レアルマドリードのある生活

ヘスス・オルモ医師らとの契約を解除

このエントリーをはてなブックマークに追加

マドリーは、サニタス医療サービスに関わるヘスス・オルモ、ミケル・アランベリ両医師との契約を合意に基づき解除したと公式に発表した。

メディカルスタッフの契約解除は本来大きな話題ではないが、ヘスス・オルモ氏は以前からいわくつきの人物であった。

アンチェロッティ末期頃から負傷者が続いたことやその後の回復プランについて、オルモ氏の本来業務の能力に対してプレーヤーが疑問視していたというのは、何度か報じられてきていた。その一方で、もともとペレス会長とのコネがあっての契約であったとも言われる同氏のメディカルスタッフ内の立場は高まっていたようで、ちぐはぐな状況になってきていた。

プレーヤーの信頼を得られないメディカルスタッフをそのままにしておくほど愚かではなく、このたび契約が解除されることになったわけだが、本来業務にかかる不信感だけではなく、彼がロッカールームの話をリークしているのではないか、という疑念もあったことから、こうした形でしっかり発表する運びになったのだろうと推測される。

アンチェロッティ末期、ベニテス期と、現場がうまくいかずにばたついていた中で、プレーヤーと監督の関係やプレーヤー同士の関係がネガティブな形で報じられることがしばしばあったのは確か。その情報源がメディカルスタッフのリークであるというのは、考えたくないことではある。だが、ペレス会長との関係はあるけれども、クラブやチームに対する忠誠(契約関係であるとはいえ、その点が重要であることは言うまでもないだろう)がいかほどかわからない人物が、現場であまり信頼を得られていないとなれば、いろいろと邪推したくもなるもの。

今回の発表は、当時からのそうしたモヤモヤした状況を、暗に認めたようにも思える。 いずれにせよ、これで現場がより落ち着くのであれば、それに越したことはない。きちんと信頼を得られる後任と契約してもらいたいものだ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ニュース
タグ:
ヘスス・オルモ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ケヴィン・ディクスを獲得【我がフェイエノールト】

テージョがバルセロナからベティスに移籍 3年間のローンを経てリーガに復帰【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

大型補強継続中!サンドロ・ラミレス、マイケル・キーンが加入!【なんと言おうがEverton】

ブロガープロフィール

profile-iconhiroreal

マドリーを応援してます。フットサルはヘタクソながら継続中。
  • 昨日のページビュー:658
  • 累計のページビュー:5824998

(07月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 移籍市場閉まる、マドリーはドタバタに
  2. マドリーの移籍市場最後の数日
  3. CL準決勝第1戦 バイエルン戦招集リスト
  4. CL決勝 アトレティコ戦直前情報
  5. ’13~’14シーズンを振り返る
  6. マドリー不振の原因と将来を推測する(後編)
  7. リーガ・エスパニョーラ第12節 vバルセロナ
  8. CL準決勝第2戦 vバイエルン
  9. コパデルレイ決勝 vバルセロナ
  10. CL準決勝第1戦 vバイエルン

月別アーカイブ

2020
01
2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss