サムライブルーの風

月別アーカイブ :2012年09月

Jリーグに常勝軍団は必要か? 【サムライブルーの風】

ヨーロッパの主要国には その国のリーグを代表するような盟主となるチームがあり、 そのチームは常勝軍団と呼ぶにふさわしいほどの 優勝回数を誇っている。 スペインには、バルセロナとレアルマドリードがある。 この20年間で、 バルサが9回、レアルが7回リーグ制覇している。 イングランドには、マンチェスターUがある。 この20年間で12回リーグ制覇している。 (他はチェルシー3回、......続きを読む»

日馬富士、白鵬、朝青龍の大関在位時の結果比較

9月場所の千秋楽の国技館には 元横綱の朝青龍がかけつけ、 野田首相も登場した。 そのたびに国技館は大いににぎわったが、 やはり、この日一番の盛り上がりは およそ2分にも及ぶ、 日馬富士と白鵬との激闘と、 日馬富士の勝利の瞬間だった。 この結果、2場所連続の全勝優勝を果たし、 日馬富士の横綱昇進が確実のものとなった。 2007年に白鵬が横綱になってから 実に5年ぶりの......続きを読む»

いまさらロンドン五輪男子サッカー決勝の現地テレビ観戦記(ブラジルVSメキシコ 1-2)【サムライブルーの風】

ロンドン五輪サッカー男子決勝、 ブラジルVSメキシコの試合を、 女子バレーの3位決定戦の後に、 偶然立ち寄ったチェルシーのスタジアムの前にある ブラジル人が経営する喫茶店で 後半からテレビ観戦することができた。 当然のことながら、 店全体がブラジルを応援していた。 お店の中にはたくさんのブラジル人サポーターがいた。 小さな子供からおじいさんやあばあさんまで、 まさに老若男女が......続きを読む»

WBC侍ジャパンの監督は一体誰か!?

すったもんだの末にようやく決まった WBCへの侍ジャパンの参加。 次なる問題は誰が監督になるのかだろう。 日本代表チームの監督ということで 非常に名誉であり、やりがいのある仕事だと思うが、 失敗したときのリスクが高いというデメリットもある。 第1回大会の王監督、 第2回大会の原監督が 連続で日本を優勝に導いたことで、 第3回大会の監督にも当然優勝が期待される。 や......続きを読む»

キリンカップのような雰囲気のアジア最終予選 (イラク戦 1-0)【サムライブルーの風】

前田1 代表通算得点数 前田10 ジーコのサプライズ采配により、 イラクの先発メンバーはほぼ控え組だった。 その采配に、ドイツワールドカップのブラジル戦での 巻&玉田の同時先発起用を思い出した。 前半の2回のコーナーキックからの 決定的なチャンスを1本でも決められていたら、 相当危なかったかもしれない。 でも、日本は岡崎のクロス→前田のヘディングで 前半25分に先......続きを読む»

また、このチームに会いたい (ヤングなでしこVSナイジェリア 2-1)【サムライブルーの風】

鈴木陽子の豪快なミドルシュート、 西川明花の繊細なタッチのファインシュート、 2-0になって今日の試合はもらったと思った。 銅メダル、行ける! しかし、後半28分にナイジェリアに直接FKを決められ 2-1と点差が1点になってしまった…。 2-0から1点返されて2-1になる、 サッカー好きなら、 誰もが経験したことがあるだろう嫌な展開である。 あと15分か…、長いな…。 ......続きを読む»

ロンドン五輪右サイドコンビの活躍 (UAE戦 1-0)【サムライブルーの風】

ハーフナー・マイク1 代表通算得点 ハーフナー・マイク3 今日のUAE戦、内田篤人の代わりに 右サイドバックで出場すると思われていた駒野が 長友温存のために左サイドバックにまわり、 空いた右サイドには酒井宏樹が入った。 そして、右サイドハーフには いつもの岡崎ではなく、 ロンドン五輪で酒井宏樹と右サイドでコンビを組んだ 清武が入った。 今日の日本の右サイドは ロンドン五......続きを読む»

幸せな気持ちと悔しい気持ちが交差したドイツ戦 (ヤングなでしこVSドイツ 0-3)【サムライブルーの風】

ヤングなでしこは 前半の開始早々から失点を重ねてしまい、 0-3でドイツに敗れた。 結果は残念だった。 でも、会場となった国立の雰囲気はすごく良かった。 大量リードされていても、 国立につめかけた2万8000人のサポーターは ヤングなでしこを応援しつづけた。 その応援に後押しされて、 ヤングなでしこたちも最後まで攻撃を続けた。 何度も、思わず立ち上がってしまうようなチャン......続きを読む»

いざ準決勝! 決戦を前に、ヤングなでしことドイツを薄~く分析!

ヤングなでしこは、明日、準決勝のドイツ戦にのぞむ。 ここまでの4試合、順調に勝ち上がってきた、 …と言いたいところだが、 諸手をあげて、そう言い切れない事実もある。 初戦のメキシコ戦        3-1 2戦目のニュージーランド戦  2-2 3戦目のスイス戦         4-0 ベスト8の韓国戦         3-1 守備に関しては、4試合4失点。 それほど......続きを読む»

いまさら女子バレー銅メダル決定の現地観戦記 (韓国戦3-0)

女子バレーの3位決定戦、 相手は奇しくも、 昨日の男子サッカー3位決定戦の相手と同じ韓国。 昨日のリベンジをするにはもってこいの相手である。 2012年7月9日時点のランキングは 日本が5位で韓国は15位。 真鍋監督就任後の対戦成績は12勝1敗。 「普通にやれば日本の方が強いはずだよ。」 そう一緒に応援に来た日本人の子に言った。 ただ、割と大きな不安は 唯一の黒星を喫した......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconhirohiko24

筆者の小学生時代の
林間学校や運動会、卒業式などのエピソードを元にして書いた
「あだ名はナカジ」というブログを
連載していますので、さくらももこ風のエッセイや、
スタジオジブリの「耳をすませば」が好きな人は
ぜひ遊びに来てください。

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3554214

(01月19日現在)

関連サイト:「あだ名はナカジ」

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 観客数がたった14000人だったWBC中国戦…【侍ジャパンの風】
  2. 【侍青の風】サッカーの神様は、なぜこんなにも中村俊輔に厳しいのか…
  3. 【侍青の風】鹿島アントラーズVS日本代表、先発イレブンでガチンコ対決!
  4. レッズファンの怒りとナビスコカップの現状【サムライブルーの風】
  5. キリンカップのような雰囲気のアジア最終予選 (イラク戦 1-0)【サムライブルーの風】
  6. 【侍青の風】柳沢敦の才能と、最後まで彼が背負った十字架
  7. 【侍青の風】「新国立競技場」の建設費と維持費を、他のスタジアムと比べてみると
  8. ピッチとベンチの温度差を無くした岡崎のゴール (オマーン戦 2-1)【サムライブルーの風】
  9. 栗原の憂鬱と柿谷の輝き(中国戦 3-3)【サムライブルーの風】
  10. 浅田真央、ソチオリンピックへの道

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
06
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss