サムライブルーの風

月別アーカイブ :2012年07月

ハヤブサ永井、真骨頂! (モロッコ戦 1-0) 【サムライブルーの風】

永井1 モロッコというチームは本当に強かった。 前半30分過ぎまでは 目を覆いたくなるようなシーンが連発していた。 モロッコの選手はそこまで大きいわけではないのに とにかく速く、強く、圧力を感じた。 それだけでもやっかいなのに、 けっこう技術もあるじゃないか…。 日本の裏のスペースに向かって ピンポイントのパスまで出してきやがる。 あれだけ安心して見ていられた 左サ......続きを読む»

初日の競技で、日本メダル3個獲得!

いよいよ日本選手団にメダリストが出てきた。 柔道では男子60kg以下級で 平岡拓晃選手が銀メダルを獲得し、 日本最初のメダリストとなった。 前回の北京五輪では 初戦敗退という結果に終わっていた平岡選手。 そのリベンジとして臨んだ今大会だった。 その結果が銀メダル、 北京に比べれば大きな進歩のメダルである。 ただ、願っていた色はもちろん金だっただけに、 そして、決勝開始すぐ......続きを読む»

大きくなる大儀見の存在感と、気になる宮間の調子(スウェーデン戦 0-0)【サムライブルーの風】

今回のスウェーデン戦では、 多くの選手が初戦と同じように、 まずまずな好調ぶりを見せてくれたと思う。 FWの大儀見は、相変わらずの安定したポストプレーをこなし、 何本かあった中盤からの少し大雑把なパスでも うまくキープしてくれた。 彼女がいるだけで、 日本の攻撃の回数がずいぶん増えて、 相手のターンオーバーの回数がかなり減ったと思う。 実況の人や解説の川上直子さんに 何回......続きを読む»

ロンドン五輪開幕、柔道・福見友子の10年間

開会式を終え、いよいよロンドンオリンピックが 本格的にスタートした。 スポーツニュースを見ると、 女子バレーボールの初戦勝利、 バドミントンのイケシオペアの初戦黒星、 水泳の北島康介の100m平泳ぎ予選突破などと 次から次へとスター選手の情報が飛び交っている。 この、数々の競技による世界最高を競う戦いが 同時間帯に、あちこちで繰り広げられる様子に まさにオリンピックを感じた......続きを読む»

決定力不足! ケガ人続出! でも勝ったのは日本!(スペイン戦 1-0)【サムライブルーの風】

大津1 やはり前評判通りスペインは強かった。 後半は10人とは思えないぐらいに ボールをキープされてしまった。 ただ、それでも日本がガチガチに守りきった試合ではなかった。 はっきり言って、決定的なチャンスの本数は 圧倒的に日本の方が多かった。 守備重視のカウンターサッカーをやったとは言え、 自陣に引きこもって守ってばかりの アンチフットボールでは決してなかった。 ......続きを読む»

大黒柱、澤の完全復活! (カナダ戦 2-1)【サムライブルーの風】

川澄1 宮間1 通算ゴール 川澄9 宮間29 澤からの絶妙なアウトサイドのパスが 2トップの一角に起用された大野にピタリとわたり、 大野のポストプレーから 川澄が角度の無いところから見事に決めてくれた。 INAC神戸トリオの美しい崩しによって 待望のロンドン五輪最初の歓喜が生まれた。 このゴールは、日本人だけでなく、 スタンドの日本人以外の観客を 味方につけるようなゴ......続きを読む»

イチロー、新たなる挑戦!

日本中のスポーツファンの注目が ロンドンに集まっているこのときに、 まさにカウンターパンチのような切れ味で アメリカから熱い話題がもたらされた。 イチローのヤンキースへの移籍である! ヤフーのニュースを見た瞬間、 「ウソ!?」と思った。 しかし、そう思った数時間後には イチローは背番号31のヤンキースのユニフォームを着て 古巣(と言うほど古くない!)マリナーズと戦い、 1......続きを読む»

日馬富士、横綱への道!

名古屋場所は日馬富士が制し、 3度目の優勝を果たした。 日馬富士の過去2回の優勝は、 両方とも14勝1敗だったので、 全勝での優勝は今回が初めてである。 29年ぶりの千秋楽全勝対決に勝利したこともあり、 日馬富士が、俄然、注目を集める存在となった。 大関が優勝したら、 「次は綱取りですね!」 ということが必ず言われる。 しかし…、日馬富士の優勝した翌場所の成績を調べて......続きを読む»

試合に勝っても、サッカーでは負けていた今日の試合 (メキシコ戦 2-1) 【サムライブルーの風】

東1 大津1 この1週間ちょっとの間で、 ニュージーランド、ベラルーシ、メキシコといった、 ロンドン五輪に出場する3カ国と 練習試合を行った関塚ジャパン。 3試合を終えて2勝1分という結果は、かなりいい! ただ、仮想スペインとして戦った今日のメキシコ戦は、、 なんとも、評価の難しい試合になってしまった。 強豪メキシコに勝利した、これは素晴らしい。 少ないチャンスの中、2......続きを読む»

日本中の期待を背負うこと (なでしこVSオーストラリア代表 3-0) 【サムライブルーの風】

宮間1 大儀見1 澤1 代表通算得点 宮間28 大儀見38 澤81 代表通算得点を調べてみて、 この3人の得点力には改めて驚かされる。 特に、澤のゴールは嬉しかった。 目まいの病気が発症してからは、 復帰後もどこかベストコンディションでは ないように見えたものの 去年のW杯決勝以来のこのゴールで 本人も回りもスカッとしたのではないか。 それ以外でも、相手ボールを見......続きを読む»

1点を喫した守備と1点に終わった攻撃(ニュージーランド戦 1-1)【サムライブルーの風】

杉本1 後半ロスタイム、日本は自陣でボールカットされ、 ニュージーランドに同点ゴールを決められた。 1-1のドロー、 この結果を受けて感じることは人それぞれだと思う。 多くの人は、追加点を取ることよりも、 ちゃんとボールをキープして時間を使って リードしたまま試合を終わらせるべきだったと 考えるのではないか。 その考えは、もちろん正しいと思う。 ただ、個人的には、......続きを読む»

歴代の五輪代表メンバーから漏れた選手たちを振り返って思うこと【サムライブルーの風】

ロンドン五輪のメンバーが発表された。 FWで選ばれた大津祐樹は 当初、サイドアタッカーとして 関塚ジャパンでプレーしていたけれど、 1トップでのプレーもできていたし、 最終予選で2得点(しかもどちらも決勝点)を決めた。 そして、これまで関塚ジャパンで ほとんどプレーしていなかった宇佐美が、 トゥーロン国際大会で目覚しい活躍を見せて 18人のメンバーに選ばれた。 大津と......続きを読む»

伝説のチームの完成と怪物の涙 (スペインVSイタリア 4-0)

スペインの強さはやはり突き抜けていた。 2人もケガ人が出たのは、 イタリアにとって確かにアンラッキーだったが、 それでも、11人同士で戦った前半で スペインが2-0とリードを奪った時点で ほぼ、試合の行方は見えてしまった。 先制点の イニエスタ→セスク→ダビド・シルバの崩しからの豪快ヘッド、 2点目の シャビ→ジョルディ・アルバのゴール、 どちらもスペインらしさ溢れるファ......続きを読む»

五輪出場権は逃した…、でも、オレはバスケが好きになった!

日本はカナダに63-71で敗れ、 ロンドン五輪の出場権を逃してしまった…。 チェコ戦と同じように、相手は平均身長が8cmも大きい。 そのせいもあってか、 試合序盤は、チェコ戦とまったく同じように 連続ポイントを奪われてしまった。 カナダのシュートはスパスパ決まる。 一方、日本のシュートは 外れる、ブロックされる、リバウンドを取られる。 そして、あっという間に10点以上も差を......続きを読む»

C・ロナウドの夏が終わった・・・ (スペインVSポルトガル 0-0 PK4-2)

もう数日も前の話になるが、 ユーロ準決勝で、ポルトガルがPKの末にスペインに敗れた。 確かに、試合内容から言えば、 スペインが勝っていたように見えた。 試合開始早々に先制点を決めて あとはのらりくらいと時間を稼いですごした フランス戦のときとは違い 最後まで0-0という状態だったため、 「必ず1点取ってやろう!」 という意思を持ったスペインの攻撃は 相変わらずの正確さと ......続きを読む»

流川ばりの大爆発、エース大神!

ロンドン五輪最終予選で、 日本が韓国に79-51で勝利した! 解説者の話によると、 日本と韓国の対戦成績は7勝30敗ぐらいだという。 そんな苦手な相手に、この五輪出場をかけた大一番で 大差で勝利した。 何が良かったのだろうか? 何が昨日のチェコ戦と違っていたのだろうか? その答えの一つが 第1クオーターのロケットスタートだった。 昨日の試合でチェコにやられたような先制......続きを読む»

ロンドン五輪18人決定まであと2日、生き残るのは誰だ!

清武のJリーグ最終戦、 できれば清武自身にゴールを決めてほしかったが、 セレッソは清武の後継者的な存在である柿谷が 後半ロスタイムに同点ゴールを決め、 なかなかドラマチックな展開となった。 また、グランパスの永井謙佑が今日もゴールを決めた。 永井は、ここ4試合で6ゴールと絶好調である。 ここにきて、合計8得点となり、 得点ランキングも12点の佐藤寿人についで2位となった。 ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconhirohiko24

筆者の小学生時代の
林間学校や運動会、卒業式などのエピソードを元にして書いた
「あだ名はナカジ」というブログを
連載していますので、さくらももこ風のエッセイや、
スタジオジブリの「耳をすませば」が好きな人は
ぜひ遊びに来てください。

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3554140

(01月18日現在)

関連サイト:「あだ名はナカジ」

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 観客数がたった14000人だったWBC中国戦…【侍ジャパンの風】
  2. 【侍青の風】サッカーの神様は、なぜこんなにも中村俊輔に厳しいのか…
  3. 【侍青の風】鹿島アントラーズVS日本代表、先発イレブンでガチンコ対決!
  4. レッズファンの怒りとナビスコカップの現状【サムライブルーの風】
  5. キリンカップのような雰囲気のアジア最終予選 (イラク戦 1-0)【サムライブルーの風】
  6. 【侍青の風】柳沢敦の才能と、最後まで彼が背負った十字架
  7. 【侍青の風】「新国立競技場」の建設費と維持費を、他のスタジアムと比べてみると
  8. ピッチとベンチの温度差を無くした岡崎のゴール (オマーン戦 2-1)【サムライブルーの風】
  9. 栗原の憂鬱と柿谷の輝き(中国戦 3-3)【サムライブルーの風】
  10. 浅田真央、ソチオリンピックへの道

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
06
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss