レアルマドリードのある生活

ペぺが退団を発表、ここに至る経緯

このエントリーをはてなブックマークに追加

ペペの退団がCOPEのインタビューで発表された。 6月末日で契約が切れる彼は、正式に退団が決まったプレーヤーとしてはこの夏最初の事例となる。

ここでは、34歳となってもなおトップレベルのセンターバックである彼がなぜフリーで移籍することになったのか、これまでの経緯を含めて考えてみたい。

■条件闘争 マドリーとぺぺとの契約延長交渉は、契約切れ半年前となって、他のクラブと自由に交渉できるようになった今年1月に入って持たれた。 マドリーは彼の年齢を考慮し、1年とインセンティブでの1年延長をオファー。それに対し、ペペは2年の契約を求めたことから、このタイミングでの合意には至らず。

これから現在までにおいて、この条件闘争が下地にあることは頭に入れておく必要がある。

■冷却期間 条件面で折り合わなかったマドリーとペペは、一旦交渉を止める。 短期か長期かの違いはあるが、両者とも残留は基本線であったことから、この時点で完全に決裂とはならず、交渉は別のタイミングを図り改めて行うことになったと推測される。

決裂していれば、直接そうした内容が報じられたり、夏の補強候補が盛んに報じられたりして、「ペペ後」に向けたポジティブなムードが出来ていくもの。クラブとしてはこのようなリークによる手法も可能であったはずだが、1月が過ぎた後にそうした報道は増えなかったし、かといって合意したという話題も増えていかなかったので、合意とも決裂とも決着がついていなかったと考えられる。 結局、ペペの契約についての話題はかなり沈静化し、シーズンが深まっていった。

ここまでは、クラブ側、ペペ側が納得してデザインした筋書きだろう。

■想定外の負傷と現場の判断 想定外だったのはシーズン終盤のペペの負傷。4月8日のアトレティコ戦でクロースと交錯し肋骨を骨折してしまった。 しかも、リーガでもCLでも、ペペ抜きでチームが奮闘。バラン、ナチョがしっかり穴を埋めたために、結局これ以降ペペがピッチに立つことはなかった。

現場でのジダンの判断は理解できる。 まず、もともと長期的にはペペからバランに世代交代を図るという意図があって、昨シーズンくらいからバランに経験を積ませようという流れはあった。 また、今シーズンはナチョも台頭、バランよりも安定感があるプレーをしてくれたので、ペペが万全であっても、世代交代の観点からベンチとする選択には妥当性がある。

それに加え、終盤の大事な時期に好調だったチームをあまりいじらない、という定石もある。バルセロナ戦でベイルを先発させ、すぐに再離脱したという苦い経験もあり、バランとナチョが期待通り世代交代可能なプレーをしてくれている以上、ペペを先発に戻すことに躊躇した部分もあるかもしれず、それも理解できる。

もちろん、ペペもベテランであり、マドリーへの忠誠も固いプレーヤーなので、このあたりの事情を理解しないわけではなかっただろう。 だが、契約交渉が後に回っている中で、負傷から帰って来てもベンチ外が続く状況に疑心暗鬼になった部分、つまり、クラブの意図は契約延長しないことに固まり、退団するプレーヤーに出場機会を与えないことでそのメッセージを送ることになった、と考えたように見受けられる。 だからこそ、「ジダンが終盤に自分を起用しなかったことに理解できない」といった今回の発言になったのだろう。

■すれ違い ペペはクラブへの忠誠から、表向きチームの好調さに水を差す発言や行為をしなかった。その忍耐力は優れていて、称賛に値する。

しかし、そのことで逆にクラブは、ペペの心証の悪化に気づけなかった。素晴らしいシーズンを終えた後に前向きな条件交渉が出来ると思っていたら、その頃にペペは既に退団の意思を固めてしまっており、最早条件云々といった話ではなくなってしまっていた。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ニュース
タグ:
ペペ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「ペぺが退団を発表、ここに至る経緯」へのコメント

かなーりお久しぶりです。
ID分からなくなってインできなかったりで足が遠のいてましたがIDのメモ出てきたので久々にコメントさせてもらいますー。

ぺぺ自身がそもそも怪我でちょくちょく離脱することも多かったのと年齢・何よりナチョの安定感と怪我の少なさの総合で判断すると1年+1年オプションはかなり譲歩してるとも言えるんですよね。

問題なのはぺぺがまだトップレベルで素晴らしいCBなだけになんで動けるのにそんな評価なんだってとこなんでしょうが、長い目で見るとヴァラン・ナチョを中心にチーム組みたくなりますからね。
レンタルから戻ってくるかもしれないバジェホの事も考えるとまぁ現場と上層部の判断今回は自分は支持してます。

たまに今回の件をラウールの時とかと一緒にする人居ますが今までと一緒にはしてほしくないなというのが私の意見です。

ぺぺ出るならラジオなんかでそんな事言うてほしくはなかったな...。

こんな記事も読みたい

柴崎、1部昇格の場合は来季もテネリフェでプレー クラブはPO敗退でも残留を熱望【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

モラタがクラブ残留を示唆「もっとプレーしたいなら、チェスかテニスにでも転向する」【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

バルセロナ:機中で記者と揉めたアルダがトルコ代表引退を宣言【ジョルディのバルセロナ通信】

ブロガープロフィール

profile-iconhiroreal

マドリーを応援してます。フットサルはヘタクソながら継続中。
  • 昨日のページビュー:1216
  • 累計のページビュー:5904604

(09月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 移籍市場閉まる、マドリーはドタバタに
  2. マドリーの移籍市場最後の数日
  3. CL準決勝第1戦 バイエルン戦招集リスト
  4. CL決勝 アトレティコ戦直前情報
  5. ’13~’14シーズンを振り返る
  6. マドリー不振の原因と将来を推測する(後編)
  7. リーガ・エスパニョーラ第12節 vバルセロナ
  8. CL準決勝第2戦 vバイエルン
  9. コパデルレイ決勝 vバルセロナ
  10. CL準決勝第1戦 vバイエルン

月別アーカイブ

2020
01
2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss