スキークロス 瀧澤宏臣

オーストラリアNZコンチネンタルカップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

日曜日にFISスキークロスのANC(コンチネンタルカップ)戦終わりまして、悪天候続きだった為、1日で2戦強行というスケジュールでしたが、、、予選は2戦分やったものの、トーナメントは1戦目終了時点で16時・・・結局日没時間切れとなりトーナメントは1戦のみで終了でした。

結果ですが、1戦目3位、2戦目はタイムトライアルで3位でした。
2戦目分も表彰式はありましたが、リザルトとして残るのか確認せず、日曜夜の便で帰国する選手がいたので、急いでメルボルンへ移動してきました。

昨日、今日と久々ののんびりタイム。
日本へ帰るとなんだかんだで予定で埋まってしまうので、最近は帰国を1日遅らせたりして外国でゆっくりできる時間を作るようにしています。

レース翌日はあちこち筋肉痛になるのですが、今回はそこまで酷くなく、心地良い疲労感が残るくらいでした。
きっと直前までの高地トレーニングが効いているのでしょう(笑)


今回のレースに出場し、シーズンに向けまずまずの手応えを感じられた反面、課題がはっきりした部分もありました。
そういう確認ができただけでも、すごく良い時間にすることができました。
シーズンまで2ヶ月ちょっとになりましたが、どこまで強化していけるか、強化したらどうなるのか、楽しみでもあります。

リザルト詳細
http://www.fis-ski.com/uk/604/1228.html?event_id=31769&cal_suchsector=FS
(ブログアップ時にはまだ更新されていませんでした)

ところで、ロンドンオリンピックが終了し、日本はメダル数が史上最多だったようですね!!
凄いです!!
特にこれまでメダル獲得が難しかった状況にあった種目で取っている点が見逃せないですね。

各種目の現場関係者の方々の表には見えてこない努力と、オリンピックで勝ちにいく!という本気の思いが形となったということだと思います。

hiroomi-takizawa-342886.jpg





冬季種目の一つとして、我々スキークロス選手達も各々がメダル獲得を目標に頑張っています。

バンクーバーが終わってから縮小感漂う日本のスキークロスですが、ヨーロッパではトライする選手が凄い勢いで増えています。
今回もアルペンのコンチネンタルカップが終わって2日後にスケジュールされているので、そのままクロスにも出場する選手もいました。

Mt.Hothamのコースは、初めてクロスコースを滑るアルペン選手にとって、とても優しい設定でありながら内容はしっかり凝縮されているので、入門コースとしては非常に素晴らしいコースです。

新たにクロスを志してみたいと考えているアルペン選手にとって、夏の間にこういった大会があるというのは、非常に良いチャンスになっていると思います。

興味がある選手の方は、是非来年の夏の予定に組入れてみてはどうでしょう?
アルペンのトレーニングとして考えても、とても良い効果がありますよ。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
海外日記
タグ:
スキークロス
海外レース
オーストラリア
Mt.Hotham
コンチネンタルカップ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

view【クロスカントリースキー レンティング陽】

One foot.【プロスノーボーダー 細野大輔】

銀座パレード!andインターネット【アルペンスキー サンミリオン...長谷川絵美...zum traumen】

ブロガープロフィール

profile-iconhiroomi-takizawa

瀧澤宏臣(たきざわ ひろおみ)
競技:スキークロス
出身地:山形県米沢市
所属:日建総業スキークラブ
アルペン、モーグルのナショナルチームを経験した瀧澤さんが、スキークロスと出合ったのは27歳のとき。「スキークロスは、それまでの自分のスキーキャリアを生かせる競技である」。そう感じた瀧澤さんは、果敢にも新しいフィールドへとチャレンジ。転向後3年目から始まったFISワールドカップに参戦して優勝をゲット。そのまま初代シーズン総合優勝も獲得し、日本スキー史上2人目となるクリスタルトロフィ獲得者となりました。
05年2月人生3度目の大怪我を負うも、翌シーズンには復帰。
07年2月に福島県猪苗代スキー場で、2年ぶりに日本で開催されたFISワールドカップで通算3勝目を挙げ、復活。


初めてオリンピック出場という目標を掲げてから20年かけ、2010年2月初めてのオリンピック出場を果たしました(バンクーバーオリンピック)。

しかし目指した結果に到達することはできませんでしたが、現在は次なるステップを目指して活動を続けています。


瀧澤宏臣オフィシャルサイト
[[takkys.net|http://www.takkys.net/]]


[[center|20070730-00.jpg]]
[[BLUETAG.JP|http://bluetag.jp]]


[[hiroomi-takizawa-73976.jpg]]
[[SEVメタルブレス リミテッドエディテョン|http://shop.bluetag.jp/products/detail.php?i=19242]]
  • 昨日のページビュー:5
  • 累計のページビュー:602022

(08月01日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ソチで負傷したケガの状況について
  2. 2013シーズン前半戦レポートと、皆さまへのお願い
  3. ZOOT(ズート):K2ジャパン取り扱いのニューブランドです!
  4. ソチ・プレ・オリンピック大会
  5. ワールドカップ第1戦結果報告! ではあるのですが・・・
  6. ヒンタートックスキャンプ7日目終了!
  7. FISワールドカップ・スキークロス第2戦・テルライド
  8. ヒンタートックスキャンプ初日
  9. ヒンタートックスキャンプ14日目 休養日
  10. オーストラリアNZコンチネンタルカップ

月別アーカイブ

2013
02
2012
12
08
07
06
05
04
03
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年08月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss