サムライブルーの風

【美砂ロッコの侍青の風】高校サッカーの日程緩和の主張に対して思うこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の記事が、スポナビブログでの最後の記事になると思います。 今後は、「FC2ブログ」で 同じく「美砂ロッコのサムライブルーの風」のタイトルで 記事を更新していきますので、良かったら検索してみてください。

以下の内容が、今回の本文になります。

高校サッカーの決勝を今年も埼玉スタジアムで観戦した。 今年の決勝戦(特に前半)は、 はっきり言ってあまり良くない意味で固い試合だったと思う。 (素人目で見たら、いまいちな試合だったと思う。)

両チームとも守備が堅いチームだから、なかなかチャンスが生まれない。 そして、自陣での悪いボールの奪われ方を恐れて、 前線へのロングキックが多くなる展開になった。 前半は特にその傾向が強く、 初めて高校サッカー観戦に来てもらった友人に対し、 かなり申し訳なく思ってしまった…。

両チームとも2日前の準決勝では、 もっと魅力的なサッカーをしていたはずなのに、 決勝というプレッシャーがあったのか、 準決勝のような活き活きとした戦いを見せてくれなかった…。

ただ、高校サッカーの魅力はサッカーのレベルだけではない。 高校サッカーで個人的にもっとも好きな部分は両校の応援である。 そして、サッカー部の控え部員たちの声による応援もいいけれど、 個人的には、吹奏楽部の演奏により魅力を感じる。

控え部員たちの声の応援は、 Jリーグの応援で聴いたことがあるメロディーが多いせいか、 高校サッカーを観ている感じが少ない。 それよりも、吹奏楽部の演奏の方が、 1993年にJリーグが開幕する前から人気コンテンツだった 高校サッカーの雰囲気を味あわせてくれる気がするのだ。

ピッチの上の試合内容が少し雑な展開になっていても、 トランペットの演奏で、「ルパン三世のテーマ曲」や ブルーハーツの「Train Train」などが流れ出すと、 青春の1ページのドラマ性が一気に高まって 不思議と、手に汗をにぎり、集中して観戦することができるのだ。

そして、吹奏楽部の演奏にリードされながら、 チアリーダーが躍り、 全校応援でスタンドに駆けつけた生徒たちが声を出すのを見ると、 「あ~、学校全体がサッカー部の背中を押してくれている…!」 って実感できて、心から「いいな~!」って思えるのだ。

高校野球でも同じことが言えるけれど、 競技のレベル以上に、こうした場面を見られることが、 学生スポーツの最大の魅力だと思っている。

Jリーグだって、プロ野球だって、 スタンドに集まる多くの観客に応援されて選手はプレーしているだろうけど、 スタンドに集まる観客は、 基本的にそのスポーツが好きでスタンドにやってきている人が多いと思う。

でも、高校野球や高校サッカーの全国大会に全校応援でやってくる生徒は、 必ずしもそのスポーツのファンというわけではない。 野球やサッカーが好きだから応援するというよりも、 自分たちの学校の友人、先輩、後輩ががんばっているから応援するという スタンスの子たちがかなりいると思う。

そういうスタンスの子たちが、 自分たちの学校の仲間がプレーする姿を見ることで、 それまで、あまり興味を持っていなかった 野球なりサッカーなりに興奮し、感動し、 夢中になって声を出し、悲し涙や嬉し涙を流すような場面を見ることが、 個人的には、一番、学生スポーツを見ていてグッとくる瞬間だ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校サッカー
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

そろそろ高校スポーツの日程を見直すべき 【スポーツ えっせい】

サッカー、ラグビー、バレーの決勝が同時間帯に放送 こんなにダメでしょう!対策練ってくれ!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

春高バレー 金蘭会3年ぶり頂点!宮部姉妹で1年生優勝の快挙!震災で体育館のない鎮西が21年ぶり3度目頂点!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

前橋育英 ついに流経の無失点守備から決勝点!山田監督 校長就任最初の選手権で快挙!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

全国高校ラグビーとサッカーの開始時間をずらせないのか【スポーツ えっせい】

新年明けましておめでとうございます・・で、高校サッカー!【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

プリンスリーグ東海 名古屋グランパスU-18 VS JFAアカデミー福島U18【赤の血潮と、青の魂】

サッカー部・関東大学サッカーリーグ戦第2部 後期第9節 対早大戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconhirohiko24

筆者の小学生時代の
林間学校や運動会、卒業式などのエピソードを元にして書いた
「あだ名はナカジ」というブログを
連載していますので、さくらももこ風のエッセイや、
スタジオジブリの「耳をすませば」が好きな人は
ぜひ遊びに来てください。

  • 昨日のページビュー:128
  • 累計のページビュー:3554015

(01月15日現在)

関連サイト:「あだ名はナカジ」

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 観客数がたった14000人だったWBC中国戦…【侍ジャパンの風】
  2. 【侍青の風】サッカーの神様は、なぜこんなにも中村俊輔に厳しいのか…
  3. 【侍青の風】鹿島アントラーズVS日本代表、先発イレブンでガチンコ対決!
  4. レッズファンの怒りとナビスコカップの現状【サムライブルーの風】
  5. キリンカップのような雰囲気のアジア最終予選 (イラク戦 1-0)【サムライブルーの風】
  6. 【侍青の風】柳沢敦の才能と、最後まで彼が背負った十字架
  7. 【侍青の風】「新国立競技場」の建設費と維持費を、他のスタジアムと比べてみると
  8. ピッチとベンチの温度差を無くした岡崎のゴール (オマーン戦 2-1)【サムライブルーの風】
  9. 栗原の憂鬱と柿谷の輝き(中国戦 3-3)【サムライブルーの風】
  10. 浅田真央、ソチオリンピックへの道

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
06
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss