レアルマドリードのある生活

リーガ・エスパニョーラ第19節 vマラガ

このエントリーをはてなブックマークに追加

2連敗中のマドリー。がらりと流れを変えるのは難しいので、またひとつずつ積み上げていきたいところ。

■マドリーの先発メンバー GK:ケイラー・ナバス DF:ナチョ、バラン、セルヒオ・ラモス、マルセロ MF:カゼミロ;モドリッチ、クロース FW:ルーカス・バスケス、ベンゼマ、ロナウド

25分:マルセロ→イスコ、78分:モドリッチ→コバチッチ、82分:ベンゼマ→モラタ

右サイドバックはナチョに。

■マラガの先発メンバー GK:カメニ DF:ロサレス、ムニョス、ビジャヌエバ、フアン・カルロス MF:レシオ、カマーチョ;フアンピ、フォルナルス、チョリ・カストロ FW:ペニャランダ

67分:ゴンサロ・カストロ→ジョニー、73分:フアン・カルロス→デミチェリス、78分:ペニャランダ→マイケル・サントス

何と言っても脅威はカメニ。調子に乗せると面倒なことになる。

■流れを失うも、救いはセットプレーに マドリーの立ち上がりは良かった。 ボールを早めに回収して波状攻撃を仕掛けられていたし、サイドを使ってボールを動かしていこうという意図が感じられた。エリア内に入る場面こそ少なかったものの、チャンスの芽は多く作り出せていて、ここからカメニが守るゴールにどう迫ろうか、といった雰囲気。

マラガがおとなしい試合の入り方をしたことが、マドリーを助けた部分もある。 ベルナベウとはいえ連敗中で不安もあるマドリーに対し、積極的にチャレンジする選択肢もあり得た。試合がバタつけば、マドリーが自滅するかもしれないからだ。しかし、マラガはごく普通の立ち上がりを選択。カウンターへの狙いも見えず、マドリーとしては助かった。

ここからリードを得られないのが、いかにも流れの悪いチームという印象。 マラガを押し込めていた15分ほどまでの間に、ベンゼマのヘディングシュートの場面、ロナウドが抜け出した場面と、決定機が2つもあったにもかかわらず、どちらも決められなかった。 ベンゼマのヘディングは枠に飛ばさなければならないポジションでフリー。ロナウドはカメニとの1対1で素直すぎるシュート。コースも甘く、難なく処理されてしまった。

こうなると、徐々にマラガが盛り返してくるのは当然。序盤は全く繋がらなかった攻撃が少しずつ合ってきて、マドリー陣内へ入る回数が増えていく。 中盤同士の攻防では、マドリーの疲労の色が濃く、拮抗してきてからはボールの回収に手間取るようになって、良い形の攻撃が鳴りを潜めてしまうことになった。 また、25分にはマルセロの負傷交代という不運も重なった。 イスコを入れて中盤に組み込み、ナチョを左に、ルーカス・バスケスが右サイドバックに下がることで対応はできたものの、攻撃の重要な駒を失い、得点は遠くなったかと思われた。

両サイドバックを高いレベルでそつなくこなしてくれたナチョにマドリディスタは感謝すべき。 守備の問題はほとんどなく、よく走って両足どちらでも一定程度の精度のクロスが期待できるのは素晴らしい。彼がいるおかげで、こうした不測の事態にも対応できるというもの。負傷離脱もなく、いつも戦力として計算できるのも大きなポイント。 最終ラインの様々な穴をナチョがうまく塞いでくれるおかげで、完全な破綻を免れているのだ。

一進一退の試合となって不安が募る展開となったところで、セットプレーに救いがあった。 35分、クロースのコーナーにセルヒオ・ラモスが頭で合わせて先制。遠目の位置にもかかわらず、正確かつ強いヘディングシュートでカメニの壁を破った。 さらに43分、左サイドからのクロースのフリーキックにまたもラモス。右足を伸ばして押し込んだ。 クロースのボールの質、そしてそれを生かすセルヒオ・ラモスのゴール前での強さが光った。 チームとしても、いかに彼に合わせるかを考えているようで、僅かでも自由なスペースを与えるべく周囲が動いている。それほどまでに今の彼のセットプレーの信頼性は高い。 少し前までは一番の弱点で、失点はするが得点は全くできない、というのがマドリーのセットプレーだったのに、今や強力な武器になっている。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
リーガ
タグ:
リーガ・エスパニョーラ第19節
vマラガ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

またもや救世主になっているバレンシアのボロ監督、リーガ通算勝率は脅威の66.7%【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

【 香川真司 】 調子の良い相手、強い相手との試合でどうなのか、という事が問題なので。 【 ブレーメン vs ドルトムント 】【FCKSA66】

第19節結果 『素晴らしきエールディヴィジの日曜日』。トップ・ドリーが苦しみながら揃って勝利し、下位は混迷に【我がフェイエノールト】

ブロガープロフィール

profile-iconhiroreal

マドリーを応援してます。フットサルはヘタクソながら継続中。
  • 昨日のページビュー:409
  • 累計のページビュー:5805788

(06月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 移籍市場閉まる、マドリーはドタバタに
  2. マドリーの移籍市場最後の数日
  3. CL準決勝第1戦 バイエルン戦招集リスト
  4. CL決勝 アトレティコ戦直前情報
  5. ’13~’14シーズンを振り返る
  6. マドリー不振の原因と将来を推測する(後編)
  7. リーガ・エスパニョーラ第12節 vバルセロナ
  8. CL準決勝第2戦 vバイエルン
  9. コパデルレイ決勝 vバルセロナ
  10. CL準決勝第1戦 vバイエルン

月別アーカイブ

2020
01
2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss