レアルマドリードのある生活

CL準決勝第1戦 vアトレティコ

このエントリーをはてなブックマークに追加

満員のベルナベウ。こういう試合の雰囲気はとても良い。

■マドリーの先発メンバー GK:ケイラー・ナバス DF:カルバハル、バラン、セルヒオ・ラモス、マルセロ MF:カゼミロ;モドリッチ、クロース;イスコ FW:ロナウド、ベンゼマ

46分:カルバハル→ナチョ、68分:イスコ→アセンシオ、77分:ベンゼマ→ルーカス・バスケス

イスコはトップ下というよりはフリーロール。ロナウドとベンゼマも動き回るが、一応この表記に。

■アトレティコの先発メンバー GK:オブラク DF:ルーカス・エルナンデス、サビッチ、ゴディン、フィリペ・ルイス MF:ガビ、コケ;サウール、カラスコ FW:ガメイロ、グリースマン

57分:ガメイロ→トーレス、サウール→ガイタン、68分:カラスコ→コレア

ブルサリコが負傷、代役のヒメネスも負傷と右サイドバックは多難。トップはトーレスではなくガメイロとグリースマン

■不安はある程度解決 イスコはトップ下を基本としつつ、上下左右を問わず、様々なところに顔を出す。ボールに触ってリズムを作るプレーヤーだし、彼の能力的な特長を考えても、こういう自由を与えられる余地があるのなら、これが一番生きる可能性が高い。 問題は守備への切り替え。4-3で守ることが出来ない以上、イスコが中盤に組み込まれて4-4の形を作る必要があるが、きちんと戻ってくれるかが不透明。また、攻撃の終わりにどこにいるかがわからないので、戻るとしても陣形がいつも異なることになる恐れもある。

前者については、ロナウドやベンゼマも含めて低い位置に帰ることで解決。こういうことが見られるのはCLでだけ。普段からこれができると安定感は増すのだろうが、その気まぐれさにももう慣れてしまっている。ここぞという試合でしっかりやってくれることを評価しておきたい。

後者に対しては、これといった解決策はないものの、ばたついて守るような場面が少なかったことで、さほど問題にはならなかった。 アトレティコの良い形、速攻に繋がるような奪われ方をしなかったことが、その大きな要因の1つ。 不用意なボールロストから攻撃を展開されることが少なかったので、人が足りない場面や、ズレを突かれるような場面を何度も作られることがなかった。しっかりセットする時間があればイスコが戻るし、彼がダメでもロナウドやベンゼマが遅らせてくれ、大きな破綻はせずに済んだ。

低い位置でのミスが少なかったことも、マドリーのリズムの良さに繋がった。 不安だったバランも、ボールを持った時の危ないプレーはなく、落ち着いたプレー。全体としても、奪った後に奪い返されるようなこともなく、良い形でボールを運ぶことが出来ていた。 混乱した状態でアトレティコに高い位置で仕掛けられたのは、前半コケのパスにガメイロが抜け出した場面くらい。アトレティコとしてはこういう形を多く作りたかっただろう。

そのアトレティコの攻めはサイドが中心。というより、コケがピボーテの位置から攻撃に変化を付けられていなかった印象。高い位置で奪ってからの速攻は作れない中で、遅攻で糸口を見つけていく必要があったが、マドリーからすれば受け止めやすいことが多かった。ラインの間やサイドバック裏のスペース、4-3で守っている状態でのサイドチェンジの揺さぶりといったようなことが継続されることがなく、マドリーの守りの意識が高かったこともあって、これまでの対戦と比較すると余裕のある試合運びをすることができた。

そのため、10分の先制点以降、多少受けに回っても、失点が時間の問題というような雰囲気はなかった。 もちろん、マドリーもアトレティコも、第2戦までを見据えてプレーしているということもあるだろう。得点以降も、互いに「まだまだこれから」といった様子ではあった。 が、これはアウェイゴールを取られると面倒になるマドリーにとっては、都合の良い状況だった。 前から追い回されて急がされる展開の方が、2点目を取れる確率も高まるがアウェイゴールのリスクも高まる。最も苦戦していた時期はそういう時間帯を長く作られていたが、今シーズンはそれほどの圧力がない。その傾向のまま、あまり波風が立たないままに時間を進められたといったところ。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
CL
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【 岡崎慎司 】 岡崎の存在がもたらしているもの。 【 レスター vs ワトフォード 】【FCKSA66】

第33節結果 エクセルシオール4連勝!で残留決定。ローダ、スパルタ、NECが揃って勝って最終節へ。ゴー・アヘッドが最下位降格【我がフェイエノールト】

クラーリンゲンでアンチクライマックス(第33節:エクセルシオール-uit結果)【我がフェイエノールト】

ブロガープロフィール

profile-iconhiroreal

マドリーを応援してます。フットサルはヘタクソながら継続中。
  • 昨日のページビュー:521
  • 累計のページビュー:5765555

(05月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 移籍市場閉まる、マドリーはドタバタに
  2. マドリーの移籍市場最後の数日
  3. CL準決勝第1戦 バイエルン戦招集リスト
  4. CL決勝 アトレティコ戦直前情報
  5. マドリー不振の原因と将来を推測する(後編)
  6. ’13~’14シーズンを振り返る
  7. リーガ・エスパニョーラ第12節 vバルセロナ
  8. CL準決勝第2戦 vバイエルン
  9. コパデルレイ決勝 vバルセロナ
  10. CL準決勝第1戦 vバイエルン

月別アーカイブ

2020
01
2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss