しいし、期待したい。 同世代のアセンシオとマドリーを支える存在になってくれれば。

■モラタ セバージョスが困難なポジション争いを覚悟の上で加入した一方、モラタは先発の座を求めてマドリーを離れることとなった。

当初はマンチェスターU.が移籍先の筆頭候補といわれていたが、ルカクとの契約により事実上可能性がなくなっていた。その後、ジエゴ・コスタの去就が不透明なチェルシー行きの可能性が高まり、一気に正式契約となった。 移籍金は8000万ユーロとインセンティブで、スペイン人としても、マドリーから移籍するプレーヤーとしても史上最高額。マンチェスターU.行きがなくなったため、買い叩かれてもおかしくない状況の中、この金額で成立させたのは見事。

モラタはベンゼマの控えでありながら、チーム2位の得点を挙げた。その実績は確かだが、最前線のチャンスメイカーであるベンゼマの代わりになるには、スタイルが違いすぎたというところ。CLアトレティコ戦の3人抜きのようなプレーはベンゼマならではで、今のチームのバランスから言ってそうそう置き換えられるものではなかった。 その意味で、スコアラーとしてのポジション争いの相手はロナウドだったとの指摘は的を射ていると思う。

いかに素晴らしい活躍を続けるロナウドとはいえ、32歳の彼の後継問題が浮上するのはそう先のことではなく、もう少し粘ればモラタにもマドリーでより大きな未来が待っていたかもしれない。 まして、彼はカンテラーノで、マドリディスタから通常以上の後押しを受けられる。少なくとも新シーズンは昨シーズンと同じ立場で始まるにせよ、どこかで世代交代が起こるきっかけがあってもおかしくはなかった。

ただ、それも仮定の話。相応の実力があれば常時先発したいと思うのがプレーヤーの心情だろう。マドリーの外に活躍の場を求めた彼の選択は理解できる。 カンテラーノとしての愛情を受けられなくなる分、チェルシーではより結果を求められる立場になる。その点ではマドリーとは違った競争の厳しさがあるだろうが、そこに漕ぎ出していく勇気と決断を尊重したい。

控えの立場でありながらこれほどの移籍金を残してくれたことにも感謝したい。買い戻し直後は6000万ユーロで即転売とも報じられていたが、マドリーでの経歴を経て2000万ユーロ以上の上積みをしたことになる。それも立派な貢献の仕方だろう。 これでマドリーへの義理は果たしてくれた。今後はチェルシーでの幸運を祈りたい。

■ダニーロ ダニーロは3000万ユーロ程度の移籍金でマンチェスターC.へ移籍となった。

加入時から今シーズン途中までの評価からは考えられないほどに、今オフになって一気に人気銘柄となったダニーロ。シーズン終盤のカルバハル離脱時のプレーの印象は良く、継続して出場機会があればこれくらいはやれるというイメージがついた。 元来守備よりも攻撃のプレーヤーでありながら、なかなか出番がないために攻撃も噛み合わず、守備もばたつくという悪循環は厳しいものがあった。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
移籍関連
タグ:
セバージョス
モラタ
ダニーロ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

鹿島がセビージャに勝ったからと言って、大騒ぎするのはどうかと思う。【東京ドームに計画停電を!】

オーストリアで敗戦(練習試合:SC Freiburg戦)【我がフェイエノールト】

ホッヘンハイムのトレ-ニングキャンプ【 コーチング備忘録   濱吉正則公式ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconhiroreal

マドリーを応援してます。フットサルはヘタクソながら継続中。
  • 昨日のページビュー:190
  • 累計のページビュー:5942891

(11月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 移籍市場閉まる、マドリーはドタバタに
  2. マドリーの移籍市場最後の数日
  3. CL準決勝第1戦 バイエルン戦招集リスト
  4. CL決勝 アトレティコ戦直前情報
  5. ’13~’14シーズンを振り返る
  6. マドリー不振の原因と将来を推測する(後編)
  7. リーガ・エスパニョーラ第12節 vバルセロナ
  8. CL準決勝第2戦 vバイエルン
  9. コパデルレイ決勝 vバルセロナ
  10. CL準決勝第1戦 vバイエルン

月別アーカイブ

2020
01
2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss