サムライブルーの風

月別アーカイブ :2013年03月

冷静と情熱の間に揺れた日本人ファンたち(WBC準決勝現地観戦記)【侍ジャパンの風】

日本VSプエルトリコ 1-3 テレビの中継では当たり前のようにある スロー再生もリプレー再生も解説者の説明もない サンフランシスコのAT&Tパークの 三塁側ベンチの最前列で観戦していたけれど プエルトリコのピッチャーは 決して打てないようなピッチャーではないように見えた。 それなのに、日本は3回までをパーフェクト、 その後も井端の1点タイムリーだけに抑えられ 1-3で負けて......続きを読む»

ヨルダン戦の前後で180度変わったマスコミの報道(ヨルダン戦1-2)【サムライブルーの風】

香川1 代表通算得点 香川13 本田と長友が不在だったヨルダン戦、 試合前、多くのマスコミは 「日本の選手層は厚い! 昔の日本代表と違って、 今は本田と長友の代わりになれる選手はたくさんいる!」 そう言っていた。 そしてヨルダンに1-2で敗れた後、 多くのマスコミは 「本田と長友の穴はやっぱり大きかった…」 と言っていた。 気持ちいいぐらいの手のひらの返しようだと思......続きを読む»

1トップ下の香川と、左サイドの香川(カナダ戦 2-1)【サムライブルーの風】

岡崎1 ハーフナー・マイク1 代表通算得点 岡崎32 ハーフナー・マイク4 念願の1トップ下でプレーした前半の香川、 いつも通りの左サイドでプレーした後半の香川、 はたして、どちらの香川がより効果的だったのだろうか? 前半の香川は、左サイドの名パートナーの乾とともに、 いくつかの効果的な場面を作っていた。 この二人が近い距離にいると なにかが起こるかもしれないという期待が......続きを読む»

淡白な打線、ピリッとしないリリーフ陣、でも長野が復活!【侍ジャパンの風】

日本VSオランダ 10-6 阿部のソロ本塁打で始まり、 長野の3点タイムリー、 松田の1点タイムリー、 同じイニングで阿部の3点本塁打。 2回で8-1の大量リードを奪った侍ジャパン。 仕事のため、この猛攻を生中継で見られなかったのが残念…。 その代わり、仕事から帰ってきた後に見たのは 非常に淡白な打線と、 なんともピリっとしないリリーフ陣だった。 3回から7回まで......続きを読む»

先制、追加点、中押し、ダメ押し、いきなり不安、でもやっぱりダメ押しでコールドゲームのオランダ戦!【侍ジャパンの風】

日本VSオランダ 16-4 ブラジル、台湾に苦戦し、 キューバに敗れた日本。 それに対し、韓国、オーストラリア、キューバを ボコボコにして勝ち上がってきたオランダ。 試合開始前は、相当、苦戦するのではないかと思っていた。 考えたくないけれど、負けることも覚悟していた。 でも、今日の1番打者の鳥谷が 先頭打者ホームランを、 日本の今大会初ホームランを打って雰囲気を変え......続きを読む»

井端の同点打と43000人の応援と歓喜【侍ジャパンの風】

日本VS台湾 4-3 試合時間4時間37分、 投入した投手、野手合わせて21人、 まさに死闘と言える熱戦だった。 この劇的な試合を東京ドームで生観戦できたことを 心から嬉しく思える。 試合の流れが日本に傾いたのは やはり6回からの田中将大のピッチングからだったと思う。 コースをつく投球で台湾打線を次々と三振にしとめ、 いいリズムで日本の攻撃につなげてくれた。 ......続きを読む»

田中将大の投球と桑田さんの解説【侍ジャパンの風】

日本VSキューバ 3-6 解説席の桑田さんのコメントが 怖ろしいほどに的中した試合だった。 「真ん中に投げたら、 どんなに早くても打たれるんですよ。  それよりも、もっと軽く投げてもいいから  コースを狙った方が打ち取れるんですよ。」 その言葉どおりに 日本が誇るエース田中将大のストレートが いとも簡単にキューバ打線に打ち返された。 田中将大にしてみたら、 ......続きを読む»

観客数がたった14000人だったWBC中国戦…【侍ジャパンの風】

日本VS中国 5-2 昨日のブラジル戦のヒーローインタビューで キャプテンの阿部はこんなこと言っていた。 「今日の勝利は、日本のプロ野球ファンのおかげです!  明日も球場に足を運んで応援よろしくお願いします!」 野球のおもしろさを存分に味あわせてくれたWBC初戦。 その勢いで今日の中国戦も 最高の雰囲気の中で戦えると思っていた。 しかし、今日の試合開始の瞬間に一番驚い......続きを読む»

これぞ野球、8回表の侍ジャパンの猛攻!【侍ジャパンの風】

日本VSブラジル 5-3 初戦からものすごい試合を見せてくれた。 先制され、逆転し、また再逆転され、 そして最後にひっくり返すというシーソーゲームが繰り広げられ 見ているだけで精根尽き果てるような試合だった。 8回まで1点リードを許す苦しい展開。 しかも相手はまず負けないと確信していたブラジル。 内野スタンド上段には若干の空席もあり、 試合開始前までは、 まるで強化......続きを読む»

これぞ開幕戦! 興奮と熱狂のサンフレッチェVSレッズ【サムライブルーの風】

20周年、21年目のJリーグが開幕した。 そして、開幕カードのサンフレッチェ広島VS浦和レッズは 開幕戦にふさわしい、まさに熱戦となった。 個人の活躍でばかりサッカーを見るのは あまりサッカーを深く見れていない証拠かもしれないが、 この1戦については個人の活躍と気持ちが感じられる試合となった。 先制点はレッズだった。 先制点を決めたのは元広島のヤンチャ王子こと柏木陽介。 かつ......続きを読む»

強いのか弱いのか分かりにくい侍ジャパンと、解説席の中居くん【侍ジャパンの風】

日本VS阪神 0-1 日本VS巨人 6-1 侍ジャパンの最終テストが終わった。 3安打しか打てない日もあれば 二桁安打で爆発する日もある。 まさに打線は水ものだと言うことを痛感する日々だった。 広島戦からの5試合の 中心選手たちの打席結果はどうなっているのかと言うと 坂本、16打数5安打 .315 ようやく上がり調子 長野、18打数1安打 .055 絶不調… 阿部、1......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconhirohiko24

筆者の小学生時代の
林間学校や運動会、卒業式などのエピソードを元にして書いた
「あだ名はナカジ」というブログを
連載していますので、さくらももこ風のエッセイや、
スタジオジブリの「耳をすませば」が好きな人は
ぜひ遊びに来てください。

  • 昨日のページビュー:1703
  • 累計のページビュー:3529368

(11月18日現在)

関連サイト:「あだ名はナカジ」

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 観客数がたった14000人だったWBC中国戦…【侍ジャパンの風】
  2. 【侍青の風】サッカーの神様は、なぜこんなにも中村俊輔に厳しいのか…
  3. 【侍青の風】鹿島アントラーズVS日本代表、先発イレブンでガチンコ対決!
  4. レッズファンの怒りとナビスコカップの現状【サムライブルーの風】
  5. キリンカップのような雰囲気のアジア最終予選 (イラク戦 1-0)【サムライブルーの風】
  6. 【侍青の風】柳沢敦の才能と、最後まで彼が背負った十字架
  7. 【侍青の風】「新国立競技場」の建設費と維持費を、他のスタジアムと比べてみると
  8. ピッチとベンチの温度差を無くした岡崎のゴール (オマーン戦 2-1)【サムライブルーの風】
  9. 栗原の憂鬱と柿谷の輝き(中国戦 3-3)【サムライブルーの風】
  10. 浅田真央、ソチオリンピックへの道

月別アーカイブ

2017
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
06
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss