レアルマドリードのある生活

リーガ・エスパニョーラ第32節 vスポルティング

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツから帰ってきてすぐにアウェイ。なかなか大変な日程。

■マドリーの先発メンバー GK:カシージャ DF:ダニーロ、ナチョ、セルヒオ・ラモス、コエントラン MF:コバチッチ;ハメス、イスコ FW:ルーカス・バスケス、モラタ、アセンシオ

57分:コエントラン→マルセロ、71分:ルーカス・バスケス→マリアーノ、89分:コバチッチ→カゼミロ

コエントランにも遂に出番が。ジダンは大幅にローテーションすることを選択した。

■スポルティングの先発メンバー GK:クエジャル DF:リージョ、アモレビエタ、ババン、メレ、イスマ・ロペス MF:ベスガ、アルバレス;カルモナ、モイ・ゴメス FW:チョプ

69分:モイ・ゴメス→ナチョ・カセス、79分:チョプ→エンディ、89分:アルバレス→アクラム

残留争いのスポルティング。まだ諦めるには早い勝ち点差だ。

■簡単に CLの谷間であり、バルセロナ戦を控えていることもあって、このメンバー構成となった。 とはいえ、相手は残留争いの最中。かけるものがない中位とは違い、ホームでもあり戦意は高く、面倒な相手ではある。 そんな中で、ダニーロが活躍し、コエントランも試合勘がないであろうにも拘らずまずまずの出来、アセンシオはCLに続いて問題なくプレーし、イスコが2得点と、控え組の多くがいいところを見せてくれたことを評価したい。

マイナスだったポイントを言えば、イスコとハメスのインテリオールは距離が遠く、攻撃の連動も出来ず守備の戻りも遅い状況だったし、バスケスは決定機を外し、目立ったことをできなかった。

そうしたことはあっても、この試合はまずメンバーを入れ替え、主力を温存しながら勝つのが目標。 いきなりこのメンバーで素晴らしい連携が取れるはずもない。また、個々のプレーヤーでアピールしたい思いもあっただろうし、チームプレーとしてまとまりを欠いてしまうのもやむを得ないところ。 スポルティングのゴラッソが2つあり、苦しい展開ではあったが、とにかく勝ったことで、ミッションはクリアしたと言える。

イスコは守備参加の問題を抱えつつ、2ゴールで評価を高めた。よく収めるし、良いシュートの選択が出来ていた。彼はただのパサーというより、自身もゴールを狙えるのが長所なので、こうしたゴールは良い傾向の証。

セルヒオ・ラモス、途中出場のマルセロ以外はしっかり休めた。この時期に週末休めるのは嬉しい。CL、バルセロナ戦で充電したというところを見せてほしい。

まずはバイエルン戦。この試合のような守備はしないだろう。組織立った形で守り、裏をついていきたい。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
リーガ
タグ:
リーガ・エスパニョーラ第32節
vスポルティング

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

バルセロナ:メッシの得点王返り咲きとAゴメスの不調&デウロフェウ帰還の可能性【ジョルディのバルセロナ通信】

2得点で逆転勝利の立役者となったイスコ「これこそがR・マドリードのスピリットだ」【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

【 香川真司 】 代表戦がある6月までは好調を維持してもらいたい。 【 ドルトムント vs フランクフルト 】【FCKSA66】

ブロガープロフィール

profile-iconhiroreal

マドリーを応援してます。フットサルはヘタクソながら継続中。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:5942891

(11月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 移籍市場閉まる、マドリーはドタバタに
  2. マドリーの移籍市場最後の数日
  3. CL準決勝第1戦 バイエルン戦招集リスト
  4. CL決勝 アトレティコ戦直前情報
  5. ’13~’14シーズンを振り返る
  6. マドリー不振の原因と将来を推測する(後編)
  7. リーガ・エスパニョーラ第12節 vバルセロナ
  8. CL準決勝第2戦 vバイエルン
  9. コパデルレイ決勝 vバルセロナ
  10. CL準決勝第1戦 vバイエルン

月別アーカイブ

2020
01
2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss