サムライブルーの風

月別アーカイブ :2014年06月

【侍青の風】「4失点での敗退→守備的サッカーへの切り替え」には待ったと言いたい。(コロンビア戦 1-4)

得点者 岡崎1点 代表通算得点 岡崎39 4点取られたことよりも 1点しか取れなかったことが悔しい! 試合が終わった直後にそう思った。 ザックジャパンというチームは 守備があやしいことは百も承知だった。 なので、点を取りに行かなければならない場面で カウンターを浴びて失点するのは 覚悟の上だった。 だから4失点という結果にとやかく言うつもりはない。 でも、ザックジャパンの 最大の持ち味である攻......続きを読む»

【侍青の風】無得点ではあるが、日本のW杯史上最大の攻撃姿勢が見えた試合(ギリシャ戦 0-0)

ギリシャ代表は 今回のワールドカップのヨーロッパ予選では、 12試合で6失点という相変わらずの堅守を見せていた。 しかし、ワールドカップ初戦のコロンビア戦は 1試合で3失点を喫していた。 噂の堅守は、すでにひびの入った盾なのではないかと思っていた。 しかし、 結果的に日本はゴールを奪うことはできなかった…。 「ザックジャパンの攻撃はことごとくはね返された。」 「単純なセンタリングは簡単にクリア......続きを読む»

【侍青の風】刀を忘れた侍たち…(コートジボアール戦 1-2)

得点者 本田1 代表通算得点 本田23 後半開始時点で1-0のリード。 相手は守備の選手を一人交代させて 攻撃の選手を投入する。 その後に悲劇的な逆転ゴールが決まる。 8年前にまったく同じような光景を見た。 あのドイツワールドカップ初戦の 屈辱のオーストラリア戦のリプレーを 見ているような展開となった。 ただ、点を取られることは ザックジャパンにとっては日常茶飯事である。 取られたら取り返す......続きを読む»

【侍青の風】客観的に見た日本とコートジボアールの戦力比較

日本のW杯初戦のコートジボアール戦まで いよいよ1週間を切ってきた。 一体コートジボアールとはどのようなチームなのか? プレミアリーグで2回得点王になったドログバがいる。 今年のプレミアリーグを制覇したマンチェスターCで 20点を取ったヤヤ・トゥーレがいる。 それぐらいのことは知っていたとしても、 コートジボアールというチームが 実際はどれだけ強いのかということは、 多くの日本のサッカーファン......続きを読む»

【侍青の風】青山「トシ」からのパスを大「久保」が決めて劇的勝利!(ザンビア戦 4-3)

得点者 本田2 香川1 大久保1 代表通算得点 本田22 香川19 大久保6 後半アディショナルタイムに 交代出場したばかりの青山「トシ」弘のロングパスを 最前線の大「久保」が 見事なトラップからのシュートを決めて 劇的な決勝ゴールが生まれた! 「トシ、ナイスパス!」 「トシ、サッカー好きか?」 20年ぐらい前のサッカー漫画ファンなら 誰もが知っている「シュート」の 主要人物を思い出すようなゴ......続きを読む»

【侍青の風】香川・柿谷・山口のセレッソブランド満開!(コスタリカ戦 3-1)

得点者 遠藤1 香川1 柿谷1 代表通算得点 遠藤13 香川18 柿谷5 セレッソブランド爆発の2点目だった。 山口蛍のロングパス→柿谷の見事な落とし→ 香川の縦パス→柿谷の鮮やかなリターン→ 香川のゴール! 元セレッソ監督のクルピ監督が見たら 会心のガッツポーズをするであろう ファインゴールだった。 そして後半アディショナルタイムには 香川の縦パス→前線の岡崎がつぶれて→ 柿谷の代表で半年ぶ......続きを読む»

【侍青の風】ドラマ「ルーズヴェルトゲーム」と「なでしこジャパン」

現在TBSで放送している 「ルーズヴェルトゲーム」というドラマの中で ドラマの主要人物の一人が所属している社会人野球チームは 相手チームだけでなく 大会に負けたら即チーム解散という プレッシャーと戦っている。 このドラマの野球チームの戦いを見て、 アジアカップ初優勝を達成した、 「なでしこジャパン」を思い浮かべた。 なでしこジャパンは、 男子サッカー以上に、 常に人気や注目度を気にしながら戦って......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconhirohiko24

筆者の小学生時代の
林間学校や運動会、卒業式などのエピソードを元にして書いた
「あだ名はナカジ」というブログを
連載していますので、さくらももこ風のエッセイや、
スタジオジブリの「耳をすませば」が好きな人は
ぜひ遊びに来てください。

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3533731

(11月22日現在)

関連サイト:「あだ名はナカジ」

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 観客数がたった14000人だったWBC中国戦…【侍ジャパンの風】
  2. 【侍青の風】サッカーの神様は、なぜこんなにも中村俊輔に厳しいのか…
  3. 【侍青の風】鹿島アントラーズVS日本代表、先発イレブンでガチンコ対決!
  4. レッズファンの怒りとナビスコカップの現状【サムライブルーの風】
  5. キリンカップのような雰囲気のアジア最終予選 (イラク戦 1-0)【サムライブルーの風】
  6. 【侍青の風】柳沢敦の才能と、最後まで彼が背負った十字架
  7. 【侍青の風】「新国立競技場」の建設費と維持費を、他のスタジアムと比べてみると
  8. ピッチとベンチの温度差を無くした岡崎のゴール (オマーン戦 2-1)【サムライブルーの風】
  9. 栗原の憂鬱と柿谷の輝き(中国戦 3-3)【サムライブルーの風】
  10. 浅田真央、ソチオリンピックへの道

月別アーカイブ

2017
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
06
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss